スポーツ

大阪桐蔭・西谷浩一監督が口にした「集めすぎの批判? 全く気にしていません」の真意

高校球界で「一強」となっている大阪桐蔭を率いる西谷監督(撮影・藤岡雅樹)

高校球界で「一強」となっている大阪桐蔭を率いる西谷監督(撮影・藤岡雅樹、以下同)

 春4度、夏5度の全国制覇を成し遂げ、現代の高校野球に“常勝軍団”として君臨する大阪桐蔭高校。圧倒的な強さを誇る同校を褒め称える声がある一方で、「選手を集めすぎ」といった批判もある。西谷浩一監督は、そうした声をどう受け止めているのか。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 2022年の高校野球も、中心にいたのは大阪桐蔭だった。春のセンバツでは前年の明治神宮大会に続く2冠を達成した。史上初となる3度目の春夏連覇――そもそも、春夏連覇を二度達成しているのも大阪桐蔭だけだが――に挑んだ夏の甲子園では、準々決勝で準優勝の下関国際(山口)に敗れたものの、新チームも秋の大阪、近畿を制し、神宮大会も連覇を達成して来るセンバツへの出場が濃厚だ。

 藤浪晋太郎(阪神。今オフにメジャー挑戦を表明)や森友哉(オリックス。今オフに埼玉西武からFA移籍)を擁して同校初の春夏連覇を遂げた2012年以来、この10年間でセンバツを4度、夏を3度制している(通算の甲子園制覇は9度)大阪桐蔭は全国の強豪・名門校の追随を許さず、盛者必衰の理も大阪桐蔭にはあてはまりそうにない。公式戦に勝利することよりも、敗れたことのほうが大きく報じられる学校など、大阪桐蔭ぐらいのものだろう。

 新チームの主将は、同校史上最高の左腕と目されるエースの前田悠伍だ。前チームから主戦を任され、140キロ台後半のストレートにスライダー、チェンジアップ、ツーシームと、すべての球種がウイニングショットになり得る逸材である。走者を釘付けにする牽制の技術も出色で、2023年秋のドラ1指名が確実視される。

 しかし、現代の高校野球では、球数制限などもあって、ひとりの投手が大会を投げ抜くことなど不可能で、複数投手の育成が求められる。

 常に横綱相撲の大阪桐蔭を率いる西谷監督に、意外な采配が見られたのは近畿大会の準決勝・平安(京都)戦だった。

 前田を休ませたこの試合で、先発のマウンドに上がったのは1年生の境亮陽。打順はなんと1番だった。さらに、リリーフ登板した南陽人や平嶋桂知(共に1年生)は、試合前のシートノックで外野や遊撃に入っている選手だ。根尾昂(現中日)のように、投打の二刀流を経験した選手がこれまでいなかったわけではないものの、大阪桐蔭は投打の役割がはっきりとわかれたチーム作りをしてきた印象がある。

 試合後、西谷監督は言った。

「投手が1番に入ったケースはなかなかないですね。岐阜出身の境は、中学時代に県で1番か2番目に足が速い子だったそうです。打者としての適性もあるので、下級生である今は投打の両方をやらせています。南や平嶋も含めて、野手と投手を兼任する選手が1年生には多いです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン