芸能

大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る

“令和の水戸黄門”と名高い中島ハルコ。“助さん格さん”役には、合田雅吏と蕨野友也が息ぴったりの共演をみせる((c)東海テレビ)

“令和の水戸黄門”と名高い中島ハルコ。“助さん格さん”役には、合田雅吏と蕨野友也が息ぴったりの共演をみせる (c)東海テレビ

 ドラマ『最高のオバハン中島ハルコ』(東海テレビ・フジテレビ系、最終回12月10日(土)24時10分放送)が、いよいよ最終章を迎えているが、毒舌セレブな主人公・ハルコを演じる大地真央が放つセリフが、毎回「名言ぞろい」と話題だ。

 同ドラマは、林真理子の小説『最高のオバハン』を大胆にアレンジし、昨年放送された同名ドラマの第2弾。人気美容クリニックを経営する“アラ還マダム”のハルコが、ともすれば「だって……」「そうは言っても……」などと言いたくなるような悩みや難問を、スカッとした口調で吹き飛ばしながら、鮮やかに解決していく。

 第1弾でも「所詮、自分の人生を壊すのは自分なのよ」/「コンプレックスはクヨクヨするだけ時間の無駄」等々、ハルコ語録は「刺さる」と視聴者の心をドキリとさせたが、それが大地真央という女優の口から出るからこそ、説得力と凄みが増す。

 なぜ、ハルコの言葉は“刺さる”のか――。ハルコとも長い付き合いになる大地に、話を聞いた。

 “ハマり役”のハルコに「力をもらっている」

決め台詞は「私を誰だと思ってるの?美のスーパードクター・中島ハルコよ」。堂々とした立ち回りはまさに“ハマり役” ((c)東海テレビ)

決め台詞は「私を誰だと思ってるの?美のスーパードクター・中島ハルコよ」。堂々とした立ち回りはまさに“ハマり役”  (c)東海テレビ

――ハルコを演じていて、ご自身と重なる部分はありますか。

大地:あまりそういうふうに考えたことはないんです。中島ハルコという人はどういう人なんだろうとか、ハルコさんだったらどうリアクションするかとか、自分に引き寄せるのではなく、自分がハルコに寄るイメージです。私が、中島ハルコさんの一番の理解者で一番の味方でありたいと思って、自分の“腑”に落としています。

――第2弾でも、「折れない心を鍛えることに、年をとる意味がある」/「何度でもやり直し、生まれ変わる。人生と同じよ」/「忖度して出る芽なんて大した芽じゃない」/「自分をさらけ出さないと本当の人間関係は築けない」など、名言が炸裂しています。印象的だったものはありますか。

大地:私も『なるほどな~』と、いつも脚本から学んでいます。共感するのは、人生は何度でもやり直せるということ。もう、その繰り返しかなと思うんです。撮影していても、日々、『こうすればよかったかな、ああすればよかったかな』って。

 でも、また前を向いて、次へのエネルギーに変えていく。ハルコさんは、そこで落ち込むのではなく、新たな自分に生まれ変わるという姿勢で、私も力をもらっていますね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト