ライフ

元気で長生きするために チェックしておくべき「心臓によくない生活習慣」15項目

「血管年齢」30代をキープしている池谷敏郎医師が解説

「血管年齢」30代をキープしている池谷敏郎医師が解説

「人生100年時代」は、いかに「元気で長生きできるか」が焦点となる。「健康寿命」を左右する要素は数多くあるが、なかでも重要なのが「心臓」の健康だ。心疾患は、長くがんに次いで日本人の死因2位になっている。

 健康維持に「100年もつ心臓=100年心臓」が大事になると説くのが、「血管の専門医」で『60歳を過ぎても血管年齢30歳の名医が教える「100年心臓」のつくり方』(東洋経済新報社)の著者・池谷敏郎医師(池谷医院院長)だ。

「100歳まで元気に生きるには、“血管をしなやかに開く”ことです。血管を通じて酸素や栄養の供給を受ける全身の臓器はもちろん、血液を送り出す心臓自体も冠動脈によって養われているのです。また、血管がしなやかに開くことは血流の抵抗を減らし、“ポンプ”として働く心臓の負荷も減らします」(以下、「 」のコメントは池谷医師)

 心筋梗塞や狭心症、心不全といった「心臓のトラブル」を回避するためにも、「血管力の向上」「血管年齢の若返り」を目指す意義は大きいのだ。

 池谷医師は61歳になるが、「血管年齢」は30代をキープしている。学生時代は体育会系だったが、徐々に太り始め、30代では立派な「メタボ体型」になったという。

「自分がメタボと気づいた36歳で血管年齢を測ったら、45歳と実際より高齢化していました。メタボは動脈硬化の最大の危険因子なので、そこから血管年齢の若返りを意識し始めたのです」

 効率や栄養バランスを考慮したダイエットに加え、適度な運動を実践したところ、池谷医師は40代以降、適正体重を維持している。

「血管年齢は、血管の拍動を検査することにより血管の“硬さ”が何歳に相当するか推定したものです。樹齢100年の桜の木が花を咲かすように、加齢に伴って動脈硬化が進んでも、悪しき生活習慣を正して末端の血管をしなやかに開けば、血管年齢を若く保つことができます。私自身、生活習慣の改善で実年齢より若くなり、直近の計測でも30代でした」

 コロナ禍を経て「過食」「運動不足」となるケースが増え、高血圧や糖尿病など「動脈硬化の危険因子」が身近になった。

「今こそ動脈硬化を防いで、心臓の負担を減らすべき時だ」と池谷医師は言う。では、具体的にどうすればいいのか。

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト