スポーツ

「球史で最悪の投手」とまで酷評された藤浪晋太郎 OBも呆れた“人の意見を聞かない男”が立ち直る唯一の方法

アスレチックスへの移籍が決まった藤浪晋太郎(時事通信フォト)

アスレチックス移籍も火だるまが続く藤浪晋太郎(時事通信フォト)

 アメリカに行けば何かが変わるかも──そんな淡い期待は1か月も経たずに打ち砕かれた。昨年限りで阪神を退団してアスレチックスに移籍した藤浪晋太郎(29才)が、デビュー戦から4試合連続で火だるまに。日米双方で酷評されている。

 藤浪は2012年、甲子園春夏連覇の実績を引っさげ、ドラフト1位で阪神に入団。プロ入り後もすぐに活躍したが、栄光は長くは続かなかった。1年目に10勝を上げて新人王を獲得し、2年目は11勝、3年目は14勝と、順調に勝ち星を積み上げたが、4年目以降は制球難に苦しみ、四死球や暴投で試合をぶち壊すことの繰り返し。一時は1億7000万円(推定)まで上がった年俸も4900万円まで下がっていた。

「藤浪が当初から指摘されていたのは、ストレートがシュート回転する癖。ストライクゾーンに行けば問題ありませんが、すっぽ抜けて右打者の頭付近に行ったり、キャッチャーが取れないようなボールを投げるようでは試合になりません。右打者は危なくて仕方ないので、藤浪が投げる時は、相手チームは左打者をずらりと並べるのがセオリーでした」(スポーツ担当記者)

 それでもアスレチックスは藤浪の潜在能力を信じ、日本最終年の10倍近い4億円超で契約を結んだが、デビュー戦では2回1/3で8点取られると、2戦目以降もボロボロで、4試合で自責点は24。四死球も15イニングで15個と惨憺たる有様で、直近の試合では死球を与えて乱闘寸前になるなど、何一つ良いところはない。

「藤浪はスペックだけを見れば魅力的。まだ20代ですし、2m近い身長から160kmを超える速球を投げ、スライダーのキレも抜群です。ダルビッシュ有や大谷翔平らの活躍で、日本人投手の評価は上がっており、現地では“同級生の大谷より投手としての能力は上”という売り文句も飛び交って、好条件での契約となりました。アスレチックスは人気がなく、本拠地の移転計画が進んでいて、チームは再建中。話題性も狙いの1つだったでしょう」(同上)

 しかし、4戦連続でコテンパンに打ち込まれ、現地では「球史で最悪の先発投手」「火炎放射器」と、評価はボロクソ。アスレチックスのコッツェイ監督は、藤浪を中継ぎに回すことを明言した。

「やっぱり藤浪は藤浪」という声

 この体たらくに、阪神ファンもすっかり呆れた様子だ。熱烈な阪神ファンのスポーツライターはいう。

「藤浪は地元出身で、人気も注目度もピカイチ。最速162kmの速球のインパクトは絶大で、阪神ファンの誰もが『ストライクさえ入れば……』『いつか復活するはず』と、再起を信じてきました。そんな彼がチームを捨ててアメリカに渡ることになり、阪神ファンは落胆しましたが、『環境が変われば活躍できるかも』と快く送り出したのに……やっぱり藤浪は藤浪でしたね。

 ストライクが入らず四球でランナーが溜まり、ストライクを取りに行って打たれるのは阪神時代とまるで同じ。アスレチックスが約4億円で契約したと聞いた時は、貴重な宝を手放してしまったかと思いましたが、今の惨状を見ると、“こうなることは分かっていた”としか言いようがありません」(スポーツライター)

 ネットを見ても、

「わかってて獲ったんじゃないのか」
「阪神ファンとしては『知ってた』としか」
「日本と同じこと繰り返してるのね」
「環境を変えても、どうにもならないこともあるのやね」

と、手厳しい声が多い。シーズンは始まったばかりだが、藤浪が立ち直るにはどうすれば良いのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン