芸能

映画『ちひろさん』主演・有村架純が演じる元風俗嬢の“分け隔てのない優しさ”に癒される

Netflix映画『ちひろさん』2月23日より全世界配信&劇場公開(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

Netflix映画『ちひろさん』2月23日より全世界配信&劇場公開(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

 ドラマや映画、CMへの出演だけでなく、NHK紅白歌合戦や『日本レコード大賞』の司会を務めるなど、縦横無尽の活躍を見せる有村架純。放送中の『どうする家康』では家康(松本潤)の正室・築山殿(瀬名)役でNHK大河初出演を果たした。そんな有村が主演の新作映画『ちひろさん』が、2月23日、Netflixにて全世界配信スタートとなる。本作で有村はどんな演技を見せているのか。ライターの小林久乃氏が紹介する(注/作品の内容に触れる箇所があります)。

 * * *
 2023年はまだ序盤ながら、早くも胸打つ映画に出会ってしまった。有村架純さん主演の『ちひろさん』(Netflix/アスミック・エース)である。人気漫画の待望の実写化ということで、2月23日の配信スタート前から話題を呼んでいる。原作、映画ともにチェックした私の意見としては「再現性、完遂」である。

Netflix映画『ちひろさん』2月23日より全世界配信&劇場公開(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

さまざまな登場人物がちひろさんのいる弁当屋に買いに来る(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

 ゆったりとした時間が流れる海辺の田舎町の弁当屋で働くちひろさん(有村)は会社員と風俗嬢、ふたつの職歴を持つ女性。ちょっと口は悪いけれど、彼女の元にはホームレス、女子高校生、小学生、力仕事で働くお兄さん……と街のさまざまな人が訪れてくる。皆、ちひろさんに会いたくなるのだ。誰に対しても分け隔てなく接して、それぞれの思いや悩みを受け止めていく、ちひろさん。そして彼女もまた自身の中に消化しきれない何かを抱えているのだった──これが作品のあらすじである。

潔いほど“分け隔てのない”ちひろさん

 どこかノスタルジックな雰囲気を醸し出しながら日常の風景が流れていく『ちひろさん』。見終えたときに「ああ……」と脳裏に残ったのは、彼女が誰に対しても“分け隔てなく”接する姿だった。公園で見かけた猫と戯れ合う。ふとしたきっかけで出会ったホームレスのおじさんを自宅に招き入れて体を洗い、一緒に弁当を頬張る。猫にも、男にも。悩む10代たちに接する際も決して大人ぶらず、同じ目線で話をする。

港町に流れるゆったりとした時間のなかで物語は進む(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

港町に流れるゆったりとした時間のなかで物語は進む(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

 水商売で働く母親に世話をしてもらえない小学生のマコト(嶋田鉄太)とも対等に揉めて、挙句怪我をさせられる一幕があった。やがてマコトが謝罪すると「……それじゃあダメだな。謝る時はちゃんと相手の目を見て言わなくちゃ」とちひろさん。そう言って笑う。つられてマコトも笑う。

 マコトとは真逆で、恵まれた家庭に窮屈さを感じるオカジ(豊嶋花)も、吸い寄せられるようにちひろさんの側へ歩み寄る。こんなやりとりが印象的だった。

オカジ「あの……何も聞かないんですか」
ちひろさん「何を聞くの? 何か聞いて欲しかった?」
オカジ「気になりませんか。ふつう、名前とか、年齢とか、目的とか。どんな人かわかんないって不安じゃないですか?」
ちひろさん「そんなの当てにしたことないもん。第一、それが本当のことかどうかわかんないし。(中略)その人がどういう人か目を見ればわかるよ」

 忖度なしにコミュニケーションを取るほうがいいのか、悪いのか。意見は十人十色である。時と場合によることは間違いない。でも、人によって態度を変える自分には疲れるときがある。そんなとき、ちひろさんの潔いほどの“分け隔てのなさ”が愛おしくなる。作品にはそんな人物が描かれている。

オカジ役の豊島花(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

オカジ役の豊島花(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン