美しさと見事なスタイルで10代から大活躍した吉川(写真は1999年のIZAMとの結婚会見)

美しさと見事なスタイルで10代から大活躍した吉川(写真は1999年のIZAMとの結婚会見)

「そのまま死になさい」

 宗教二世とは、特定の宗教を信仰する親を持つ子供のことである。親を選べない子供は親の信仰から逃れられず、宗教の教義に従って、幼い頃から肉体的・精神的な負担を強いられることがある。

 昨年7月、安倍晋三元首相を射殺した山上徹也容疑者が旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の宗教二世であったことで注目度が増した。ひなのの母親が信仰する宗教もこれまで多くの宗教二世が被害を訴えてきた。

「この宗教団体は輸血を禁止し、信者の親が子供をムチで打つことで知られます。ほかにもスポーツ競技や運動会などの応援に参加できなかったり、大学進学や就労を制限される、結婚前の性交渉が禁止される、独身が奨励されるといった実害を二世たちが訴えています」(社会部記者)

 ひなのも子供の頃に数多くの被害を受けたという。

「誕生日を祝ってもらえなかっただけでなく、クリスマス会やお正月の儀式もできなかったと聞いたことがあります。競ったりすることも禁じられていて学校の運動会も不参加。校歌を歌うことも禁止で、小学校低学年の頃、『こいつはいつも校歌を歌わない』と同級生の男の子にいじめられたこともあるそうです」(前出・ひなのの知人)

 肉体的な苦痛を受けることも少なくなかった。

「幼い頃お母さんにパンツを脱がされ、お尻を革のベルトで叩かれたと語っていました。きょうだいが髪の毛をつかまれて水のシャワーを頭からかけられたり、階段の上から掃除機を投げつけられたこともあったそうです。

 当初は自分の被害妄想でお母さんがそんなことをしたわけがないと思い込んでいたようですが、カウンセラーやきょうだいと話し合ううち、誰よりも近いのに、誰よりも遠い存在だったお母さんの記憶が蘇り、過去に受けたさまざまな行為が思い起こされていったと言います」(前出・ひなのの知人)

 数々の行為のなかでも衝撃的なのが、「輸血拒否」をめぐる顛末だ。

「小学生の頃、ひなのさんが胸に付けていた名札の裏には『輸血はしないでください』と書かれていました。『事故などで輸血をしないといけない場合、そのまま死になさい』とお母さんに教えられていた彼女は、通学路を横切る車に恐怖を感じ、“どうか私を轢かないでください”と幼心に願っていたそうです。

 ところが、当のお母さんは亡くなる数日前に集中治療室で貧血を起こした際、医師のすすめに従ってあっさりと輸血を選択したそうです。あまりに理不尽で処理しきれない思いも、著書にはあますことなく書いたと聞きました。今回、本を書くために、虐待の後遺症とも向き合いながら、かなり覚悟を決めて取り組んだそうです。

 世の中に宗教二世の情報が多く出回るようになり、この問題をより深く知ろうと勉強するようになったこともきっかけになったみたいです。お母さんの言動には理解できない面があったとした上で、それでもお母さんを愛しているからこそ、パンドラの箱を開けたんだと思います」(前出・ひなのの知人)

 5月中旬に更新したインスタグラムにひなのはこう綴った。

《自分でもどうしたらいいのか、どう思えばいいのかわからなくて、隠すことしかできなかった過去。でも少しずつ乗り越えることができて、ありのままの自分を受け入れたいと思うようになった》

 いま母親との35年に及ぶ恩讐を乗り越え、彼女は自らの過去に向き合っている。

※女性セブン2023年6月8日号

6月8日発売の新著。『Dear ママ』(幻冬舎刊)1500円+税

6月8日発売の新著。『Dear ママ』(幻冬舎刊)1500円+税

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン