芸能

【熱愛スクープ】「総理の孫」宮澤エマと森崎ウィンが真剣交際 きっかけは「2年半前の電撃的な出会い」

宮澤エマと森崎ウィン

真剣交際していることがわかった宮澤エマと森崎ウィン

 アッと驚く衝撃の結末で12月18日夜の話題をさらったNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。そんな話題作に「さりげなくなんですけど全48話に出ていたんです」と語りつつ、実は確固たる存在感を発揮していたのが女優の宮澤エマ(34才)。その彼女が、2才年下の俳優・森崎ウィン(32才)と2年以上にも及ぶ真剣交際をしていることが「女性セブン」の取材でわかった。

 2人の出会いは、2020年2~3月のミュージカル舞台『ウエスト・サイド・ストーリー』での共演。まさに電撃的な出会いで、その後、交際に発展していたのだ。

 ある宮澤の知人は「エマさんはミュージカルへの思いが強い人で、常にご自分の喉(のど)のケアを欠かしません。そして、そんな思いが共有できる相手が良かったようで、昔から『恋人は絶対に歌が歌える人がいい』と公言していました。『ウエスト・サイド』でカップル役として共演した際に、森崎さんの歌に対する高い意識に強く感銘を受けられて、彼女の方からアタックして交際が始まったと聞いています」と明かした。

 長らくミュージカル界を主戦場としていた宮澤は、これまで世間的には宮澤喜一元内閣総理大臣(享年87)を祖父に持つ“セレブ女優”として知られていた。飛躍したのは、2020~2021年放送のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でのヒロイン(杉咲花、25才)の継母役。物語序盤ではひどい継母だったが、クライマックスの終盤にずっと陰から見守っていた善人だったという大逆転劇で再登場して、朝ドラファンの心を鷲掴みにした。

『ウエスト・サイド・ストーリー』のメインキャストらと(宮澤のインスタグラムより)

『ウエスト・サイド・ストーリー』で共演した宮澤と森崎(宮澤のインスタグラムより)

 芸能関係者は「朝ドラでの好演以降、テレビドラマ出演も増えていって、今年は再びNHKの大作、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主人公・北条義時(小栗旬、39才)の妹・実衣役を演じて、完全に人気者になりました」と振り返る。

 一方の森崎は、ミャンマー出身で10才のときに来日。高校時代にスカウトされて芸能界入りすると、ダンスボーカルユニット「PrizmaX」で歌手活動をしながら、俳優としても活動。2012年にミュージシャン・尾崎豊さん(享年26)の追悼映画『シェリー』で初主演。何といっても、2018年4月に日本公開された巨匠スティーブン・スピルバーグ監督(76才)のハリウッド映画『レディ・プレイヤー1』で、VR世界で機動戦士ガンダムを操る主人公の仲間役に大抜擢されて、国際派俳優として羽ばたいたことで有名だった。

 来年3月には東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「SPY×FAMILY」で凄腕スパイの主人公ロイド役を演じることでも話題を集めている。

 異色の経歴のカップルは、「モテモテだった森崎さんも、宮澤さんと交際を始めてからは、夜遊びもやめて一途に過ごしています」(前出・宮澤の知人)とのことだ。

 宮澤が、毎日のように大河ドラマの撮影で忙しかったこの1年半、会う時間が減っても、交際は続いていた。

「2022年は本当に忙しくて、2~3週間に1回ぐらいしか会えなくなっていたようです。ここからも特にエマさんは各所に引っ張りだこで、引き続き多忙でしょう。そんな会えない日々の中でも2人はしっかりと愛を育んでいるようです」(前出・宮澤の知人)

 双方の所属事務所に交際の事実について尋ねたところ、「プライベートは本人に任せています」と同様の回答だった。

『鎌倉殿の13人』では、夫の阿野全成(新納慎也、47才)を死罪で失ったが、劇中でも屈指のおしどり夫婦を演じていた。プライベートでも、森崎がそんなベストパートナーになるのか。この先は女優としてのさらなる飛躍とともに、そんな幸せの行く末も気になってくる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン