芸能

大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図

家康の正室・瀬名(有村架純)

家康(松本潤)を取り巻く13人の女性たちにも注目(写真は家康の正室・瀬名(有村架純))

 口を衝くのは「嫌じゃ」「地獄じゃ」と弱音ばかり。そんな新しい徳川家康像を提示するNHK大河ドラマ『どうする家康』で、頼りなき将軍をとりまく女性たちは逞しく描かれている。

 今回の家康は、戦や争い事を嫌う“ヘタレ”な側面が強調され、正室・瀬名(有村架純)は家康の頼りなさ、優しさにこそ惹かれた、温かみのある人物として描かれている。

「うちの殿は弱虫、泣き虫、鼻水垂れですものね」

 しかし、桶狭間の戦いで今川義元が討たれると、瀬名と子・竹千代たちは駿府で人質に取られてしまう。家康は家族を助けようと奔走するが、物語は2人の夫婦仲を引き裂かんとする展開が続く。

 瀬名に未練を残す家康に、母・於大の方(松嶋菜々子)は厳しい言葉をかけた。

「家臣と国のためならば、己の妻や子ごとき平気で打ち捨てなされ」

 人質の三河衆が磔にされ、処刑されていくなか、瀬名やその母・巴(真矢ミキ)、侍女・たね(豊嶋花)、幼なじみのお田鶴(関水渚)らの安否に注目が集まる。

 家康の松平家との結びつきを強固にしたい織田信長は、妹・お市(北川景子)との“縁談”家康に持ちかけた。さらに今後は、瀬名との子・徳川信康と信長の子・五徳(久保史緒里)が夫婦となるが、瀬名と五徳の“姑関係”一筋縄ではいかない様子が描かれていくだろう。

 これまでの大河では瀬名への一途な想いを見せた家康だが、徐々に側室を迎えていく。後に2代将軍・秀忠を産む於愛の方(広瀬アリス)、今川家臣・鵜殿家の血を引くお葉(北香那)、神社神主の娘で神秘的な雰囲気を持つお万(松井玲奈)らが出番を控える。

 複数の妻から女性関係を問い詰められた家康は「どうする!?」──そんな展開も期待できそうだ。

 弱き家康と、強き女性たち。そう概観できそうな脚本のなかで、文字通りの「戦う女性」が忍び・女大鼠(松本まりか)だ。家臣団の女性には“創作の余地”があるだけに、脚本の注目ポイントとなるかもしれない。

写真提供/NHK

※週刊ポスト2023年2月10・17日号

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン