芸能

松田聖子 紅白出場断念の背景に「工藤静香とCocomi」の母娘共演演出か

紅白に出場しないと見られる松田聖子だが、影響したのは、工藤静香母娘の出演か

紅白に出場しないと見られる松田聖子だが、影響したのは、工藤静香母娘の出演か

「今年もみなさんに歌を聴いていただけてよかったです」。2022年12月15日、都内で開催された松田聖子(60才)のクリスマスディナーショー。白いロングドレスで登場した聖子は終始笑顔を絶やさず『Sweet Memories』や『あなたに逢いたくて』など計17曲を歌い上げた。

 神田沙也加さん(享年35)が2021年12月18日に急逝してから約1年。一周忌を目前に行われたショーで、聖子が沙也加さんの話題に触れることはなかったが、随所に愛娘への思いが込められていた。

「中盤に聖子さんが沙也加さんの持ち歌だった『アナと雪の女王』の挿入歌『生まれてはじめて』を披露すると、客席のあちこちからすすり泣くような声が聞こえてきました。終盤に歌った『時間の国のアリス』も沙也加さんが大好きだった曲としてファンに知られる名曲です。直接は語らずとも聖子さんの娘さんへの思いが充分に伝わってくる素敵なショーでした」(会場にいたファン)

 沙也加さんが亡くなった年の大晦日、聖子は出場予定だったNHK紅白歌合戦を辞退。2022年末の紅白も出場者のリストに名前はなかった。

「NHKは交渉を続けていますが、色よい返事はもらえていないようです。当初の企画段階では、聖子さんを筆頭に郷ひろみさんや中森明菜さんなど1970~1980年代のアイドルに総出演してもらう構想があったといい、工藤静香さん(52才)もそのひとり。9月に放送された『SONGS』(NHK)で静香さんが長女でフルート奏者のCocomiさん(21才)と共演したのも紅白への布石で、大晦日の本番も“母娘共演”が演出の目玉として予定されているそうです。

 実は、これが聖子さんサイドが紅白出場を断念した理由の1つとみられています。“母娘共演”という点で、どうしても沙也加さんのことが思い出されてしまいますから……。紅白全体の雰囲気に配慮して、最終的にはオファーを固辞されたと聞いています」(NHK関係者)

 心の傷もまだ癒えてはいない。2022年11月、都内の映画館で行われたイベントのトークショーで聖子は「沙也加に会いたい……」と嗚咽し、ステージの中央にうずくまってしまう場面もあった。

「メンタル面にも不安があるようです。理解のあるファンの前では歌えても、紅白のような大きな舞台に立つのはまだ難しいという心境ではないでしょうか」(芸能関係者)

 それでも引退や休業は念頭にない。冒頭のディナーショー終盤で、聖子は涙を流すファンに向けてこう言った。

「みなさん、今日は本当にありがとうございます。私はこれからもずーっと、歌い続けます」

 深い悲しみを抱えながらも、聖子は前を向こうとしている。

※女性セブン2023年1月5・12日号

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン