ライフ

橋本環奈、浜辺美波…トレンドの“顔”はベビーフェイス スマホの写真機能向上も影響

(時事通信フォト)

トレンドの“顔”(時事通信フォト)

 毎年のように変わっていくトレンドの“顔”。過去には石原さとみ(35才)が美容雑誌『美的』(小学館)が選ぶ「なりたい顔」で殿堂入りを果たすなど女性から高い支持を得ていたが、いまはどんな顔が旬なのか。

 全国で屈指の美容手術実績を誇るeクリニック(石川・金沢)の院長、円戸望さんによると、最近のトレンドはズバリ「ベビーフェイス」だという。

「例えていえば、橋本環奈さん(23才)や浜辺美波さん(22才)のような、中顔面という、目の下から口元までが短いのが特徴です。目が大きくて鼻の存在感がなく、しわのないベビーフェイスで、この傾向は2023年も続くでしょう」

 確かに美容系のSNSやYouTubeでも“中顔面短縮”をキーワードとした投稿が多く見られる。こうした顔立ちが人気の理由は、スマホの写真機能の向上にある。

「若い女性の間では、写真加工アプリを使って顔写真を撮るのが当たり前になっています。アプリを使うと、中顔面が短いベビーフェイスに写すことができます。加工された写真に、実際の顔を近づけたいという気持ちがあるのでしょう」(円戸さん・以下同)

 実際、美容整形の世界で2022年から徐々に「タレ目形成」や「下眼瞼拡大」ができる「グラマラスライン形成」という施術が増えているという。

「目の下の表面を切開するか、目の下の裏側(結膜側)を切開して、下まぶたのラインを下げ、丸みを帯びたやさしくかわいらしい目にします。下まぶたを広げることで中顔面が短くなるので、20〜40代の女性に人気が高まっています」

 一方、アラフィフの間では、小鼻の両側の付け根のくぼみの「鼻翼基部」にプロテーゼなどを挿入する「貴族手術」が人気を得ているとも。

「鼻翼基部が凹んでいると皮膚に谷間ができてしまい、ほうれい線が小鼻の横からくっきりと目立ってしまうのですが、鼻翼基部の凹みをなくすことで明るい印象になります。

 術後に上品な顔立ちになることから美容先進国の韓国で、『貴族手術』と呼ばれるようになりました」

旬顔になれるメイクアップ

旬顔になれるメイクアップ(イラスト/トシダナルホ)

 もっと手っ取り早く流行りの顔になるためにはどうしたらいいのか。オーバー40ができるメイクのポイントをヘア&メイクアップアーティストの千葉智子さんに教えてもらった。

「下まぶたにもアイシャドーを塗り、リップライナーで上唇の輪郭を描くと、簡単に中顔面を短く見せることができます。40才を超えると、上まぶたにはしっかりメイクをしても下まぶたは何もしない人が意外と多いのですが、このひと手間で、かなり上品かつ若返った印象になりますよ」(千葉さん)

 2023年は「デカ目+小鼻の輪郭消し」で若々しい旬顔を目指したい。

※女性セブン2023年1月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト