スポーツ

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に

「ブレークスルードラフト」、いわゆる「現役ドラフト」にかけられるのではとされるオコエ瑠偉

「ブレークスルードラフト」、いわゆる「現役ドラフト」にかけられるのではとの声が上がるオコエ瑠偉(写真は2021年)

「2022年ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞が、史上最年少三冠王を獲ったヤクルトスワローズ村上宗隆三塁手(22才)の愛称「村神様」に決定。2016年に広島カープが27年ぶりのセ・リーグ優勝で「神ってる」を流行らせたとき以来、6年ぶりにプロ野球の新語が年間大賞に輝いた。

 そんな今年の世間で注目を浴びたプロ野球界も、現在はシーズンオフで選手の去就・移籍問題などがメインとなるストーブリーグに突入中。連日、各選手の契約更改のニュースも報じられている。その中で、異例の形で発表した選手が出てきた。

 11月25日に契約更改をした楽天のオコエ瑠偉外野手(25才)。記者会見は行わず、楽天が来季の選手契約を締結したことを発表。年俸に関しては、オコエ本人の意向により非公表とされた。

 あるスポーツ紙記者は「各紙の楽天番記者たちは推定で150万円減となる850万円と算出しました。ただ、この不可解な形は、今年から始まる『現役ドラフト』にかけられることが内定しているんじゃないかとの憶測にもなっているところです」と話した。

 現役ドラフト、正式名称「ブレークスルードラフト」とは、日本プロ野球選手会が4年前から提案し、今年12月9日に初めて行われる新移籍制度。各球団で“飼い殺し状態”になっている選手たちに、別の球団での活躍を促す制度だ。

 前出のスポーツ紙記者は「例えば、三冠王村上選手がいるヤクルトでは、ほかの三塁選手にはレギュラーになるチャンスはほぼ皆無です。でも、選手層の薄い他球団ならば出場機会が得られる。そんな選手たちの才能を生かすために米国MLBを参考に新設されました」と解説した。

 各球団は、シーズン終了後の全保留選手名簿の中から2人以上のドラフト候補者を提出済み。各球団は、その全リストの中から1人以上を獲得する。ただし、現役ドラフトに指名された選手以外の候補者の情報は、最後まで秘密保持される義務が伴う。

「オコエ選手は楽天の秋季キャンプに不参加でした。若手が中心のキャンプですが、オコエ選手が参加していてもおかしくはない。来季のチーム構想から外れていて、移籍も考えられる状況ですが、それでも来季の契約をしたというのは、現役ドラフトにかけられる可能性が高いのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)

 たしかに、楽天は、外野手は島内宏明、辰己涼介、西川遥輝らがレギュラーと見られていた。今季まではオコエと同じ右打者は手薄だったが、中日から阿部寿樹をトレードで獲得と、ますます出番が無くなる布陣が整った。

「どうもこのオフ、練習場のオコエのロッカーから荷物がなくなったという声が聞こえてきました。もちろんシーズンオフだからという見方もあるけれど、このままドラフトで移籍に現実味が帯びてきています。彼は身体能力に恵まれで、野球センスもかなりある。それは自他ともに認めるところで、本人は“環境が変わればやれる”という意識を持っているようです。

 甲子園を沸かしたヒーローですし、知名度もあるので、もしも他球団に指名されれば、現役ドラフトの目玉になるのは間違いない」(前出・スポーツ紙記者)

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト