芸能

名古屋のテレビ局の女性アナウンサー名鑑「水の天使」「ゲテモノ食い」「演歌歌手」…クセ強な素顔

名古屋にも個性的な女性アナが(写真は望木聡子アナ)

名古屋にも個性的な女性アナが(写真は望木聡子アナ)

 テレビ界で、時に芸能人以上の輝きを放つ女性アナウンサーたち。東京の放送局のアナは人気者揃いだが、名古屋のテレビ局にも個性的な人材が集まっている。たとえば、中京テレビの阿部芳美アナ(27)は、夫でサッカー選手の森勇人との馴れ初めが興味深い。

「合コンで出会い、阿部アナが猛プッシュ。ババ抜きしている時、不意に目が合って恋に落ちたそう」(中京テレビ関係者)

 今や全国区で人気の『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』の3代目アシスタントを務める彼女は、少年野球チームの立ち上げに関わり、チーム運営やマネージャーも務めているとか。

 この他の名古屋の各テレビ局の女性アナウンサーのエピソードも紹介しよう。(入社年/出身地/出身大学/担当番組)

【名古屋テレビ】
●望木聡子アナ(31)
2014年/三重県/青山学院大学/メ~テレ60周年記念アンバサダー
 ストレスがたまると一人カラオケに行き、演歌を熱唱。料理が苦手で、家で作った生姜焼きが不味すぎた。「極度の運動音痴でもある」(女子アナ評論家の丸山大次郎氏)

●南雲穂波アナ(28)
2019年/東京都/東京大学/『ドデスカ!!』など
 中学は陶芸部。高校は宇宙研究部と軽音部に所属。学生時代に二級建築士、気象予報士試験に合格した才媛。

【東海テレビ】
●柴田美奈アナ(27)
2018年/愛知県/白百合女子大学/『スイッチ!』『ドラHOT+』など
 幼少期からクラシックバレエを習っていた。学生時代にミス日本コンテストの「水の天使」を受賞。

●森夏美アナ(29)
2016年/岐阜県/成蹊大学/『タイチサン!』『千原ジュニアのヘベレケ』など
 高校時代は放送部に所属し、NHK杯全国高校放送コンテストに出場。キャンプ系のYouTube動画でマムシをから揚げにして食べた。

●速水里彩アナ(31)
2017年/愛知県/金城学院大学/『スイッチ!』『SKE48とちょっとそこまで』など
 DIYが好きで、YouTubeではDIY番組をアップしている。ミーハーで流行りものに片っ端から手を出す。

【中京テレビ】
●望月杏夏アナ(30)
2015年/静岡県/立命館大学/『キャッチ!』『ぐっと』など
 小中学校はサッカー部、高校時代はハンドボール部に所属。昨年は愛知県の中村警察署の一日署長も務めた。

●平山雅アナ(32)
2014年/千葉県/立教大学/『キャッチ!』『ストライク!』など
 学生時代は放送研究会に所属。2022年にトヨタ自動車所属の陸上競技選手、服部勇馬と結婚。2014年には写真集を出した。

【CBCテレビ】
●加藤由香アナ(48)
1997年/福島県/中央大学/『北野誠のズバリサタデー』など
 筋トレが趣味で腹筋がバキバキに割れていたことも。運転免許は教習所に通わず取得した。1997年に演歌のCDをリリース。

●斉藤初音アナ(27)
2020年/大阪府/慶應義塾大学/『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』『チャント!』など
 学生時代にAbemaTV学生キャスターを務め、『non-no』の読者モデルとしても活動。料理が大の苦手。

写真/各テレビ局ホームページより

※週刊ポスト2023年4月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン