国内

ワクチン接種後に妻が亡くなった男性の無念「因果関係を判断する基準を明確にしてもらいたい」

(時事通信フォト)

ワクチン接種後に妻を亡くした男性が無念を吐露(時事通信フォト)

 1月20日に開かれた厚労省の分科会で報告された、新型コロナのワクチン接種後の死亡事例は、ファイザー1751件、モデルナ211件、武田1件の計1963件だった。だが、これらはあくまでも医療機関またはワクチン製造販売業者から報告された死亡事例に過ぎない。ワクチン接種後に死亡した遺族の相談に乗るNPO法人「駆け込み寺2020」理事の鵜川和久さんが言う。

「本来、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)への報告は医師の義務ですが、ほとんどの医師は義務を果たしていません。ワクチン接種後の死亡として公に報告された件数は氷山の一角なのです」

 接種後に亡くなった人々はどのように死を迎え、遺族は何を思うのか。

「あれからちょうど1年半が経ちましたが、まだ妻の死を受け入れられません」

 そう悲しみの表情で語るのは、愛知県在住のYさん(53才)だ。Yさんの妻が1回目のファイザー製ワクチンを接種したのは2021年7月15日。妻は多少の腕の痛みを感じたものの目立った副反応はなく、普段と変わらない生活を続けた。平穏な日々が一変したのは接種から4日目の朝だった。

「すごく頭が痛いから、すぐに帰ってきて」

 午前10時半、Yさんに自宅の妻から電話が入った。

「急いで家に帰ると妻はソファでぐったりし、“頭が痛くて気持ちが悪い”と言いました。ぼくが背中をさするとそれも嫌がる素ぶりで、みるみる具合が悪くなった。慌てて119番しましたが、救急車が来るまでに彼女は意識がなくなり、呼びかけにも応じなくなりました」(Yさん・以下同)

 当時は第5波の真っただ中で搬送先が決まるまで1時間近くかかった。ようやく病院に搬送すると診察した医師は「厳しい状況だ」とつぶやき、緊急手術をしたが妻の意識は戻らなかった。

 永遠の別れが訪れたのは妻が倒れてから5日後だった。

「夜9時頃でした。ずっと妻の手を握って“頑張れ、頑張れ”と呼びかけていたら、最後に彼女がぼくの手をギュッと握り返し、そのまま息を引き取りました。すごく強い力でぼくの手に妻の爪が食い込むほどでした」

 妻が倒れてから、Yさんは何度も担当医に接種の影響を尋ねたが、答えは「ワクチンは関係ない」だった。

「妻はこれまで病気をしたことがなく、勤め先の健康診断も異常はなかった。ぼくはワクチンが気になって何度も担当医に尋ねましたが、“因果関係はありません”とにべもなかった。厚労省への報告を頼んでも、なかなか受け入れられませんでした。最終的には“お金がかかわってくることですからね”と、渋々といった様子で書いてくれたような感じでした」

 担当医が厚労省に報告したのは妻が亡くなった2週間後だった。その後、現在にいたるまで厚労省や病院からの問い合わせや報告はない。Yさんがつぶやく。

「いまも妻を思わない日はありません。ワクチンを打ち終えたら自宅をリフォームする予定で、ふたりで壁紙をどうするか話し合っていました。妻は脳出血で亡くなりましたがワクチンとの関連がわからないのですっきりしません。せめて国にはワクチン接種と死亡の因果関係を判断する基準を明確にしてもらいたい」

※女性セブン2023年2月9日号

接種者の方が多く感染している

接種者の方が多く感染している年齢も

ワクチン

日本の感染者数は世界最多

ワクチン接種後の死亡者数

ワクチン接種後の死亡者数

政府が購入したワクチンとお金

政府が購入したワクチンとお金

アストラゼネカ製のワクチンを日本が海外供与した内訳

アストラゼネカ製のワクチンを日本が海外供与した内訳

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン