芸能

ミスターちん(59)が語った鍼灸師としての現在「リスキリング」成功の舞台裏

59歳のミスターちんさん、充実の「現在」を語る

59歳のミスターちんさん、充実の「現在」を語る

 リスキリング(学び直し)の大切さがしきりに叫ばれているが、一足先に自らリスキリングに取り組み、新しい第2の仕事を得た芸能人がいる。ミスターちんさん(59)だ。ヒロミ(57)、デビット伊東(56)と組んだコントグループ「B21スペシャル」でバブル期に人気を博し、その後はレポーターとして活躍したが、2014年に鍼灸師(はり師、きゅう師)の国家資格を取得。2018年に「はりきゅう治療院 ぶんのいち経堂」を開業した。なぜ学び直しに挑戦したのか、その経緯や苦労、芸能活動への影響などを聞いた。【前後編の前編】

 * * *
 世田谷区の経堂駅そばに治療院を開業して、もう5年目になります。この間、コロナもありましたが、患者さんたちには離れることなく通っていただいています。患者さんは芸能人ではなく、疾患に悩む地元の方たちがほとんどです。芸能人が来たら、かえって距離感をとりにくいですよ(笑)。

 芸能界で鍼灸師の国家資格を取って施術している人って、他にはあまりいないと思います。それでもなろうと思ったのは、医者の友人に勧められたから。子どもができて芸能界の仕事だけで「この先、大丈夫か」「手に職をつけた方がいいんじゃないの」「鍼灸師は国家資格だし面白いよ」と教えてくれたのです。2011年のことです。

 友人の言葉を聞いて、僕はそれまで鍼灸の治療を受けたことさえなかったのに、なぜか「面白そうだな」と興味をもったんですよね。切羽詰まっていた、というのもあります。レギュラーで担当していた“お宅訪問”が好評を得たワイドショー「ジャスト」(TBS系)は2005年に終了し、その翌年42歳で結婚。男の子2人に恵まれたのですが、2011年当時、息子たちは4歳と2歳。まだまだ頑張らないといけませんでした。

 タレント業以外で確かな技術を身につけたほうがいいのかなと探していたので、友人の話を聞いて、すぐに資格取得のための専門学校を調べました。そうしたら、国家資格を取得するには、3年かかることがわかって。授業料も年間200万円弱かかる。決して安くはありませんよね。

 募集締め切りギリギリだったので、急いでAO入試の面接を受け入学しました。振り返れば、このタイミングが良かったと思います。僕はもともと人見知りで、周りと打ち解けるのに時間がかかる。しかも、海外ロケの仕事があり、1週間遅れで授業に合流。「あれ、ミスターちんじゃね?」「芸能界やめたのかな」と噂されていたらしく、最初はみな近づいてきてくれなかったんですよ(笑)。

 そんななか、「三宅さん(本名:三宅康敏)って芸能人なんですか?」と声をかけてくれた男3人のうちの1人が、今、一緒に働いているスタッフです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン