広瀬アリス一覧

【広瀬アリス】に関するニュースを集めたページです。

上野樹里
上野樹里、広瀬アリス主演 春の恋愛ドラマに「既視感」「ステレオタイプ」と厳しい声
 2022年春ドラマは、スポ根、ヤンキー。探偵など、多種多様な作品が出揃っている。そしてもちろん、恋愛モノのドラマも多いが、その評価はどうなのだろうか。 上野樹里(35才)と松重豊(59才)の父娘のダブル婚活をテーマにした『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系)は、友達以上恋人未満の関係を指す新単語「サム(some)」が登場し、SNSで話題になったが、こちらは厳しい評価も。放送作家の山田美保子さんはこう話す。「いわゆる父娘の話は、31年前に田村正和さん(享年77)主演で放送された『パパとなっちゃん』(TBS系)などでこすられ続けているので、どうしても既視感がある。 それにこのドラマの主演は当初、戸田恵梨香さん(33才)が務めると噂されていただけに、どうしても“代役”の上野さんと役が合っていないように感じてしまいます……」『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)は、恋愛はムダだと考える女子の広瀬アリス(27才)と、来る者拒まずの男子・SixTONESの松村北斗(26才)を軸に、恋に本気になれない6人の男女が織りなすラブストーリー。テーマとしては王道ではあるが「古くさい」との評価も。テレビ解説者の木村隆志さんは、こう見る。「広瀬さん、松村さんといういま輝いている旬の俳優2人がいるのに、なんで6人の群像劇にしてしまったのか。パパ活とか不倫などを交えた設定がステレオタイプです。今後はかつて『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)などを手がけた脚本家の浅野妙子さんがどこまで令和のリアルな恋愛を見せていけるか。 ヒロインの職業が食器デザイナーなどのトレンディードラマ感も含めて、もう少し現代の女性が共感できるところがほしい」最近のドラマは知識を得るのも必要 専門家たちからの評価が高く、観なきゃ損なのが深夜枠のドラマだ。鈴鹿央士(22才)が主演を務める探偵学校を舞台にした『クロステイル~探偵教室~』(東海テレビ・フジテレビ系)だ。「脚本家は『半沢直樹』(TBS系)などで実績のある八津弘幸さんで、今作はその八津さんが10年もの間温めた企画。それまで熟成させただけあって、見ごたえがあります。 ドラマを観れば盗聴とか尾行といった探偵についての知識が得られるのもおもしろい。探偵に悩みを相談する依頼者のハートフルなシーンには笑いや涙がある。バランスのいいドラマです」(木村さん) これまでいくつもの名作が誕生してきた探偵モノというジャンルではあるが、古さは感じない。ドラマ評論家の吉田潮さんが続ける。「お金を払って探偵学校に入るという設定が新しい。ほかのドラマと比べると俳優陣は地味に感じますが、鈴鹿さんはじめ演技力のあるキャストで観れば観るほどハマります。観始めるとおもしろいね、と観続けてしまうドラマです」 このところドラマで存在感を発揮しているテレビ東京では『メンタル強め美女白川さん』が好評だ。仕事仲間や女友達のマウントなどプチストレスを、笑顔と高い自己肯定感で井桁弘恵(25才)演じるヒロインが華麗にスルーしていく物語だ。「どうやって日々のさまざまな出来事を切り抜けていくのかという要素は、それだけでも観る価値があります。また、人間関係の描写や悩みがすごくリアルなので、感情移入しながら観ることができます」(木村さん)※女性セブン2022年5月26日号
2022.05.17 16:00
女性セブン
滝藤賢一は“過剰な演技”が個性として確立した俳優、その演技を解説  
滝藤賢一は“過剰な演技”が個性として確立した俳優、その演技を解説  
 滝藤賢一と広瀬アリスのW主演ドラマ『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』(日本テレビ系)が話題を集めている。特に滝藤の“過剰”な演技に注目しているコラムニストのペリー荻野さんがその演技について解説する。 * * * 名探偵の条件といえば、「推理力」、「行動力」、「分析力」、さらには事件の真相を語る「解説力」などいろいろあるが、そのキャラクターにおいては、「ちょっと過剰」なのも重要だ。 明智小五郎は、まさかそこで老人に変装してたの?と思えるようなちょっと過剰な変装が大好きだし、金田一耕助はちょっと過剰なまでにもっさりした外見、明智・金田一と並んで日本の三大名探偵といわれる神津恭介(近藤正臣らが演じた)は、六か国語がぺらぺらでちょっと過剰なまでにスマート、平たく言えばキザである。 そんな中、ちょっとどころかかなり過剰なのが、『探偵が早すぎる』の滝藤賢一。2000億円という巨額の遺産を相続することになった一華(広瀬アリス)を事故に見せかけて殺し、遺産を奪おうとする美津山家の四兄弟たちから守るよう依頼された探偵・千曲川(滝藤)は、どんな事件が起きるか事前に察知し、勝手に解決してしまう“史上最速の探偵”。 第一シーズンでは毒蜘蛛を使った殺人を企てた男(マギー)の計画を阻止し、逆に男を毒蜘蛛に襲わせ、「私は事件を未然に防いだ!」と威張り散らりたりしていたが、「トリック返し!!」の声も高らかな今シーズンはさらに過剰気味。 二話では、一華が務める化粧品会社の研究所にコネで潜り込み、なぜかお茶の水博士のような白髪ヅラに白衣、緑のジャージ姿で、フラスコで沸かしたコーヒーを堪能。ジャージ姿でさかさまにぶら下がったり、うさぎのお面をつけてローラーコースターに乗って「無視しないでぴょーん」と走り回ったり。 四話では和装の八卦見おじさんになって虫眼鏡を振り回し、清掃スタッフおばさん姿で一華の同僚の動きをチェック。隠れたいんだか、目立ちたいんだか、いつ衣装を用意してんだよ!ともはや誰も突っ込まなくなっている。 だが、考えてみると滝藤賢一は日本では珍しい「ちょっと過剰」が個性として確立した俳優なのである。ターニングポイントになったのは、『半沢直樹』でブレイクした翌2014年ころだ。この年、『俺のダンディズム』に初主演しおしゃれアイテムに毎回興奮。「一見、普通の財布に見えて、開けたらアリゲーター!!」などと叫びながら、両腕をパカパカとワニの口のように動かしたりした。 同年、『ひとつ星の恋~天才漫才師横山やすしと妻』で横山やすし役を演じたときは、しゃべくり、怒り、嘆く姿があまりにそっくり!!とびっくり。その後、CMでは女装してシンクを磨きながら「あなた、シャンプーで全身洗っちゃう人?」と問いかけてきたし。私たちはずっと、ちょっと過剰な姿を見続けてきたと言える。 そして、今、『家電侍』(BS松竹東急)では、タイムスリップしてきたタブレット端末にさまざまな最新家電を発注し、江戸の長屋で家族で使ってみる浪人・兼梨四十郎も熱演中だ。炊飯器で飯を炊いて感激し、掃除ロボットの仕事に「神のなせる技!!」と驚愕する。先日はついに妻の美顔器や防犯カメラも設置…って、いったい電源はどうしてるのか? もちろん、四十郎が発電用自転車で蓄電してます。過剰なまでにこぎまくって。
2022.05.12 16:00
NEWSポストセブン
『恋なんて、本気でやってどうするの?』の撮影を行っていたアリス(2021年10月撮影)
広瀬アリスが休養発表 妹・すずとの切磋琢磨の7年間、弱音を吐かぬド根性
《ここ数年とにかく前を見て駆け抜けてきたのですが どうやらちょこっとお休みが必要のようです》 4月25日、広瀬アリス(27才)が自身のツイッターで「芸能活動の休止」を報告。2日前の23日には、9月に出演予定だった舞台『薔薇とサムライ2-海賊女王の帰還-』の降板が発表されていた。「降板発表時、所属事務所はメディアの取材に“休養するわけではない”と説明していました。ですが一転して本人が休養を発表したことに、安堵した関係者も少なくありません。ここ数年、アリスさんの体調を気にかける声が相次いでいたんです」(芸能関係者) アリスは現在放送中の4月期ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)と『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』(日本テレビ系)で、異例の主演“掛け持ち”をしている。さらに、出演映画『劇場版ラジエーションハウス』、『バブル』の公開を控え、CM契約本数は11本を数える。オーバーワークを指摘する声もあるが、体調不良の要因はそればかりではない。「実はアリスさんは、以前からめまいや頭痛に悩まされていたんです。それなのに、彼女は弱音を一切吐かず、“がむしゃらに働く時期は必要。いまは倒れるまで働きたい”と口に出して自分を鼓舞してきたんです。バスケットボール少女だったこともあって、性格は体育会系。だから体調不良も根性で乗り越えていたんです」(前出・芸能関係者) 前だけを見ていたのは、妹・広瀬すず(23才)との“切磋琢磨”の影響が大きいのかもしれない。アリスは2008年に『ファイブ』(NHK)で女優デビュー。2010年に昼ドラ『明日の光をつかめ』(フジテレビ系)で昼ドラ史上最年少でヒロインを演じ、期待の新人として注目された。その後は脇役で実績を積み、役柄に合わせた習い事を始めるなど努力を重ねていた。 一方、妹のすずが『幽かな彼女』(フジテレビ系)で女優デビューしたのは、2013年のこと。下積みを続けるアリスとは対照的に、すずは瞬く間に女優の階段を駆け上がった。「すずさんはデビューから2年後の2015年に、『学校のカイダン』(日本テレビ系)で主演を務めました。翌年の2016年には、映画『ちはやふる -上の句-』と『怒り』で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞と優秀助演女優賞をダブル受賞。わずか3年で若手ナンバーワン女優と呼ばれるまでになったんです」(映画関係者) 妹の活躍が目立ち始めると、アリスは「すずの姉」と揶揄されるようになっていた。「責任感の強いアリスさんは、デビュー当時から期待に応えられないことに罪悪感を抱いていました。次第に塞ぎ込むことが増え、仕事に身が入らないことも多くなっていたんです。そんな期間が7年ほど続きました」(アリスの知人) 今日の活躍につながる転機となったのは、2017年に放送された連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)への出演だった。アリスは「これでダメだったら女優を辞めよう」と覚悟を決めて撮影に挑み、コミカルな女性芸人の役を好演。これが業界関係者の目にとまりオファーが急増した。 だが皮肉にも、この成功がアリスを苦しめることになる。冒頭の休養宣言の前日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、アリスは「主役を演じる機会が増え、心に余裕がなくなった。座長の自分が“引っ張らなきゃ”“笑顔でいなきゃ”と追い込んでしまう」と胸の内を明かした。「あの7年間に逆戻りしてはいけないという気持ちもあったのでしょう。だからこそこれまで以上の根性で、乗り越えようとしてしまったのかもしれません」(前出・アリスの知人)「すずの姉」と呼ぶ人はもういない。ゆっくり静養して、自然体で戻ってきてほしい。※女性セブン2022年5月12・19日号
2022.04.28 07:00
女性セブン
King&Princeメンバーが語ってくれた
関ジャニ・大倉忠義の交際報道に祝福ムードのジャニーズファンたちの思い
 1月10日、ジャニーズ所属の人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義(36)と、女優・広瀬アリス(27)の交際が報じられた。昨年放送されたドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系列)で距離を縮め、真剣交際に至ったという。 関ジャニ∞のなかでも若い世代を中心に圧倒的な人気を誇る大倉だが、今回の交際報道に対して、「エイター」(※関ジャニ∞のファンの総称)たちは総じて祝福ムードのようだ。ジャニーズファンたちのリアルな思いを聞いた。「関ジャニ∞を支えてくれてありがとう」の気持ち 12年間、関ジャニ∞のファンだという女性・Aさん(30代)は、今回の交際報道を聞いて大興奮したという。「ニュースが出てすぐに、ファン仲間のLINEグループでは『たっちょん(※大倉忠義)おめでとう!幸せになってほしいね』、『大倉も結婚適齢期だから、プライベートも充実してほしいよ』と祝福の声が飛び交っていました。関ジャニ∞には過去に“お騒がせ”も多かった錦戸亮くんがいたので、基本的にメンバーの熱愛にも寛大な場合が多い印象です(笑)。特に今回のお相手は広瀬アリスちゃん。サバサバとしたイメージで女性からの好感度も高い。 くわえてエイター目線で言えば、ファンは大倉くんに“大きな恩義”を感じている。グループのメインボーカルであった渋谷すばるくん、錦戸亮くんの脱退以降、5人になったエイトのために奔走し、絆を深めてくれたのは最年少の大倉くんでした。それまでは、すばるくんや亮くんの後ろで、年下メンバーとしてちょっと頼りなく、自由に振る舞っていた大倉くん。それが、今では強い責任感を持って関ジャニ∞を支えてくれているように見えます。 最近、関ジャニ∞のコンサートに行くと、“ファンの若返り”を実感します。つまり、5人になって以降に新しくファンになってくれた人たちが、コンサートにも足を運んでくれているということ。そのなかには、やはり大倉くんのファンが多い印象です。だから『関ジャニ∞を支えてくれてありがとう』という気持ちがあり、プライベートも充実してほしいと心から思います」(Aさん) 祝福の声があふれる一方で、エイターたちの間では一部ファンが暴走しないよう懸念する声も出ているようだ。大倉のファンで、コンサートにも足繁く通っている会社員のBさん(20代)は、こう話す。「広瀬アリスさんとの熱愛を知った瞬間、友人や家族たちと『美男美女カップル!』と大盛り上がりでした。過去にも大倉くんの交際報道があった時は、そこまででもなかったですが、今回は周りのファンの間でも安心して応援できるという反応が大半ですね。 ただ、懸念点もあります。大倉くんは過去に、何度か会員向けのブログでファンの“つきまとい行為”に悩まされていることを明かし、悪質なファンに警鐘を鳴らしていました。大倉くんのプライベートが充実したことで、そうした行為が加速しないか、それだけが心配です。エイターみんなが願っているのは、大倉くんの心の平安だけなので……」(Bさん)後進育成、プロデューサー業でも才覚を発揮 大倉は、近年、ジャニーズ事務所の後進育成にも積極的に関わってきた。自身がプロデュースに携わっていた関西ジャニーズJr.の「なにわ男子」は、昨年CDデビューが発表され、今後の飛躍が期待されている。なにわ男子のファンの女性・Cさん(30代)は、こう話す。「なにわ男子がデビューできたのは、大倉くんの支えが大きかったと思います。関ジャニ∞の仕事だけでなく、大倉くんは足を骨折しながらも関ジュ(関西ジャニーズJr.)の練習場に足を運び、指導を続け、彼らの舞台やコンサートをプロデュースしてくれていました。ジャニー喜多川さんがいない今、アイドルとしての基礎を彼らに教えてくれたのは大倉くんだと思う。 超多忙のなか、後輩のために奮闘してくれていた姿を関ジュのファンは知っています。だから、大倉くんの幸せを願うのは当然ですよね。今年はプライベートも充実してほしいと願っています」(Cさん) 別のなにわ男子のファンの女性・Dさん(20代)は、今回の交際報道で「後輩たちにも良い影響を与えてほしい」と言う。「SNSが発達してから、ジャニーズJr.たちのプライベートが流出することが前より増えているように感じます。相手の女性がインスタライブやツイッターなどで“匂わせる”ことも珍しくありません。 正直な気持ちを言えば、ファンから祝福されている先輩の交際報道を見て、ジュニアたちはそこから学んでほしい。変に交際を匂わせたり、流出させるような相手と恋愛をしないようにしてほしいですね」(Dさん) 近年は映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で、成田凌とともに体当たりの演技をみせ、俳優としても高い評価を得ている大倉忠義。今後も公私ともに充実した生活を送ってくれるよう、ファンたちはあたたかく見守っているようだ。
2022.01.12 19:00
NEWSポストセブン
今年輝いた旬な女優たち(写真/ロケットパンチ)
橋本環奈、吉岡里帆、川口春奈…2021年最旬女優たちの会見ショット
 2021年はコロナ禍での“記者会見様式”が確立され、女優たちが公の場に立つ機会も徐々に戻ってきた。その舞台で芸能カメラマンが捉えた女優たちの姿を一挙公開! ほとばしる“美”を御覧下さい。●田中みな実(35才) 下着ブランド「PEACH JOHN」でモデルを務める田中。2021年は女優としても確実に爪痕を残した。●上白石萌歌(21才) 主演映画『子供はわかってあげない』の記者会見では素敵なドレスで登場。来年は、姉に続いて朝ドラ出演も決まっている。●広瀬アリス(27才) CM起用社ランキングでは妹に広瀬すずと並び12社で3位に。聖火ランナーにも抜擢された。●橋本環奈(22才) 2022年の舞台『千と千尋の神隠し』で主演を務める。独特な衣装を着こなせるのはさすが“1000年に1人の美少女”といったところ。●池田エライザ(25才) ELAIZA名義で歌手挑戦を表明した池田は、ロングスカートが流行を見せる中、ミニスカートをはきこなした。●深田恭子(39才) 適応障害の診断を受けてから約3か月でスピード復帰し、主演映画『ルパンの娘』の会見に登場。シースルーのドレスをさらっと着こなすのは流石。●池田美優(23才) 年間TV出演本数が300本を超えるみちょぱ。今年は交際期間5年半に及ぶ熱愛が報じられ、充実した1年となった。●米倉涼子(46才) 主演ドラマ『ドクターX』が15%前後の視聴率を記録し好調。NetflixのイベントではVラインが開いた衣装で登場した。●吉岡里帆(28才) 12月に第50回ベストドレッサー賞を受賞。デコルテ露わなノースリーブ姿を披露し俳優・田中圭も「本気出してきたな」と絶賛した。●宇垣美里(30才) フリー転身3年目になった宇垣。Abema収録の合間には撮られた写真は、清楚な印象が際立っている。●宇賀なつみ(35才) フリーに転身し早3年目に。MCを務めた「第4回スーツオブザイヤー2021」では、局アナ時代とは異なる印象を与えるドレスで登場した。●川口春奈(26才) 紅白歌合戦の司会に抜擢され、YouTube「はーちゃんねる」も絶好調。まさに大活躍の1年となった。※週刊ポスト2021年12月24日号
2021.12.18 16:00
週刊ポスト
広瀬アリス、佐々木希、トラウデン直美らの私服Tシャツ着こなし術
広瀬アリス、佐々木希、トラウデン直美らの私服Tシャツ着こなし術
 連日、屋外に出るのがおっくうになる暑い日が続いているが、この夏、芸能界の美女たちはさわやかなTシャツスタイルでお出かけしていた。彼女たちのトレンド感あふれる着こなし術をチェック! 6月中旬、映画『地獄の花園』のヒット御礼舞台あいさつ終了後、帰路につく女優の広瀬アリス(26才)をキャッチ。深いVカットの黒いキャミロンパースの下に合わせたのは白のTシャツ。マスクは、顔の下半分がすっぽり隠れる黒にしてモノトーンで統一した。「身長はやや高めの165cmで、小さい顔と首の長さも相まって、8頭身ぐらいに見えますね。ものすごく華奢な方ではないですが、健康的でかつ女性らしいスタイル。さすがはファッションモデル出身者ですね」(スタイリスト) 女優の佐々木希(33才)は多くのスタッフたちに見送られて迎えの車に乗り込んでいく。6月下旬の都内で、出演映画『リカ』の初日舞台あいさつを終えたときのことだ。 ゆったりしたデニムに合わせたのはシンプルな黒Tシャツ。ラフなスタイルでも細い腕、そして何よりもくびれたウエストの細さが際立っていた。「もともと抜群のスタイルだけれども、最近は筋トレにも力を入れていて、よりシェイプアップされているように見えます。彼女は責任感が強くてストイック。美を保つための努力は凄まじいものがありますが、この細さは凄い…」(佐々木の知人) モデルのトラウデン直美(22才)が5月下旬、お出かけの際に着ていたのはシンプルな白Tシャツ姿。ややタイトなデザインだったが、黒のパンツはややゆったりめにしてシルエットのバランスをとった。キャップはワンポイントのロゴがついたラルフローレン製、マスクは花柄があしらわれたおしゃれなもので、コーデのアクセントになっていた。 7月上旬、出演舞台を終え、飲み物片手に颯爽と帰宅したのは元AKB48の秋元才加(32才)。8頭身のモデル体型ゆえ、タイトなデニムにロングのサマーコート姿が、かっこよく決まっていた。 中に合わせたのはグレーのVネックのTシャツ。パンツにあえてインして、トレンド感あふれる着こなしにしていた。 プライベートでもおしゃれに着こなす芸能界のファッションリーダーたち。シンプルな中にも、こだわりを感じさせる夏の装いを見せていた。
2021.07.24 07:00
NEWSポストセブン
ホームラン競争が大谷翔平のプレーに影響?(時事通信フォト)
大谷翔平、羽生結弦、山崎賢人、伊藤沙莉など 大活躍「花の1994年組」
 連日話題をさらう大谷翔平選手の活躍ぶり。そんな大谷選手と同じ「1994年生まれ」が、各界で輝いている。そんな“大谷世代”の活躍を紹介する。【野球】 日本球界を牽引する名選手が揃う1994年組! その魅力はグローバル級だ。■大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)「二刀流」で目覚ましい活躍ぶりをみせるメジャー4年目の“世界の大谷”。本塁打王を獲得せんばかりの勢いだ。トップスターが集結する一夜限りのドリームチーム『オールスターゲーム』のファン投票で1位を獲得するなど、地元ファンからも愛されている。■藤浪晋太郎選手(阪神タイガース) 高校野球の名門・大阪桐蔭のエースとして春夏連覇を達成した“甲子園の申し子”。大谷選手と共にU-18日本代表として日の丸を背負ってきた。最速162km/hのストレートを武器に、リーグトップを走るチームに貢献。■鈴木誠也選手(広島東洋カープ) 高校時代は投手として活躍していたが、高校通算43本塁打の記録を持つなど打者としての才能も。ホームランも6年連続の2桁記録を更新中。東京五輪の日本代表にも内定し、4番候補として注目!【サッカー】 世界で戦う1994年組。日本を牽引するだけでなく、世界を引っ張る粒ぞろいの選手たち!■浅野拓磨選手(VfLボーフム) 俊足ストライカーで“ジャガー”の愛称を持つ浅野選手。日本代表でも、森保一監督から厚い信頼を得ている。■鈴木武蔵選手(KベールスホットVA) ジャマイカ人の父と日本人の母を持ち、小学2年生でサッカーを始める。持ち前のスピードと豪快なシュートを武器に現在はベルギーの地で戦いに身を置く。■中島翔哉選手(FCポルト) 小学生で東京ヴェルディジュニアに所属。2011年にはU-17日本代表に選出され、準々決勝のブラジル戦では交代出場で追撃のゴールを決めて鮮烈な印象を与えた。現在はけがに悩まされながらも、日本のクラブからのオファーもあるという。【フィギュアスケート】 平成から令和のフィギュアスケート界をリードしてきた羽生選手率いる1994年組。■羽生結弦選手 ソチ(2014年)、平昌(2018年)と2連覇の偉業を成し遂げフィギュアスケート界で圧倒的存在感を放つ。11月に行われるNHK杯とグランプリシリーズへの出場が発表され、26才最後のゆづの滑りに期待!■田中刑事選手 7才でフィギュアスケートを始め、全日本ジュニア選手権優勝(2013年)、USインターナショナル優勝(2019年)など数々の大会で表彰台に上がる。小学4年生のときに行われた全国合宿で羽生選手と出会い「やっぱりゆづは何か違った」と、同学年のライバルとして発奮材料にしてきたという。■村上佳菜子 ジュニア時代から日本代表として活躍し、初めて出場したシニア国際大会で優勝。“ポスト浅田真央”として女子フィギュア界を牽引。2017年に引退し、現在はタレント・女優として新たなステージで活動中。【芸能界】 才能のある役者が入れ代わり立ち代わり出てくる群雄割拠の芸能界──カメレオン的演技をみせる1994年組。あなたが注目する俳優は?■山崎賢人 映画『orange』(2016年)で、第39回日本アカデミー賞新人賞を受賞。SNSフォロワー数は男性俳優ランキング2位の433万人以上! 端正な顔立ちとたしかな演技力が魅力。■吉沢亮 放送中の大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)で主人公をエネルギッシュに熱演。今後もっとも飛躍する俳優として呼び声が高まっている。■広瀬アリス CM、ドラマ、映画などいま数々の作品で引っ張りだこ! 妹の広瀬すず(23才)との仲よし2ショットがSNSにアップされるたびに美女姉妹と話題に。■二階堂ふみ 朝ドラ『エール』(NHK)で、窪田演じる作曲家古谷裕一の妻を好演。作中やNHK紅白歌合戦で見事な歌声を披露。歌手デビューも遠くない!?■伊藤沙莉 ドラマ『女王の教室』(日本テレビ系)など子役時代から数々の作品に出演する実力派。『全裸監督』(Netflix)で共演した山田孝之から「最高の女優さん」とお墨付きをもらうほど。※女性セブン2021年7月22日号
2021.07.14 19:00
女性セブン
【動画】広瀬アリス、8頭身スタイルが映える私服姿をキャッチ!
【動画】広瀬アリス、8頭身スタイルが映える私服姿をキャッチ!
 映画「地獄の花園」のヒット御礼舞台あいさつ終了後、私服姿の広瀬アリスさんの姿を目撃しました。広瀬さんは、白いTシャツに深いVカットの黒いキャミロンパースで顔の下半分がすっぽり隠れる黒いマスク姿。地下駐車場で大勢の大人たちが歩く中で小顔がひときわ目立っていました。 あるベテラン女性スタイリストは「身長はやや高めの165cmで小さい顔と首の長さも相まって、8頭身ぐらいに見えます。健康的でかつ女性らしいですね」と抜群のスタイルを絶賛しています。
2021.07.11 16:00
NEWSポストセブン
比嘉愛未は深田の回復を祈りつつ「全力で努めてまいります」とコメント(時事通信フォト)
比嘉愛未が深キョン代役をつとめる『推しの王子様』に期待できそうな理由
 代役というドラマが思いもよらぬ反応を呼び起こした例は少なくない。さて、今回はどうか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * 続々とスタートを切っている夏ドラマ。この時期はオリンピック開催時期と重なることもあり「地味な作品が多い」「制作に今一つ力が入っていない」などと囁く業界筋もいます。が、視聴者としては何をどう楽しむか。ひょんなことからトリッキーな成功を収める事例が生まれてくるかもしれません。 7月15日にスタートする『推しの王子様』(フジテレビ系木曜午後10時)では病気療養で主役を降板した深田恭子さんに代わり、白羽の矢が立った比嘉愛未さんに注目が集まる。「今まで頂いてきた役、どれも全て全身全霊で演じてきました。それは今回も変わらず、気持ちは同じです。とにかく、皆さんの日常を明るく照らす作品になるよう最後まで全力で努めてまいります」と、急なオファーを正面から受けて決意表明した比嘉さん。 全身タイツで躍動していた深キョンの代わりとして「艶っぽい演技を求められそう」という意見もあれば、「ベンチャー企業の女性経営者という役は深キョンよりも比嘉さんがぴったり」と下馬評が飛び交う。『推しの王子様』のキャッチコピーは、「逆マイ・フェア・レディ”」「私があなたを理想の男性に育てる!」。比嘉さんが演じる主人公は新進気鋭のゲーム企業経営者・日高泉美。リリースしたゲームが大ヒットでも私生活はさっぱり。自社で開発したゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」に登場する“推し”キャラクター、ケント様に夢中。 ある日、突然目の前に現れた若い男。容姿はケント様にそっくりだが中身はからっぽという五十嵐航(渡邊圭佑)を、「私の理想の男に育てあげよう」と決意。「マイ・フェア・ボーイ」の日々が始まり……という筋立てです。かなりトリッキーですが若い粗野な男性を育て上げていく社長と聞けば……そう、思い出しませんか? NHK朝ドラ『なつぞら』(2019年)のマダム・前島光子の姿を。 朝ドラで比嘉さんが演じた光子は、広瀬すず演じる主役・なつの「新宿の母」とも言える包容力とオーラを放っていました。彫りが深くて目が大きくてエキゾチック。凜とした風情で登場したマダムの姿は忘れられません。芸術に理解があり若い芸術家を応援する度量の大きい光子がハマり役だった比嘉さんですから、「マイ・フェア・ジェントルマン」を実践していく社長役も期待できそう。 過去を紐解けば、比嘉さんはモデルとして出発しNHK朝ドラ『どんど晴れ』(2007年)のオーディションで主役に選ばれドラマデビューした正統派。演技経験を重ねて今35才と円熟期に。『コード・ブルー』シリーズなどでも人気ですが、自立した強い意志を持つきりっとした雰囲気を出すのがうまい。 もう一点、『推しの王子様』に期待を寄せる理由は、オリジナル脚本かつ『知ってるワイフ』(フジテレビ系2021年1月~)の制作陣が再集結するということ。『知ってるワイフ』も一見すると、ベタな物語でした。主婦が過去に戻って別の人生の道を選んでいくタイムワープもの。「ありえない」と言ってしまえば身も蓋もないトリッキーな物語を、制作陣が上手く料理して話題作に仕上げた。テンポが良く人物造形やセリフも丁寧に作り込み女性視聴者の共感を集めた。あの時主役を演じた広瀬アリスさんと今回の比嘉愛未さんに、どこか通じるものがある。「軸がブレない」「しなるような強さ」「クールな猫目」といった要素も主役の中軸にぴったりで、その意味でも期待できそう。 もう一つ手かがりがあります。今、比嘉さんが主演しているドラマ『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系 水曜深夜0時40分)。原作は累計発行部数150万部超の同名コミック(原作・夏川ゆきの、漫画・黒沢明世)。 筋立ては昼ドラっぽいドロドロ展開で、浮気夫の秘密を追求する妻を比嘉さんが好演しています。サレ妻の悔しさや情念を描くだけならベタな話一辺倒となりそうなところ、内面を語る比嘉さんのナレーションがちょい乾いていて味を出している。浮気されたという単なる被害者意識だけではなく、若い部下に気持ちを揺さぶられたり自分の過去を振り返りもう一人の自分と対話したり。「夫婦なんてもともと他人。愛情がなくなったただの同居人」「自分が変わる怖さを受け入れるしかない」など葛藤や哀惜も表現し、物語に奥行きとスリリングな雰囲気を加えています。『推しの王子様』の中でも比嘉さんの持ち味である強さやしなやかさ、クールな面が上手く活かされれば、ベタなラブコメを脱しユニークな作品になりそうな気配がします。
2021.07.10 16:00
NEWSポストセブン
広瀬アリス「妹にはない魅力」カリスマモデル並8頭身スタイル
広瀬アリス「妹にはない魅力」カリスマモデル並8頭身スタイル
 地下駐車場で大勢の大人たちが歩く一団の中で、ひと際小顔の女性がいた。6月中旬、映画「地獄の花園」のヒット御礼舞台あいさつ終了後、帰路につく女優の広瀬アリス(26才)である。白いTシャツに、深いVカットの黒いキャミロンパースで、顔の下半分がすっぽり隠れる黒いマスク姿。 あるベテラン女性スタイリストは「身長はやや高めの165cmで、小さい顔と首の長さも相まって、8頭身ぐらいに見えますね。ものすごく華奢な方ではないですが、健康的でかつ女性らしいスタイル。さすがはファッションモデル出身者ですね」と語った。 もともと2009年に10代女性向けのファッション誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリに輝き、モデルとしてデビュー。3年後には妹の広瀬すず(23才)も同誌の専属モデルに加わり、史上初の姉妹専属モデルとして知名度を上げた。 前出のある女性スタイリストは「妹すずさんの方が、日本人好みの顔立ちもあって先にブレークしました。でも、姉アリスさんも、ハーフに見られるほどの目鼻立ちくっきりの大人っぽい顔と妹以上のモデル体型で、弱冠18才で女性下着ブランド『トリンプ』のイメージキャラクターに選ばれたほどの逸材でした」と振り返った。 女優業では、正統派のヒロインが多い妹とも全く違う、コメディエンヌの才能やクセの強い役柄を何でもこなす多彩さで、独自の存在感を確立していった。ある映画製作関係者は「アリスさんの、表情豊かでダイナミックさも繊細さも併せ持つ芝居は、年を追うごとに需要が高まっていっています」と話す。「今後は舞台経験も積み上げて、長所を伸ばしていったら、近い将来の各種映画賞の受賞も十分にあると期待されています」と続けた。 妹が先に売れっ子となり、NHKの朝ドラヒロインにまでなった女優姉妹というと、1990年代前半を席巻した石田ゆり子(51才)とひかり(49才)姉妹が思い起こされる。当時は「石田ひかりの姉」と呼ばれたゆり子は、その後、妹以上の成功を長く収め続けてきた。アリスも業界内外で、着々と支持を高めてきている。
2021.07.06 07:00
NEWSポストセブン
広瀬アリス&すず 話題の2作で鮮明に、姉妹の俳優としての“違い”
広瀬アリス&すず 話題の2作で鮮明に、姉妹の俳優としての“違い”
 現在公開中の映画『地獄の花園』と『いのちの停車場』。『地獄の花園』は公開後最初の土日2日間で8万7000人を動員し、興行収入は1億1900万円でランキング3位を獲得。『いのちの停車場』も動員数13万5000人、興行収入1億4800万円でランキング初登場1位を獲得し、好スタートを切った。前者には広瀬アリス(26才)が、後者には妹の広瀬すず(22才)が出演し、対極的な両作が話題となっているが、姉妹の俳優としての“違い”について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。 * * * 広瀬アリスと広瀬すずが出演し、話題を呼んでいる映画『地獄の花園』と『いのちの停車場』。封切りから4週目に入った現在も、作品を観るために映画館へ足を運ぶ人が増え続けているようだ。2作はまったく異なるタイプの対極的な作品であるため、はしごして楽しむ人も多い印象だ。『地獄の花園』は、お笑い芸人や俳優としてだけでなく、脚本家の顔も持つバカリズム(45才)が手がけたシナリオを、PerfumeやサカナクションなどのMVを手がけてきた関和亮(45才)が監督したもの。日本中の“ヤンキーOL”たちが抗争を繰り広げるという奇想天外な物語だ。 素敵なOLライフに憧れる主人公の直子の職場に、カリスマヤンキーOLの蘭が中途採用されたことをきっかけに、あちこちからヤンキーOLたちが蘭に挑戦を挑みにやって来る。ひょんなことから蘭と仲良くなったカタギのOLである直子も、“地上最強のOL”の座をかけた抗争に巻き込まれてしまう。直子役を永野芽郁(21才)が、蘭役を広瀬アリスが演じており、本作において広瀬アリスは、物語が動くきっかけとなる重要な役どころに配されている。 一方の『いのちの停車場』は、医師で小説家の南杏子による同名小説を、『八日目の蝉』(2012年)などの成島出監督(60才)が吉永小百合(76才)を主演に迎えて映画化したもの。主人公である女性医師が直面する在宅医療の現場から、“命のあり方”が見えてくる作品だ。 東京の救命救急センターで働いていた医師の咲和子(吉永)が、故郷の金沢にある「まほろば診療所」で“在宅医”として活動をスタート。患者を訪問しての診療は咲和子にとって初めての経験で、“患者の生き方を尊重する”という「まほろば」の方針や、行く先々で出会うさまざまな患者とその家族に戸惑いながら、多様な“命のあり方”を知っていくことになる。本作で広瀬すずが扮するのは、「まほろば」で勤務する訪問看護師の星野麻世。新しい環境での再出発を果たす咲和子をサポートする役どころだ。広瀬姉妹のどちらもが、それぞれの作品において重要なポジションについているのである。『地獄の花園』はコメディであり、『いのちの停車場』は社会派ヒューマンドラマ。となれば当然、作品の手触りは異なり、彼女たちが演じる役どころも大きく異なってくる。姉のアリスは“ヤンキーOL”という奇異なキャラクターをエネルギッシュに演じており、一方の妹すずは、大きなトラウマを抱えながらも人々のために奔走する看護師に扮している。どちらも助演のポジションであり、異なる演技のアプローチで作品を支えており、この2人の“違い”が印象的である。 とはいえ、これまでにアリスはシリアスな役もこなしてきた。映画で言えば『銃』(2018年)で演じた、表向きの明るさとは裏腹に、何らかの問題を内に抱えている女子大生役や、高校生から恐妻までを見事に演じ上げたドラマ『知ってるワイフ』(2021年/フジテレビ系)での好演も記憶に新しい。対するすずも、熱い青春モノやコメディ作品に多く出演し、才能を見せてきた。競技かるたに熱中する快活なキャラクターで作品を率いた『ちはやふる』シリーズ(2016年-2018年)や、薬を飲んで仮死状態となった父親を火葬から救うべく奮闘する女子大生をテンション高く演じた『一度死んでみた』(2020年)などが当てはまる。 若手俳優の中でもトップをひた走る姉妹なだけに、キャリアの豊富さを見れば、各作品における彼女たちの演技の振り幅の大きさは明らかだ。しかしやはり俳優には、得意とする役どころというものがあると思う。アリスが得意とするのは、感情をより表に出すような役どころであり、すずは役の感情の内面に迫るような役どころである。 朝ドラ『わろてんか』(2017年-2018年/NHK総合)でアリスが演じた漫才師役は、アリスのコメディエンヌとしての才能を開花させた代表作だし、以降はコミカルな役どころが続いている印象があり、そうでないシリアスな作品と器用に演じ分けているのは事実だ。『Q:A Night At The Kabuki』(2019年)で初舞台を踏んだすずは、ステージ上をパワフルに駆け回り観客を魅了したが、それ以上にキャラクターの内面に迫るシーンに惹きつけられた。大きな身振り手振りよりも、静かに心情を吐露するような細やかな表現が、劇場内の空気を変えていたのを肌で感じた。 その意味で、『地獄の花園』と『いのちの停車場』は、広瀬姉妹の得意な役どころにまさにマッチしており、どちらもハマり役であることは言うまでもないだろう。感染対策をしながら映画館に足を運び、是非姉妹の“違い”を体感して欲しい。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.06.15 07:00
NEWSポストセブン
大倉忠義&広瀬アリス『知ってるワイフ』が下剋上を果たせたのはなぜか
大倉忠義&広瀬アリス『知ってるワイフ』が下剋上を果たせたのはなぜか
 放送前の評判と放送を重ねた後の評価が必ずしも一致しないのがドラマの醍醐味だ。今期のラインナップのなかで、「下剋上」を果たしたともいえそうなのが『知ってるワイフ』。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * いよいよ今週最終話を迎えた『知ってるワイフ』(フジテレビ系木曜)。原作は同名韓流ドラマでスタート当初は「韓流リメイクとジャニーズの組み合わせは期待できない」という声も聞こえていました。「今期ワーストドラマになりそう」とマスコミ関係者の間で指摘されていた(2021/01/28「サイゾーウーマン」)と伝える記事もあった。という逆風の中でスタートした作品ですが、その後の評価はどうしてどうして。 オリコンのドラマ満足度調査ランキング(1月19日~25日放送を対象)では4位に上昇。100Pt満点で「初回は45Ptだったが、2話目で73Ptまで上昇し、放送ごとに数値を伸ばしている」「7話目で前週85Ptから5Ptダウンした80Ptを獲得」。視聴率についても初回が一番低くくて後は伸びることはあっても落ちることなくフィニッシュ。また、ドラマ放送中にツイッターが絶えずトレンド入り。今やSNSは人気ドラマのバロメーターの一つです。 結末については韓流ドラマで多くの人が見ているけれど、日本版の最終話は「異なるオリジナル展開で描かれる」とアナウンスされ注目度もさらにアップしました。 物語は…澪(広瀬アリス)に家事や育児を任せきりの銀行員・元春(大倉忠義)はうだつの上がらないサラリーマン。職場で上司に叱責され、帰宅すればモンスター化した妻に怒鳴られる。そんな生活に耐えられず、元春は過去にワープして「違う人生」の選択を重ねていくが……という夫婦の関係を描いた人間ドラマであり、時空を飛ぶというSFファンタジーの要素も含まれています。「中盤からハマった」という視聴者の声も聞かれるように、回を重ねるごとに不思議な反響を集めていったその理由とは、いったい何だったのでしょうか? まず筆頭に挙げられるのが「リアルな夫婦の心情描写」です。細部を疎かにせず日常を活き活きと描き出すセリフ、演出、役者たちの演技が共感を呼んだ第一の理由でしょう。何よりも夫婦が「すれ違っていく」様がリアルでした。育児と家事、アルバイトと髪を振り乱しワンオペで追い詰められた妻・澪が、とうとうモンスターとなっていく様子に切実さと説得力があった。 仕事を言い訳に家のことをスルーし、妻がたいして無理を言っているわけじゃないのになぜか行動しない。そんなダメ夫・元春を演じる大倉さんも、実に役柄にフィットしていて上手かった。「うちもそう」「元春とそっくりの夫の行動にどうしても納得いかない」と、澪の怒りは共感を呼び「あるある効果」を高めました。 しかし。ただリアリティばかりを追求したのでは、満足度は維持できません。怒ってばかりの妻はあまりにも殺伐としていて自分を映す鏡のようで視聴者もへキエキとしてしまうはず。つまり、このドラマでは夫婦のすれ違いのリアリティと共に、ある別の仕掛けが効いていた。「本当はこうあって欲しい」という夢・理想を上手に挿入した点こそが、ポイントでしょう。 たとえ鬼の形相の澪でも、演じる広瀬さんはどこか透明感があって、夫に激しく感情をぶつけても意地悪で言っているのではなく納得できる理由があった。澪のキャラクターは、ねじれていない素直さがあり、もちろん容姿も多忙な母なのに整ってキレイ。リアルの負の側面-「惨めさ」「意地悪さ」を見なくて済むよう、「こうあってほしい効果」と「あるある効果」とを上手に両天秤にかけながら進めていったのです。 これは大倉忠義さんが演じたダメ夫・元春にしても同じことがいえそう。妻の悩みを聞こうとせず、理解しない夫。しかし妻に罵倒されてもどこかで澪のことを思い続けている。そして最後に「俺は澪のことを全然見ていなかった。俺がモンスターにした。すまなかった」と率直に頭を下げて謝る。まさしく視聴者が溜飲を下げるシーン。「こうあって欲しい効果」そのものでした。 対して澪も「絶対に一方だけが悪いということはない」と自分の非を認める。もし、これがリアルなら夫婦の価値観がズレてぶつかり、決裂-離婚となりそうなところですが、互いをつなぎとめていく二人の姿こそ、「こうあって欲しい」夢そのもの。 また、職場の同僚・津山主任を演じた松下洸平のフェミニンさに救われた視聴者も多いはずです。優秀な上司が自分をきちんとわかってくれ評価してくれて、しかも女性として求めてくれたらもう、これ以上の夢はありません。ここにも「あって欲しい効果」が上手に使われていました。 振り返れば、撮影の途中で大倉さんが新型コロナウイルスに感染。共演者やスタッフは全員陰性だったそうですが大倉さんの体調が回復するまで撮影は中止となり、まさしく「生みの苦しみ」に直面し艱苦の中で完成した作品でもあった。ドラマの最後の方に「失って初めて、大切さに気付く」というキラーワードが出てきましたが、この作品自体が、撮影時間を失った時制作陣がその大切さをより深く実感したのかもしれません。  「人生は選択の連続だ」「悲しい時はラブストーリーを口実に泣くんです」「とり戻さなければいけないのは、澪と生きると決めた自分」。名言をたくさん生んだ脚本も光っていた。「あるある」というリアルと、「あって欲しい」夢とを共存させた秀作でした。
2021.03.20 16:00
NEWSポストセブン
姉妹の仲の良さがうかがえる(インスタグラムより)
トリンドル玲奈・瑠奈ほか 姉妹タレントが注目される理由
 昨年から今年にかけて、姉妹でのテレビ出演が急増している女優でモデルのトリンドル玲奈(29)と実妹・トリンドル瑠奈(27)。“姉妹タレント”として人気を集める理由を探った。 姉の玲奈が10年以上前に17歳で広告モデルとなったのに対し、妹・瑠奈のデビューはごく最近のことだ。2019年9月30日に放送されたバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で、玲奈の家族としてテレビ初出演を果たした。同日に姉のInstagramで公開された焼き鳥を頬張る姿も大きな反響を呼び、翌2020年には玲奈と同じ芸能事務所への所属が決定した。 瑠奈が芸能界デビューして以降、『プレバト!!』(TBS系)、『モニタリング』(同)、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)といった人気バラエティ番組で姉妹として活躍。今年に入ってからもメディアへの露出は絶えず、3月7日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)ではサプライズで母親が登場、2人の素顔が明かされたことも話題を呼んだ。 今年1月からは姉妹でYouTubeチャンネル『トリンドるんるん』をスタート。家族で食事をしたり、バレンタインデーに向けてチョコレートを作りながら恋愛話に花を咲かせたりと、ほっこりとする動画を投稿し続けている。 姉・玲奈の夕食の片付けから就寝までのおよそ8分にわたる「ナイトルーティーン」動画は15万再生を超えるヒット。そのほかにも姉妹でお風呂に入って赤裸々トークをする動画などがあり、大きな反響を呼んだ。チャンネル登録者数は開設から約 1か月ですでに3万人を超える人気ぶりだ。 テレビやYouTube、Instagramなどで姉妹として活動することによって、姉・玲奈のイメージも変化しつつある。テレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏は、姉妹タレントとして活躍することで“育ちの良さ”が見えてくることを指摘する。「トリンドル玲奈に対するこれまでの個人的な印象は、かわいい顔で少しとぼけた発言をするタレントといったものでした。そんな彼女が妹の瑠奈とテレビに出演する姿からは、従来のイメージに加えて“育ちの良さ”のようなものが感じられます。 上白石萌音・萌歌姉妹にも言えますが、姉妹がそろうと“育った家庭”が透けて見えやすい。YouTubeチャンネルでは、両親も交えて姉妹が軽井沢で過ごす動画が配信されていますが、そこでもやはり2人が“安定した家庭”で大切に育てられてきた様子がうかがえます」(飲用てれび氏) 上白石萌音・萌歌姉妹をはじめ、広瀬アリス・すず姉妹や平愛梨・祐奈姉妹など、姉妹として活動することでより一層魅力が増すタレントもいる。飲用てれび氏は、そうした姉妹タレントならではの魅力の一つとして“仲の良さ”に着目する。「芸人のコンビにも言えることですが、近年、姉妹や兄弟などで活動する芸能人は仲の良さが注目されがちです。広瀬アリス・すず姉妹も昨年の自粛期間中は何度か2人でインスタライブをし、そこでの仲むつまじいやり取りが話題になりました。トリンドル姉妹もまた、2人の仲の良さそうな関係性が印象的です」(飲用てれび氏) 同じ家庭環境で育ったからこそ分かり合える“仲の良さ”、そしてそうしたやり取りを透かして見える“育ちの良さ”。どちらも視聴者が親近感を抱くポイントと言えるのではないだろうか。親しみやすい雰囲気を漂わせているからこそ、トリンドル玲奈・瑠奈姉妹も活躍の場を広げているのかもしれない。◆取材・文/細田成嗣(HEW)
2021.03.15 16:00
NEWSポストセブン
ああ
韓国版『知ってるワイフ』ヒロインは韓国の「経歴断絶女性」そのもの
 関ジャニ∞の大倉忠義が主演を務め、ヒロインの広瀬アリスとの夫婦役が話題を呼んでいるドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)。原作の韓国版が動画配信サイトで配信されていることもあり、日本版の盛り上がりに比例して韓国版も再注目されているようだ。韓国でも同ドラマが放送された際、視聴率1位を記録するほどヒットしたというが、その理由について、ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。 * * * 韓国で2018年に放送され、同時間帯視聴率1位を記録したヒットドラマ『知ってるワイフ』。『愛の不時着』や『青春の記録』、『ミスター・サンシャイン』などを制作したスタジオドラゴンの作品だけに、面白さはお墨付きである。「もし別の人と結婚していたら自分はどうなっていただろうか」、多くの人が一度は考えたことがある“妄想”がドラマ化されただけに、特に20~40代の共働き世帯や育児真っ只中の視聴者に受け入れられ、「夫婦とは何か」を考えさせられるドラマ」と注目を集めた。また、韓国では男性視聴者が多いドラマとしても話題になった。 そんな人気ドラマが、リメイクされて現在日本でも放送されている。演出、設定の違いや一部シーンの変更などはあるが、物語の大筋に大きな違いはなく、ある程度原作の韓国版に忠実な印象だ。物語は、母の世話やパートに育児とワンオペで日々を回すヒロイン・ウジンが、夫で主人公・ジュジョクに溜まった怒りを爆発させるところから始まる。ジュジョクも、疲れて帰宅すると毎日のように浴びせられるウジンの罵倒に嫌気がさしていた。そんなある日ジュジョクは、ひょんなことから地下鉄で出会った男にもらった500ウォンコインで偶然過去にタイムスリップする。そこからジュジョクの「人生をリセット」計画が始まるのだが、ウジンと出会う前に戻って過去を変えても、なぜかまたウジンと出会ってしまう。 ジュヒョクとウジンの共働き育児戦争は、見ているだけで息が詰まりそうなほどリアルに描かれており、その点は日本版でも同様だ。また、愛くるしい女子高生役から、仕事と育児に疲れ果てたワーキングママ役、テキパキ仕事をこなすビジネスウーマン役まで演じ分けるハン・ジミンの演技が光るドラマでもあり、日本版でもヒロインを演じた広瀬アリスの演技力に注目が集まった。 ドラマ全体も、コミカルな演出の中にしっかりと泣かせるシーンもあり、終始笑いあり涙ありで見ていて飽きることがない。過去に戻ったジュヒョクが運命を変えようとする度に、ウジンをはじめ友人や家族の運命も変わり続けるため、毎回次の展開が気になっていく。韓国ドラマファンには馴染み深い有名俳優らが別の人気ドラマのキャラクターのままドラマにゲスト出演しており、その場面を見つける楽しみもあった。 その一方で、韓国では批判的な声も少なくなかった。ドラマは、「夫婦は思いやりを忘れてはならない」、「他人を責める前に自分を振り返ろう」というメッセージを投げかけているが、韓国の女性評論家などの間では「男性目線のファンタジードラマで後味が悪い」、「タイトルを『知ってるワイフ』ではなく『バッドハズバンド』に変えるべき」という意見も多かった。「ジュヒョクがウジンとへウォン(ジュヒョクの初恋の相手)を天秤にかけ品定めをするシーンばかりで不快」、「ジュヒョクは優柔不断で無責任で不満ばかり」といった視聴者の厳しい指摘もあった。 それでも視聴率が高かったのは、ウジンの家事・育児に奮闘する姿が韓国の平均的な既婚女性そのもので、共働きの苦労や女性のワンオペ育児の過酷さなど、韓国社会が抱える問題が序実にドラマに反映されており、そこに共感する人が多かったことも大きな理由だろう。 韓国女性の大学進学率は高く、行政職公務員の半数以上が女性というほど女性の社会進出は進んでいるが、その一方で女性労働者の4割以上は非正規雇用である。非正規職を選択する理由の多くは育児だ。だが、子供が大きくなって再就職しようとしても、正社員の求人は非常に少なく非正規職しか選択の余地はない。 OECDによると、韓国の年平均勤労時間は1967時間(OECD平均は1704時間)とOECD加盟国の中で2番目に長く、仕事と育児を両立するのは非常に難しい。加えて、育児休職を「迷惑」と考える韓国社会の風潮も依然として残っているため、子供が生まれると女性が会社を辞めるか、非正規雇用を選択せざるを得ないケースが多いのだ。 韓国では、結婚して出産・育児のために一度社会から離れた女性が再び社会に復帰しようとしても、復帰前と同条件で働くのは至難の業である。韓国では、そんな女性のことを「経断女(経歴断絶女性)」と呼ぶ。『知ってるワイフ』は、「問題を解消していかないといけない」という社会の認識の変化が起きている中で生まれたドラマであり、ドラマのヒロインの姿は、「経断女」と呼ばれる多くの韓国女性の境遇と重なったことだろう。日本でも同様の問題が取りざたされている今、ヒロインの姿は日本女性の目にどう映ったのだろうか。【趙章恩】ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。
2021.03.04 16:00
NEWSポストセブン
広瀬アリス『知ってるワイフ』が視聴率上向きな理由を考察
広瀬アリス『知ってるワイフ』が視聴率上向きな理由を考察
 録画視聴が当たり前になっている以上、視聴率を昔のように並べて論じることはあまり意味をなさないかもしれないが、上向きか下向きか、その傾向は作品の評価・勢いを測るうえで重要な要素である。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 * * *  大倉忠義&広瀬アリス主演のドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系木曜午後10時)に関して、「低視聴率」「綾瀬はるかのドラマと明暗を分けた」など数字の低さを指摘するネガティブな記事が目につきます。たしかに綾瀬はるか主演『天国と地獄』(TBS系日曜午後9時)第3話までの平均視聴率は15.2%。それに比べると『知ってるワイフ』の平均視聴率は半分にも届かず、大きな開きがあります。 しかし、だからといって、ドラマの面白さが半分以下かというと決してそうとは言えません。『知ってるワイフ』の注目点は、まずは役者のリアリティ。そして冬に始まった新ドラマの中でも数少ない「視聴率上向き傾向の作品」であること。第3話6.5%、第4話視聴率7.6%、第5話視聴率7.8%とジワジワ数字が上昇中です。 物語は夫婦のタイムワープファンタジー。妻の澪(広瀬アリス)に家事や育児を任せきりの銀行員・元春(大倉忠義)は、仕事場でもうだつが上がらないサラリーマン。職場で上司に怒られ帰宅すれば妻にビクビク。そんな中で偶然、過去にワープする方法を手にした元春。「人生の選択を間違えた」とばかり過去へ戻り、違う人生の選択を重ねていくのだが……。 見所はいくつもありますが、まずは広瀬アリスさんの演技に注目です。制服姿の高校生、赤ちゃんを抱えた主婦、そして飲食店のパート従業員、認知症の母の世話をする娘と、くるくる転換していく。違う属性を上手に演じ分けていきます。 タイムワープが絡む物語だけに、一人の役者がさまざまな年齢を演じ分ける難しさがありますが、「主婦」と「高校生」を同時に演じる広瀬さんに不自然さがない。高校生ならたしかにこんなしぐさをするかも、と表情から雰囲気までを巧みに醸し出していく。一方、妻として爆発するシーンのエネルギーもすごい。怒髪天を衝く勢いで目を剥いて鬼の形相になる。追い詰められた感じがリアルで、妻・澪が怒らざるを得ない「切実さ」がじわりと伝わってきてついつい引き込まれてしまう視聴者も多いようです。 妻は家事育児に追われて自分の時間なんてみじんもない。夫は話も聞いてくれない上に、認知症の母の世話も重なり、孤独感にさいなまれる。一方、夫の理屈としては「仕事で頑張っているから、家にいる時くらいは好きにさせて」。そんな二人のすれ違いが妙にリアリティをもって描かれていきます。とはいえ、広瀬さんは「結婚願望なんてみじんもない」と豪語しているそうですから、主婦の生活感も根っからの役者力によるものでしょう。 見所は広瀬さんだけではありません。 関ジャニ∞の大倉忠義さんが演じる、疲れ切った夫・サラリーマンの元春も実にいい味を出しています。やるせなさと子どもっぽさ、何とも頼りない優柔不断さが妙にリアルで上手い。帰宅して夫婦喧嘩をしても完全に妻に迫力負け。クローゼットの中でこそこそとゲームに没頭し憂さ晴らしする姿はまるで小学生。 ちなみに先日、前田敦子さんとの離婚を報じられた勝地涼さんも「友人と毎晩のようにオンラインゲームに興じている」と伝えられていたし、これぞザ・リアリズム。大倉さんはジャニーズのイケメンでありつつも、自己肯定感の低いショボさやリーマンのやるせなさを纏っていて、いったいどこでこんな生活感を身につけたのか、と感心してしまいます。 さて、このドラマにはもう一人、リアルな味わいを深めてくれている役者がいます。銀行の上司・津山主任を演じる松下洸平さん。何ともいえない普通の感じをやらせたら右に出る人はいない。気取りがなく肩の力が抜けていて、本当にそこらへんを歩いていそうなフラットさ。仕草も台詞回しもごく自然な上手さがあって、澪に告白して接近していくあたりハラハラドキドキして見入ってしまいます。 多かれ少なかれ、私の人生は「こんなはずじゃなかった」と後悔を抱えている人が大半だからこそ「身につまされる」という感想も聞かれる作品。 物語の構造は「タイムトリップ」というぶっ飛んだ設定でありつつ、人間ドラマとして楽しむことができるのは、一人一人のキャラクターが「いるいる感」をしっかりと醸し出しているからでしょう。今期の他のドラマにはなかなかない好評価ポイントです。
2021.02.06 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン