スポーツ

【WBC記者座談会】知られざるべンチ裏 大谷はサイン攻めに苦笑い、投手陣に急増する“ダル信者”

ベンチ裏では意外な一面も?(時事通信フォト)

ベンチ裏では意外な一面も?(時事通信フォト)

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が、日本を熱狂の渦へと包み込んだ。驚異的な視聴率を記録したが、テレビ中継には映らない侍ジャパンの“ベンチ裏”の様子はどうなっているのか。今大会の表も裏も知り尽くした4人の現役記者がタブーなしで語り尽くす!【全3回の第1回】

大谷が苦笑いした瞬間

在阪スポーツ紙デスクA:いやあ、正直WBCが日本中を巻き込んでここまで盛り上がるとは思わなかったよ(笑)。

スポーツ紙記者B:やっぱりエンゼルス・大谷(翔平、28)の効果は絶大ですよね。メディアも周りの友人もみんな「オオタニサン」「オオタニサン」の大合唱です。チーム内でも代表メンバーに積極的に声をかけていて、速攻で溶け込んでいました。

スポーツ紙記者C:特に巨人・岡本(和真、26)とDeNA・牧(秀悟、24)のことを気に入っていますね。事あるごとに岡本のことをいじったり、牧のツーブロックの髪を撫でたりして遊んでいました。

 大谷は品行方正に見えて、実はいたずら好き。岡本と牧はチームで4番を打つ大黒柱ですが、癒し系のいじられキャラなので、相性がいいんだと思います。

スポーツ紙デスクD:大谷は日本ハムでプレーしていた時は、周りを引っ張るタイプじゃなかったんだよ。大将と呼ばれた中田翔(現巨人、33)がいたし、2015年の国際野球大会「プレミア12」でも先輩についていく感じの優等生タイプだった。2018年に海を渡ってメジャーで結果を出したことが自信となったんだろうな。日本ハムで一緒にプレーした選手たちが、大谷の“キャラ変”に驚いている(笑)。

在阪デスクA:大谷が出演する新CMがこのほど放送されて話題になっているけど、「コーセー」の美容液を愛用しているんだって? グローバル広告契約を結んでいるとはいえ、昔はオシャレに無頓着だったあの大谷がなぁ……。ほんとにキャラが変わったよな(笑)。でも、夜の繁華街とかには一切興味を示さず、野球一筋の姿勢は変わらないと聞く。

記者C:試合前の打撃練習では規格外の飛距離の柵越えを連発して話題になりましたが、エンゼルスの打撃練習ではあんなに強くスイングすることは、なかなかないですよね。相手チームも見ていますし、WBCというのを意識しているんだと思います。

記者B:ただ、大会関係者から「サインがほしい」という声があまりに多いらしく、苦笑いをしているという情報もあります。有名税というやつですね。ほかの選手も「もっと大会に集中したいだろうに」と同情しているそうです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン