芸能

中村倫也、水卜麻美アナと“禁断の生共演”もファンから反感ゼロ「お似合いすぎて納得するしかない」

“禁断の生共演”で何が語られるのか

“禁断の生共演”で何が語られるのか

 俳優の中村倫也(36)が3月27日、結婚を発表した妻・水卜麻美アナウンサー(35)が総合司会を務める朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)にサプライズで登場した。

 この日は水卜アナの結婚が特集されていたが、番組終了間際にスタジオに姿を見せ「(職場の)皆さんにごあいさつを……と来たのですが、気づいたらピンマイクを付けていました」と笑わせて水卜アナの隣に。水卜アナの好きなところを聞かれると「ちょっと手を広げてもらっていいですか?」と水卜アナにお願いし、「この、絶妙に短い腕が……」と笑顔。これに水卜アナは「もっといいこと言いなさいよ! 初めてのケンカだよ、これは!」と答えるなど、新婚ホヤホヤの夫婦円満ムードだった。

 3月25日の結婚発表以来、「中村倫也ロス」と言われる中村ファンの嘆きが相次いでいただけに、このツーショットにはさぞや悲しみの声が広がるかと思いきや、SNS上の反応は違った。ツイッターにはファンからと思われる「あんなお似合いで幸せな姿を見せられたら、納得するしかない」という声が広がったのだ。

〈ほんとに結婚したんだね もやついてたけども… ツーショットみたらなんか納得した。 目で見ると納得するんだなぁ~お似合いだった…〉

〈2人のあんな姿みたら、応援するしかない あの場面で納得させる倫也くんすごいし、週末の発表で週明けの妻の職場に挨拶に来るとか出来た夫だよ〉

〈きっと倫也さんは一緒にいれることが楽しくてしょうがないんだろうなぁってのが伝わってくる〉

 ベテラン芸能ライターは、今回の中村の出演は「ファンに理解してもらうために最適な手だった」と評価する。

「女性ファンが多い俳優の場合、普通は結婚発表に合わせてコメントとツーショット写真を公開する程度で、結婚について語ったり、まして生で共演するなどほとんど例がない。しかし、この2人の場合、容姿以上に人柄でファンになった方が多いので、お互いの幸せそうな姿を見せることが、一番双方のファンが納得する形になると考えたのではないでしょうか。そして、それは見事に成功したと言っていいでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン