ビジネス

新大阪駅すぐの老舗角打ち 「お母さんの笑顔と優しさがご褒美やね」

 JR新大阪駅から徒歩3分。“酒”と書かれた大きな看板が目を惹く『橋本酒店』。長年通う地元客をはじめ、新大阪駅を利用するビジネスマンや鉄道会社に勤める常連客にも愛されてきた老舗だ。

 店主は3代目の足立尚弘さん(61歳)。妻で先代の娘の真紀さん(59歳)と母の橋本和子さん(86歳)が角打ちを切り盛りする。

 和子さんは元音楽教師という経歴の持ち主だ。

常連客が和気藹々と寛ぐ店内。和子さんとのお喋りも楽しい

常連客が和気藹々と寛ぐ店内。和子さんとのお喋りも楽しい

「私はおてんば娘だったけど、小さいころから歌が大好きで声楽を学んで音楽教師になりました。思い返せば波瀾万丈の人生だったわね」と語る和子さんが酒屋に嫁いだのは24才のとき。

「夫は中学の同級生だったのよ。造り酒屋の跡取り息子で、昔はこの店の向かいに立派なお屋敷がありました。結婚すると決めたけど、酒屋に嫁ぐことを親に反対されていましてね、結婚するんだったら音楽を続けることが条件だったんです。だから、酒屋の仕事は夫に任せて、私は音楽の仕事をしながら一生懸命ふたりの娘を育ててきました」

 仕事と育児に奮闘する母の背中を見て育った長女の真紀さんは、「母の人生にはいつも音楽がありましたね」と振り返る。

「夫が49歳のときに他界しまして、一時期は店を閉めて途方に暮れていましたね。親の反対を押し切って結婚しましたから実家を頼るわけにもいきませんからね、酒屋をやろうと決心して、音楽の仕事を辞して、長女と一緒に酒屋を続けてきました」(和子さん)

 尚弘さんも勤めていた会社を辞め、共に店を支えてきた。

「私は配達が中心ですから、角打ちはふたりに任せています。洗い物したり酒をついだりはしますけど、裏方ですよ(笑)。長年通ってくださる常連さんとゴルフに行くこともありますし、いろんなお客さんと交流できるのはいいですよね」(尚弘さん)。

「尚弘さんがいたからやってこられたわね。おかげで、教師と酒屋、人生を2度楽しめたわ」と和子さんは朗らかな笑顔で語る。

左から店主の尚弘さん、妻の真紀さん、お母さんの和子さん

左から店主の尚弘さん、妻の真紀さん、お母さんの和子さん

「次女は声楽の道に進みましてね、CDもリリースしているのよ」と和子さん。常連客がのんびり酒を傾ける店内には、次女が唄う懐かしい日本の童謡が静かに流れている。

「東京から転勤してきたのですが、この町に住むのは2度目なんです。駅近だから利便性もいいし、何よりこの店の近くに暮らしたくてね。仕事で疲れている日は、お母さん(和子さん)が『あらどうしたの?悩んでないで元気出しなさいよ~』って明るく声をかけてくれる。仕事帰りに『ただいま~』って帰って来られるホッとできる場所です」(40代、営業)

「和気藹々と飲める地元の温かい店。亡き先代の頃から通い歴40年、歌が上手で陽気なお母さん(和子さん)と優しい真紀ちゃんの手料理に癒やされて、1日の疲れも吹き飛ぶよ」(70才)

 カウンターに並ぶ日替わりの大皿料理も人気だが、冬限定、和子さん特製の粕汁も大評判。

「今夜は、この冬の粕汁がメニューに登場する初日だから、真っ先に食べたくて1時間かけて来ました。アットホームな店で冬は粕汁をアテに飲むのが定番。上品な酒の香がふわっとして体が芯から温まるよ。毎回2杯は食べるね」(60代、会社員)」

「かつおだしと酒粕のまろやかな香りで旨い!」と人気の粕汁には、辛口の『焼酎ハイボール』がぴたりとハマる

「かつおだしと酒粕のまろやかな香りで旨い!」と人気の粕汁には、辛口の『焼酎ハイボール』がぴたりとハマる

「毎年、新酒の粕が届いてから作るようにしています。鮭はあらを使うと旨みが出ておいしいの。酒粕をおだしで溶いて、白みそが隠し味。大根や小芋さん(里芋)、こんにゃくや竹輪も入れてじっくり煮込むのよ」と和子さんはにっこり。

「まろやかな味わいの粕汁には、すっきり辛口の『焼酎ハイボール』が相性抜群。これは最高のご褒美やね」(70代)

2022年12月1日取材。

■橋本酒店

「味のある“酒”の看板に誘われ、仕事帰りのビジネスマンも集う

「味のある“酒”の看板に誘われ、仕事帰りのビジネスマンも集う

【住所】大阪府大阪市東淀川区東中島1-16-12
【電話番号】06-6322-6021
【営業時間】17時~20時、土日祝日定休
焼酎ハイボール350円、ビール大びん480円、粕汁350円、とり肝とピーマンの甘辛いため350円
※営業時間等は店舗にお問い合わせください。撮影時はマスク、及び仕切りを外しています。

 

 

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン