芸能

ドラマ『今夜すきやきだよ』の蓮佛美沙子 極寒ロケで見せた「背筋ピーン」の立ち姿

蓮佛美沙子をクリスマスに目撃していた

寒空の下の蓮佛美沙子をクリスマスに目撃していた

 インターネットサイト・ねとらぼが実施した「【30代以下が選ぶ】『最後まで目が離せない冬ドラマ』ランキング」で、見事1位に輝いたのが1月6日からスタートした『今夜すきやきだよ』(テレビ東京系)だ。

 女優・蓮佛美沙子(31)とトリンドル玲奈(31)がW主演を務めるこのドラマは、第26回手塚治虫文化賞を受賞した谷口菜津子氏の同名コミックが原作。蓮佛演じる家事が苦手で恋愛体質のキャリアウーマン「あいこ」と、トリンドル演じる家事は得意なものの、仕事には挫折感を持ち、恋愛感情を持つことができない絵本作家「ともこ」。正反対の2人の同居生活を通して、現代女性が日常で直面する「婚姻制度」や「ジェンダーロール」、「生きづらさ」など、様々な問題を美味しそうな料理とともに描き出す作品だ。

 なかでも、あいこを演じる蓮佛については〈料理を食べる姿が演技を超えてリアルに美味しそう!〉〈仕事はバリバリこなすのに、恋愛に対しては悩みを抱え、親友のともこに対して甘える姿が可愛すぎる〉と同年代の女性の共感と支持を得ているのだ。

 昨年クリスマスの18時過ぎ、女性たちから熱視線を集める同作品のロケ現場を本誌はキャッチしていた。居合わせた男性が当時の様子をこう語る。

「撮影は都内住宅地の薄暗い歩道で行なわれていました。蓮佛さんは20人ほどのスタッフに囲まれており、横断歩道の信号待ちをするシーンなどを撮影していました。

 当日、東京の最低気温は1.8℃と極寒。撮影の合間には、蓮佛さんは衣装のコートの上からグラウンドコートを着て暖をとっていましたが、それでも吐く息は白く、大変さが伝わってきました。それでも蓮佛さんは寒そうな素振りを見せることなく笑顔で撮影に臨んでいて、“役者魂”を見せられた気がします」

 立ち姿が美しく、背中が丸まりそうな寒さの中でもピシッと背筋を伸ばし、姿勢を崩すことがなかったという。

「クリスマスということもあり、休憩時間中にはトナカイの扮装をしたスタッフらしき男性がギャグを繰り出し、場を和ませていたのですが、蓮佛さんも一緒になって爆笑しながらスタッフを盛り上げていました」(同前)

 蓮佛といえば、高校在学中の15歳で初主演した映画『転校生―さよならあなた―』で第81回キネマ旬報ベスト・テン日本映画新人女優賞および第22回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

関連記事

トピックス

裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン