スポーツ

【ルール違反】WBCサポートメンバー・ロッテ岡大海「降車場からタクシー乗車」の背景に過激ファンのサイン要求か

岡大海と山口航輝を目撃

降車場で岡大海選手と山口航輝選手を目撃

 ロッテの「サヨナラ男」として知れる岡大海外野手(31)。準レギュラーながらナイターで奇跡を起こす一打をロッテファンは「ヒロミナイト」と呼ぶ。外野守備でもたびたびファインプレーを見せ、侍ジャパンでのサポートメンバーとして選ばれた。今シーズンもGW中の試合で、強風の中でのスーパーダイビングキャッチによりチームを救うなどの活躍を見せ、SNSで称賛のコメントが寄せられた。

 そんなチームの“顔”が東京駅の八重洲口近くにあるタクシー降車場からタクシーに乗り込む姿が目撃されていたことが分かった。居合わせた男性はこう話す。

「開幕前の3月26日の夜のことでした。そのタクシー降車場には、『タクシー降車専用 一般車のご利用はできません タクシー乗車できません』と大きく書かれた看板があるのですが、大きな荷物を持った岡大海選手は看板を横目に、我関せずといった様子でその降車場からタクシーに乗り込んでいた。それをロッテの後輩の山口航輝選手が手を振って見送っていました。

 山口選手はこの降車場から乗らず、大通りまで移動して流しのタクシーをつかまえていました。他にもロッテの選手がいて、昨シーズン中にヤクルトから移籍してきた坂本光士郎選手たちはタクシー乗り場に並んでいました」

 この日、ロッテナインはオープン戦の最終ゲームとなった名古屋での中日戦を終えて新幹線で帰京。東京駅に着いた彼らが各々タクシーに乗り込もうとするなかで起きた出来事だった。

 この八重洲口のタクシー降車場では、以前もプロ野球選手に関して騒ぎになったことがある。2018年、元阪神の藤川球児氏ら6選手が東京駅からタクシーに乗車する際、この降車場から無理に乗車したとツイッターで呟かれて騒動になったのだ。特に最近では、新型コロナが落ち着いたことや観光客の増加などから、八重洲口のタクシー乗り場では行列ができる傾向にある。それを避けたのだろうか。

 ロッテ球団に今回の件について聞くと、以下のように回答が寄せられた。

「降車場から(岡が)タクシーに乗ったのは事実です。本人は降車場から乗り込んだことはこれまでになかったと言っています。(3月26日は)タクシーが(降車場に)止まっていたため、運転手に乗っていいかと確認し、乗り込んでしまったとのことです。誠に申し訳ございませんでした」(広報部)

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン