芸能

高畑充希「一般人は“危険”につき真似できない」オシャレ過ぎる巨大バッグコーデ

独特なコーデの高畑充希を目撃

独特なコーデの高畑充希を目撃

 やっぱり、本日も街中に紛れていても目立っている。すっかり春の訪れを感じさせる穏やかな陽気の下では、コートも不要。3月上旬の都内のとある繁華街で、1人散歩していたのは高畑充希(31才)だ。

 白のモコモコのケーブルニットと黒のタイトジーンズという、普段の高畑よりも少々シンプルな服装だったが、それは肩から下げるミントグリーンの巨大な高級バッグを目立たせるための、あえてのコーディネートだったか。

 あるファッション誌編集者は「個性的なデザインで知られる高級ブランドですが、中でも、このキルティング加工されたレザー製のバッグは人気のモデル。高畑さんが提げている色は、日本では手に入りにくいレアものじゃないかな。おそらく30万円以上しますね」と解説。

 たしかに、見た目にもボリュームがあり、身長は女性の平均と同じ158cmながらも、細身で小顔の高畑が提げると、その存在感は、なお一層に際立っている。

 ある芸能関係者は「ネットのニュース記事でも、しょっちゅう私服姿が報じられていますが、それも服装が個性的で人一倍に目立つがゆえ」と話す。たしかに、NEWSポストセブンで先月に報じた際には、上は紫で下は青とオレンジのツートンカラーという、一般人には絶対に着こなせないロングワンピース姿に、黒のゴージャスなムートンコートという、ハイレベルな私服姿だった。

 300万人以上ものフォロワーを抱える公式インスタグラムでは、「#不定期私服連載」のハッシュタグをつけて、さまざまなタイプの私服姿を公開している、オシャレ通。休暇が取れれば、すぐにロンドンやニューヨークにまで服を買いに行くためだけの一人旅をするほどだけに、いつどこで見られても抜かりのないファッショニスタだ。

「本業では、女優界きっての歌唱力と憑依型といわれる高い演技力で息の長い活躍を続けていらっしゃるが、その気分転換が、この大好きなオシャレ。そこにも、彼女のクリエイティブさやオリジナリティーが溢れているのは、まさに表現者の証しでしょう。一般の人が真似をしても似合わない、彼女だけのファッションが多いと思いますね」(前出・芸能関係者)

 1月からの主演舞台『宝飾時計』も終わり、4月からは俳優の田中圭(38才)とのダブル主演で連続ドラマ『unknown』(火曜21時、テレビ朝日系)がスタートする。大ヒットドラマ『おっさんずラブ』の制作陣が手掛ける期待作でも、息抜きをして万全の高畑が、また新たな活躍を見せてくれるに違いない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン