芸能

佐藤健、美女2人と千鳥ノブ自宅へ W杯クロアチア戦を観戦し熱狂か

日付が変わる頃、タクシーで向かったのは…

日付が変わる頃、タクシーで向かったのは…

 高校時代に「運命」を信じた男女は、しかし、不慮の事故を機に別々の人生を歩み始める。それでも運命によってふたりは引き寄せられる──佐藤健(33才)と満島ひかり(37才)がダブル主演を務めるNetflix ドラマ『First Love 初恋』が話題を呼んでいる。11月24日から配信されている同作は、宇多田ヒカル(39才)の2つの名曲『First Love』(1999年)と『初恋』(2018年)にインスパイアされた、約20年にわたり交錯する男女の人生を描いた作品だ。

「健さん演じる晴道は、満島さん演じる也英への初恋を貫き通します。一途な愛に涙した視聴者は多く、全9話で9時間超にもかかわらず“2周目はもっと泣ける”とリピートする人が続出しています」(芸能関係者)

 かつてプライベートでは、前田敦子(31才)、吉岡里帆(29才)ら女優との恋が噂されていた佐藤だが、決定的な熱愛報道には至らなかった。

「健さんの結婚願望が強いことは有名です。それだけに、健さんのプライベートな“ファーストラブ”の行方が気になります」(前出・芸能関係者)

 そんな佐藤の“恋を予感させる瞬間”を本誌『女性セブン』は目撃した。12月上旬の冷たい雨が降る夜10時過ぎ、黒ずくめの装いの佐藤と隠れ家風の店舗で合流したのは、家族ぐるみで交際する千鳥のノブ(42才)ら男性3人。そして、ブラウンのロングヘアが際立つ2人の美女だった。30代前半と思しき彼女たちはともにロングコートにショートブーツを合わせ、知的な雰囲気を醸している。

 佐藤はシャンパングラスを片手にご機嫌な様子で、2時間も経たないうちに、ノブと美女2人とタクシーに乗り込んだ。向かった先は、洒脱な高級マンション。午前0時過ぎ、今宵の宴はここからが本番──。

「健さんと美女2人は、ノブさんの自宅でサッカーW杯の日本対クロアチア戦を見たそうですよ。結果は残念でしたが、深夜3時のPK戦までもつれこんだ試合には、熱狂したはず」(別の芸能関係者)

 佐藤は9月のイベントで「理想の恋」について聞かれ、「自分でもまったく想像できないようなところで恋に落ちたいですし、コントロールできない方がいい。理想といえるようなものはないですね。すべて規格外であってほしい」と明かした。運命は彼をどう弄ぶか。

※女性セブン2023年1月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン