スポーツ

力道山との出会いの契機となった国際基督教大学の「受験失敗」【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#12】

2023年に行われた立春パーティーにて

2023年に行われた立春パーティーにて

“日本プロレスの父”力道山が大相撲からプロレスに転向し、日本プロレスを立ち上げてから2023年で70年が経つ。力道山はすぐに国民的スターとなったが、1963年の殺傷事件で、39年間の太く短い生涯を終えた。しかし、力道山を取り巻く物語はこれで終わりではない──。彼には当時、結婚して1年、まだ21歳の妻・敬子がいた。元日本航空CAだった敬子はいま81歳になった。「力道山未亡人」として過ごした60年に及ぶ数奇な半生を、ノンフィクション作家の細田昌志氏が掘り起こしていく。第12話ではついに力道山との出会いのきっかけとなる「進路」選びの岐路に立たされる。【連載の第12回。1回から読む】 

  * * * 

12話「不合格」 

 女子の4年制大学の進学率が10%を超えたのは“女子大生ブーム”真っ只中の1984年で、それまでは長らく1桁台を推移していた。ちなみに30%を超えたのが2000年と思いのほか最近である。 

  進学率2%台だった昭和30年代はと言うと、女子は高校を卒業したら数か月間の家事手伝いという花嫁修業をへて、秋には見合いをして、そのまま結婚に至る事例が少なくなかった。結婚適齢期が1922歳という時代の話である。 

  早くから「外交官になりたい」という将来の目標を抱いた神奈川県立平沼高校3年の田中敬子は、この時代において稀有な存在だったことがわかる。「私は大学に行きたい」と父親の勝五郎に言うと「そうしろ。これからの時代は女も大学に行く時代だ」と後押ししてくれた。進学先を国際基督教大学に決めたのは、すでに述べたように、中3の夏「青少年赤十字世界大会」で出会った都立駒場高校の大宅映子に示唆されたからで、現に大宅映子はこの年、国際基督教大学に進学し『ミュージックジャーナル』等の音楽専門誌に寄稿するなど、18歳にしてライターとしての活動を始めていた。 

 「大宅映子さんとはその後は会うことはなかったんだけど、文通はしていたの。電話で話したこともあった。正式に国際基督教大学に行くことを決めてからは、受験のこととかいろいろ聞いていたの」(田中敬子) 

  国際基督教大学(ICUInternational Christian University)は、日米のキリスト教指導者による会議をへて1949年に創設、1953年に開学した大学である。高校2年生のとき「開港百年祭記念英語論文」で社会人や大学生を抑え最優秀賞を受賞し、クラスはもちろん、学年の成績もトップクラスだった田中敬子にとって、本来であれば新設大学はさほどの難関というわけでもなかったに違いなく、担任教師も「問題ない。お前なら国立を狙ってもいいのに」とまで言った。しかし、実際はまったくそうではなかった。試験内容が独特なのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン