芸能

高倉健さん、親密な関係だった養女がテレビ初登場へ「高倉の語り部として前進して参ります」

生涯で200本以上の映画に出演した

生涯で200本以上の映画に出演した

「不器用ですから」というCMのせりふを体現するかのように、無骨な魅力を貫いた名優・高倉健さん(享年83)。彼の死後、ベールに包まれていた「養女」の素顔がついにテレビで披露されるという。なぜ、いまなのか──その内幕に迫る。

「これまで顔出しをためらっていた彼女が、とうとうテレビで素顔を解禁するようです。カメラの前で何を語るのか注目されています」(NHK関係者)

 4月上旬に放送されるNHKのドキュメンタリー番組『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』にゲスト出演する予定なのは、俳優・高倉健さんの「養女」として世間を賑わせた小田貴月さん(59才)。これまで表舞台を避けてきた彼女がついに姿を現すという。

 数々の映画に主演し、日本を代表する俳優として愛された健さんが悪性リンパ腫で亡くなったのは2014年11月。そのおよそ2か月後に『週刊文春』(2015年1月1・8日号)で、健さんの養女として名乗り出たのが33才年下の小田さんだった。

「健さんは1959年2月に江利チエミさん(享年45)と結婚したものの江利さんが重度の妊娠中毒症を発症する不幸もあり、子宝に恵まれず、1971年に離婚。以降、生涯独身を貫き、孤高の人として知られました。それだけに健さんが亡くなって突然、小田さんが養女をカミングアウトしたことに周囲の人々は呆然としました。彼女の存在を知っていたのはごく一部で、健さんの側近ですら高倉家の家政婦と思っていたんです」(芸能関係者)

 1964年に東京で生まれた小田さんは一時期、芸能界に籍を置いたものの、世界のホテルを紹介するライターに転身し、テレビディレクターもこなした。健さんとの出会いは後述するが、ふたりの“交際”は秘密裏のものだった。

「表舞台には一切立たず、健さんの身の回りの世話に徹していた小田さんが、養女として正式に養子縁組されたのは2014年5月でした。健さん自ら『長年世話になった人に財産を残したい』と弁護士に相談して決めたそうです。健さんが病床に伏してからは、小田さんがたったひとりで看護を続けて最期を看取った。そんな彼女に対し、死の直前の健さんが『ありがとう』と感謝の言葉を告げたことも小田さん自身が明かしました」(前出・芸能関係者)

 孤高の名優が誰にも知られることなく一途に思い、晩年を共に過ごした年下女性── だが、献身的で美しいイメージは徐々に崩れていく。健さんの親族が続々と異を唱えたのだ。

「小田さんは福岡で暮らす健さんの妹や姪、甥に健さんが亡くなったことを知らせず、密葬に参加できなかった親族は戸惑いました。親族が『せめてお骨を分けてもらえないか』と頼んでも彼女は応じませんでした」(映画関係者)

 健さんの死からわずか2か月後、小田さんは健さんに関する権利を管理する「高倉プロモーション」の社長に就任する。

「その後、古参の専務や事務員を解雇してオフィスを自分の顧問弁護士事務所に移すと、健さんのグッズ販売など権利関係のビジネスを始めました。彼女は40億円以上ともいわれる遺産をすべて相続する一方で、健さんの愛車やクルーザーを次々に処分。江利さんとの思い出が残る東京・世田谷の住居を取り壊してピカピカの豪邸を建て、鎌倉霊園にある江利さんとの間の水子の墓を撤去して更地にしました。まるで健さんの生きた証をなくすかのような行動に、親族や高倉プロの関係者の中には不信感を抱く人もいました」(前出・映画関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン