スポーツ

藤浪晋太郎が年俸5億円で衝撃 “オレもオレも” メジャー挑戦増加で「将来性ある投手の流出続々」危惧

メジャーでの活躍を期待したいが…(時事通信フォト)

メジャーでの活躍を期待したいが…(時事通信フォト)

 阪神からポスティング・システムを利用し、メジャー挑戦を目指していた藤浪晋太郎がアスレチックスと1年契約を結び合意した。

 昨シーズンは16試合登板で3勝5敗、防御率3.38。2016年以来2ケタ勝利がなく、2018年(5勝3敗)以降は負け星が上回り1軍に定着できていない。年俸は2021年オフに6年連続ダウンの4900万円に。悩める右腕のメジャー挑戦に、国内では「獲得する球団があるのか」という懸念の声が上がったが、蓋を開けてみれば複数球団による争奪戦に。複数の報道によると、藤浪がアスレチックスと結んだ契約は、年俸325万ドル(約4億2000万円)。出来高を含めると5億円を超えるという。年俸が約10倍に跳ね上がるという大幅昇給を勝ち取った理由について、米国で取材する通信員はこう語る。

「米国では新型コロナの感染拡大が収束し、メジャーの各球団の懐が潤っています。MLBの観客動員数はコロナ以前まで回復し、総収入は110億ドルを超えて過去最高を記録しています。そのため、各球団が補強費に積極的に投資できている。あとは“メイド・イン・ジャパン”投手への信頼感です。完成度が高く、活躍する投手が多いのでメジャーの各球団は日本のマーケットの調査に力を入れています。藤浪は制球難で自分を見失っていた時期がありましたが、昨年の夏場に1軍昇格すると先発で安定した制球力を見せたことで、各球団の評価が上がった。救援での評価が高い球団が多かったが、昨季ア・リーグの西地区最下位に沈んだアスレチックスは先発陣のコマ不足が深刻で、先発を希望する藤浪の条件と合致していた。活躍できれば、強豪チームにトレードでステップアップできる可能性がある」

 もちろん結果を残さなければ、1年で退団もあり得る。厳しい世界だが、阪神で背水の陣を迎えていた藤浪は覚悟の上での挑戦だろう。しかし、この藤浪のメジャー挑戦は日本球界で別の波紋を呼んでいる。在京球団の編成担当は、危惧を口にする。

「かつては巨人にFA移籍することがステータスだったが、今はメジャーでのプレーを夢見る若い選手が多い。藤浪を見て、メジャーで力試ししたいという思いになっても不思議ではない。そこには“年俸格差”も理由の1つでしょう。長年、阪神で活躍できていないにもかかわらず、これだけの契約を結べるわけですからね。たとえ通用せずに日本球界に戻ってきても、争奪戦になり渡米前の数倍の年俸を得られるチャンスがある。

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン