芸能

山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた

熟年離婚していた山川豊

熟年離婚していた山川豊

 最近、ド派手にはっちゃけて話題の演歌歌手の山川豊(64才)。その裏でプライベートに関する重大な異変が起きていた。「この8月に約30年に及ぶ夫婦生活が突然、終わりを告げたんです。いわゆる熟年離婚ですね」

 苦悶の表情を浮かべ、そう明かすのは山川を知る芸能関係者だ。

 90年代に一般女性と結婚した山川は一男一女に恵まれ、都内一等地に豪邸を構えていた。私生活も順風満帆だったというが‥‥。

「2020年いっぱいでデビュー時から所属し続けていた大手芸能事務所長良プロダクションを退所。デビュー40周年の昨年から独立されたのですが、その後の多忙な生活のなかですれ違いが起きてしまい、この夏に離婚となってしまったのです。都内の高級住宅地に建つ豪邸は奥様に財産分与し、山川さんは現在ワンルームマンションで暮らしているようです」(前出・芸能関係者)

 山川は、演歌歌手の鳥羽一郎(70才)の弟で、1981年にデビューシングル『函館本線』がいきなりヒット。同年度にデビューしたアイドル歌手の近藤真彦(58才)や沖田浩之さん(享年36)らと、日本レコード大賞など年末の各音楽賞の新人賞を争った。中でも日本武道館で開催されていた日本歌謡大賞で、優秀放送音楽新人賞を受賞した際に、デビュー前だった兄の鳥羽が警備員を振り切り、ステージに登壇して兄弟で抱擁した“ハプニング”は、お茶の間の感動を呼んだ。

 その後もNHK紅白歌合戦には11回も出場して、氷川きよし(45才)、水森かおり(49才)らも所属する長良プロの“長男”として、長く活躍してきた。そして最後のひと踏ん張りと、コロナ禍で一念発起して事務所から独立した。

「独立しても古巣への恩は忘れず、後輩思いの良き兄貴でした。特に氷川さんにとってはメンターのような存在で、彼が仕事で悩んでいた際にはよく相談に乗っていたそうです」(興行関係者)

山川本人は近年、ヒット曲に恵まれていないものの、仕事の幅を広げ精力的に活動を続けてきた。

 今年は、映画『護り屋「願い」』で27年ぶりの映画出演。9月には名古屋でのソロライブに、地元の男性アイドルグループBOYS AND MENのメンバーと共演するなど、今まで以上に多彩な活動に励んでいる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト