芸能

前田忠明さんが逝去5か月前に語っていた“勝新太郎伝説”と“ワイドショーの劣化” 芸能人から「分厚い封筒」差し出されたことも

芸能レポーター・前田忠明氏が経験した修羅場を振り返る

亡くなった芸能レポーター・前田忠明さん

 芸能リポーターの前田忠明さんが9月28 日に死去していたことがわかった(享年81)。死因はくも膜下出血で、都内自宅で転倒して頭を強打したことが原因と報じられた。故・梨元勝さん(享年65)や東海林のりこさん(88)とともに、昭和芸能界の生き字引としてメディアで親しまれた前田さんは、亡くなる5か月前、週刊ポスト(2022年4月29日号)で東海林さんと対談し、自らの半生を振り返りながら「芸能リポーターの意義」について熱い想いを述べていた。

「昔は今じゃ考えられないことがたくさんあったね。タレントにインタビューして優しい言葉でもかけると、帰りに本人が『前田さん、お車代持っていってよ』と分厚い封筒を渡してくるんだよ。30万とか50万くらい包んでたんじゃない? 『それは受け取れません』って断わったよ。もう時効だから言うけど、美空ひばりさんやフランク永井さん、島倉千代子さんとか昔気質の歌手だ」(東海林さんとの対談より。以下同)

 そんな逸話を明かした前田さん。1980年代にフジテレビと専属契約を結び、ワイドショーのレポーターとして昭和の芸能界を最前線で取材し続けた前田さんは、スターたちの数々の伝説を目撃してきた。

「勝新太郎さんが『パンツにコカイン』で捕まった時、ハワイまで裁判を見に行って、法廷から出てくるところを直撃したよ。左に梨元勝、右に俺がいたの。そしたら、2人の腕を抱えて『おう。揃ったな。飲みに行くか』って。今、裁判を終えたところだよ(笑)。この人は何を考えているのかと思ったけど、サービス精神旺盛だったね。勝新さんが何か騒動を起こすたびに、妻の中村玉緒さんから自宅に電話が来たよ。『番組でどんなこと言うつもりでっか? あれでもウチの旦那ですから頼みますわ』って」
 
 当時の芸能リポーターはタレント本人との距離も近く、“取り込まれる”リスクもあったと明かす。

「男女の問題だったら、どっちかを贔屓しちゃいけない。5年くらい付き合っていた梅宮アンナと羽賀研二が別れる時、アンナに独占インタビューしたの。何度も破局の噂があったから『本当ですか?』と聞いたら、『別れます。嘘は言いません』って。数年後、羽賀が別の人と結婚した時、『ハワイで挙式するので前田さん来てください』と頼まれちゃってさ。取材だから行ったよ。

 そしたら、アンナの関係者に『どっちの味方なのよ!』って怒られた(笑)。こんなこともあったなあ。長渕剛がテレビドラマに主演している時、共演女優の清水美砂との朝帰りを週刊誌に撮られて、各局がインタビューの申し込みをした。そしたら、なぜか長渕が『前田忠明ならいい』と指名してきて。たしかほとんどの局でそのVTRを放送したけどね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン