国内

三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」

夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩

夫の清志氏(右)と仲睦まじく公園を散歩

 多くの炎上発言で、たびたび世間を賑わせてきた国際政治学者・三浦瑠麗氏(42才)。このたび、夫の清志氏(43才)に「10億円投資詐欺トラブル」が持ち上がり、かつてないほどその周辺は騒然としている。豪華絢爛な私生活は、一体何に支えられていたのか──。

 舌鋒鋭い論客として『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)や『めざまし8』(フジテレビ系)などの情報番組に出演。YouTubeやツイッターなどのSNSでも積極的に発信し、その発言はさまざまな余波を呼ぶ。現在、「最もキャスティングしたい女性コメンテーター」としてメディアに引っ張りだこなのが、国際政治学者の三浦瑠麗氏である。

 そんな三浦氏が一転、“キャスティングしづらい”コメンテーターになりかねない事態に陥った。夫に「10億円金銭トラブル」が発覚したのだ。

 1月20日、太陽光発電事業への出資を名目に、およそ10億円をだまし取ったとして、投資会社「トライベイキャピタル」の本社と代表の自宅が東京地検の家宅捜索を受けたことが報じられた。この会社の代表を務めるのは、三浦氏の夫の清志氏だ。

 アメリカ人の母親と日本人の父親をもつ清志氏は、東京大学を卒業後、外務省を経て、米国の大手コンサルティング会社に転職。その後、投資顧問会社を立ち上げた。

 一方で、三浦氏は1980年、神奈川県茅ヶ崎市に5人きょうだいの次女として生まれた。2004年、東京大学農学部を卒業後、東京大学公共政策大学院および、東京大学大学院法学政治学研究科を修了。現在はシンクタンク「山猫総合研究所」の代表を務めている。

「共に東大出身のおふたりですが、瑠麗さんは清志さんの一学年後輩。在学中に学生結婚しています。現在はふたり揃って会社を経営。プライベートでは娘さんがいらして2021年にはベストマザー賞(『政治部門』)を受賞しています」(テレビ局関係者)

 かつてのインタビューで「国立の大学に進学したのは、生家に金銭的余裕がなかったから」と話していた三浦氏だが、結婚し、国際政治学者として世に羽ばたいた彼女からは金銭面に関してズレた発言も多く聞かれるようになった。

 例えば昨年10月、旧統一教会における多額の献金によって、被害者が生まれていると指摘する声に対し、「たくさんあった財産がなくなったっていうのは、そんなに同情すべきか……というのはあって」「競馬でスったって同じ」と発言して顰蹙を買ったことは記憶に新しい。

 三浦氏は討論番組での発言のなかで一般市民を「民」と呼ぶことから、“上から目線”といわれることもあった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト