芸能

映画『ちひろさん』主演・有村架純が演じる元風俗嬢の“分け隔てのない優しさ”に癒される

Netflix映画『ちひろさん』2月23日より全世界配信&劇場公開(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

Netflix映画『ちひろさん』2月23日より全世界配信&劇場公開(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

 ドラマや映画、CMへの出演だけでなく、NHK紅白歌合戦や『日本レコード大賞』の司会を務めるなど、縦横無尽の活躍を見せる有村架純。放送中の『どうする家康』では家康(松本潤)の正室・築山殿(瀬名)役でNHK大河初出演を果たした。そんな有村が主演の新作映画『ちひろさん』が、2月23日、Netflixにて全世界配信スタートとなる。本作で有村はどんな演技を見せているのか。ライターの小林久乃氏が紹介する(注/作品の内容に触れる箇所があります)。

 * * *
 2023年はまだ序盤ながら、早くも胸打つ映画に出会ってしまった。有村架純さん主演の『ちひろさん』(Netflix/アスミック・エース)である。人気漫画の待望の実写化ということで、2月23日の配信スタート前から話題を呼んでいる。原作、映画ともにチェックした私の意見としては「再現性、完遂」である。

Netflix映画『ちひろさん』2月23日より全世界配信&劇場公開(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

さまざまな登場人物がちひろさんのいる弁当屋に買いに来る(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

 ゆったりとした時間が流れる海辺の田舎町の弁当屋で働くちひろさん(有村)は会社員と風俗嬢、ふたつの職歴を持つ女性。ちょっと口は悪いけれど、彼女の元にはホームレス、女子高校生、小学生、力仕事で働くお兄さん……と街のさまざまな人が訪れてくる。皆、ちひろさんに会いたくなるのだ。誰に対しても分け隔てなく接して、それぞれの思いや悩みを受け止めていく、ちひろさん。そして彼女もまた自身の中に消化しきれない何かを抱えているのだった──これが作品のあらすじである。

潔いほど“分け隔てのない”ちひろさん

 どこかノスタルジックな雰囲気を醸し出しながら日常の風景が流れていく『ちひろさん』。見終えたときに「ああ……」と脳裏に残ったのは、彼女が誰に対しても“分け隔てなく”接する姿だった。公園で見かけた猫と戯れ合う。ふとしたきっかけで出会ったホームレスのおじさんを自宅に招き入れて体を洗い、一緒に弁当を頬張る。猫にも、男にも。悩む10代たちに接する際も決して大人ぶらず、同じ目線で話をする。

港町に流れるゆったりとした時間のなかで物語は進む(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

港町に流れるゆったりとした時間のなかで物語は進む(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

 水商売で働く母親に世話をしてもらえない小学生のマコト(嶋田鉄太)とも対等に揉めて、挙句怪我をさせられる一幕があった。やがてマコトが謝罪すると「……それじゃあダメだな。謝る時はちゃんと相手の目を見て言わなくちゃ」とちひろさん。そう言って笑う。つられてマコトも笑う。

 マコトとは真逆で、恵まれた家庭に窮屈さを感じるオカジ(豊嶋花)も、吸い寄せられるようにちひろさんの側へ歩み寄る。こんなやりとりが印象的だった。

オカジ「あの……何も聞かないんですか」
ちひろさん「何を聞くの? 何か聞いて欲しかった?」
オカジ「気になりませんか。ふつう、名前とか、年齢とか、目的とか。どんな人かわかんないって不安じゃないですか?」
ちひろさん「そんなの当てにしたことないもん。第一、それが本当のことかどうかわかんないし。(中略)その人がどういう人か目を見ればわかるよ」

 忖度なしにコミュニケーションを取るほうがいいのか、悪いのか。意見は十人十色である。時と場合によることは間違いない。でも、人によって態度を変える自分には疲れるときがある。そんなとき、ちひろさんの潔いほどの“分け隔てのなさ”が愛おしくなる。作品にはそんな人物が描かれている。

オカジ役の豊島花(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

オカジ役の豊島花(c)2023 Asmik Ace, Inc. (c)安田弘之(秋田書店)2014

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
21歳で4番デビューし、様々な記録を残してきた岡本和真
巨人の4番・岡本和真「6年連続30本」でもそこまで評価されないのはなぜか OBや番記者が指摘「キャラクターで損をしている」
週刊ポスト
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン