芸能

【熱愛スクープ】「総理の孫」宮澤エマと森崎ウィンが真剣交際 きっかけは「2年半前の電撃的な出会い」

宮澤エマと森崎ウィン

真剣交際していることがわかった宮澤エマと森崎ウィン

 アッと驚く衝撃の結末で12月18日夜の話題をさらったNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。そんな話題作に「さりげなくなんですけど全48話に出ていたんです」と語りつつ、実は確固たる存在感を発揮していたのが女優の宮澤エマ(34才)。その彼女が、2才年下の俳優・森崎ウィン(32才)と2年以上にも及ぶ真剣交際をしていることが「女性セブン」の取材でわかった。

 2人の出会いは、2020年2~3月のミュージカル舞台『ウエスト・サイド・ストーリー』での共演。まさに電撃的な出会いで、その後、交際に発展していたのだ。

 ある宮澤の知人は「エマさんはミュージカルへの思いが強い人で、常にご自分の喉(のど)のケアを欠かしません。そして、そんな思いが共有できる相手が良かったようで、昔から『恋人は絶対に歌が歌える人がいい』と公言していました。『ウエスト・サイド』でカップル役として共演した際に、森崎さんの歌に対する高い意識に強く感銘を受けられて、彼女の方からアタックして交際が始まったと聞いています」と明かした。

 長らくミュージカル界を主戦場としていた宮澤は、これまで世間的には宮澤喜一元内閣総理大臣(享年87)を祖父に持つ“セレブ女優”として知られていた。飛躍したのは、2020~2021年放送のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でのヒロイン(杉咲花、25才)の継母役。物語序盤ではひどい継母だったが、クライマックスの終盤にずっと陰から見守っていた善人だったという大逆転劇で再登場して、朝ドラファンの心を鷲掴みにした。

『ウエスト・サイド・ストーリー』のメインキャストらと(宮澤のインスタグラムより)

『ウエスト・サイド・ストーリー』で共演した宮澤と森崎(宮澤のインスタグラムより)

 芸能関係者は「朝ドラでの好演以降、テレビドラマ出演も増えていって、今年は再びNHKの大作、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主人公・北条義時(小栗旬、39才)の妹・実衣役を演じて、完全に人気者になりました」と振り返る。

 一方の森崎は、ミャンマー出身で10才のときに来日。高校時代にスカウトされて芸能界入りすると、ダンスボーカルユニット「PrizmaX」で歌手活動をしながら、俳優としても活動。2012年にミュージシャン・尾崎豊さん(享年26)の追悼映画『シェリー』で初主演。何といっても、2018年4月に日本公開された巨匠スティーブン・スピルバーグ監督(76才)のハリウッド映画『レディ・プレイヤー1』で、VR世界で機動戦士ガンダムを操る主人公の仲間役に大抜擢されて、国際派俳優として羽ばたいたことで有名だった。

 来年3月には東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「SPY×FAMILY」で凄腕スパイの主人公ロイド役を演じることでも話題を集めている。

 異色の経歴のカップルは、「モテモテだった森崎さんも、宮澤さんと交際を始めてからは、夜遊びもやめて一途に過ごしています」(前出・宮澤の知人)とのことだ。

 宮澤が、毎日のように大河ドラマの撮影で忙しかったこの1年半、会う時間が減っても、交際は続いていた。

「2022年は本当に忙しくて、2~3週間に1回ぐらいしか会えなくなっていたようです。ここからも特にエマさんは各所に引っ張りだこで、引き続き多忙でしょう。そんな会えない日々の中でも2人はしっかりと愛を育んでいるようです」(前出・宮澤の知人)

 双方の所属事務所に交際の事実について尋ねたところ、「プライベートは本人に任せています」と同様の回答だった。

『鎌倉殿の13人』では、夫の阿野全成(新納慎也、47才)を死罪で失ったが、劇中でも屈指のおしどり夫婦を演じていた。プライベートでも、森崎がそんなベストパートナーになるのか。この先は女優としてのさらなる飛躍とともに、そんな幸せの行く末も気になってくる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「コメンテーター・岩田明子」の評価は?(写真左から2番目/『サンデージャポン』のTiwtterより)
「安倍元首相に最も食い込んだ記者」元NHK・岩田明子氏 “三浦瑠麗氏の後釜”に浮上
週刊ポスト
関係者の期待を一身に集める朝乃山(時事通信フォト)
朝乃山、グッズ売り切れ続出で「番付ガタガタ時代の救世主」に 横綱・大関候補が“残念状態”の中で期待の声
週刊ポスト
清原和博氏(右)と次男の勝児内野手
清原和博氏、次男・勝児の甲子園デビューで驚いた「PL野球と慶応野球の違い」
週刊ポスト
筋金入りのビートルズファンだという水卜麻美アナ
水卜麻美アナ、中村倫也と結婚でも“日テレ愛”を貫けるか フリー転身の現実味
NEWSポストセブン
“禁断の生共演”で何が語られるのか
中村倫也、水卜麻美アナと“禁断の生共演”もファンから反感ゼロ「お似合いすぎて納得するしかない」
NEWSポストセブン
旧NHK党党首の立花孝志氏(左)とガーシーこと東谷義和氏(筆者撮影)
【ドバイに集うクセモノ日本人】ガーシーが最長10年居住できる「ゴールデンビザ」を取得した経緯
週刊ポスト
岡田阪神へプロ野球記者たちも期待(時事通信フォト)
【プロ野球記者座談会】WBC後のシーズンで岡田阪神に高まる期待と侍J中野拓夢への不安要素
週刊ポスト
岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン