芸能

《WBC・大谷翔平》元女子バレーボール狩野舞子との“本当の関係”問い合わせに事務所が沈黙を貫く背景

大谷翔平と狩野舞子。“匂わせ”に終止符

大谷翔平(時事通信フォト)と狩野舞子(本人のSNSより)。“匂わせ”に終止符

 日の丸を背負った背番号16の躍動が止まらない。第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場中の大谷翔平(28)。ダルビッシュ有に三冠王・村上宗隆 が名を連ね、史上最強の「ドリームチーム」との呼び声も高い侍ジャパン。チームをけん引する大谷の姿に世界から熱い視線が注がれている。

 侍ジャパンは大谷の投打にわたる活躍で準々決勝に進出。グラウンドでファンを魅了する一方で、大谷はSNSでの発信も野球関連が主で、その私生活はベールに包まれている。

 2012年にドラフト1位でプロ入りして11年、これまでに熱愛相手として噂されたのが元女子バレーボール日本代表の狩野舞子(34)だった。だが、大谷とのツーショット写真も撮られたこともなく、双方の所属事務所からのコメントもないため、狩野のSNSや発言を深読みしたファンによって、二人には “交際説”が幾度となく繰り返され続けてきた。

2018年頃から関係性に注目

 2012年のロンドン五輪で、女子バレーにとって28年ぶりとなるメダル獲得に貢献した狩野。現役当時から美人アスリートとしてファンも多く、身長185cmでモデルのようなスタイルに「超美人」とネット上で話題となり、現在は解説者やコメンテーターとして活動している。狩野と大谷の関係に注目が集まったのは2018年頃だった。その年は大谷が北海道日本ハムファイターズからメジャーに渡り、狩野が惜しまれて引退した年でもあった。

「発端は、二人が左腕に同じブランドのブレスレットを着用していたそれぞれの写真をファンが発見したことでした。2018年7月には狩野さんが自分の誕生日にロサンゼルスのスタジアムで、大谷選手の出場した試合を観戦。そして狩野さんは食の専門的なサポートができるアスリートフードマイスターの資格を取得。

 SNSで『バドミントン始めました』と投稿すると、大谷選手の母親が実業団にも所属した元バドミントン選手だったことで、『母親へのアピールでは?』 と騒がれました」(スポーツ紙記者)

 身長193cmの大谷と185cmの狩野。大型カップル誕生なのか、それとも偶然の一致か。二人の交際を巡ってメディアも裏取りに動く事態に発展。2021年春には、週刊文春が交際の真相を聞くために岩手県に住む大谷選手の父親を直撃している。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン