ライフ

クーラーが体をむしばむ時 冷えすぎで心筋梗塞や脳梗塞、外気との気温差で自律神経が乱れることも

(写真/PIXTA)

冷房なしではいられない暑さが続いているが、体の不調だけでなく死を招くケースも(写真/PIXTA)

 殺人的な猛暑の影響で熱中症による救急搬送が相次ぐなか、強い味方であり救世主になってくれるはずのクーラーが体をむしばむケースがある。愛知県在住のSさん(55才)の母親が亡くなったのは、気温がグッと上がった今年6月のことだった。

「母は母屋に、私たち一家は離れに住んで、敷地内別居のような形で暮らしていました。3日ほど母を残して家族で家を空けることになり、戻ってすぐに母屋に顔を出したら母が冷たくなっていたんです。

 クーラーがつけっぱなしになっていたので、熱中症ではなかった。ただ、医師から“脱水症状です”と言われたのには驚きました。熱中症が怖いからケチケチしないでクーラーを使ってと口酸っぱく言ってきたことが、まさか仇となるなんて……」

 Sさんは絶句するが、イシハラクリニック副院長の石原新菜さんによれば、クーラーが原因で脱水症状になることは充分に考えられるという。

「クーラーから出る冷たい風は、水分が少ない乾燥した空気です。つけっぱなしにしていると無意識のうちに脱水症状を引き起こす可能性がある。特に高齢者は水分摂取を怠ってしまうことが多いので注意が必要です」(石原さん)

 クーラーが死の引き金になる要素は脱水症状だけではない。石原さんが続ける。

「特に危険なのは長時間クーラーの風に当たることで生じる体の“冷えすぎ”です。ある一定の温度まで冷えると、体はそれ以上体温を奪われないように血管を収縮させます。しかし急激な血圧変動は血流を悪化させ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす場合もある。冬でいうヒートショックの逆バージョンです」

 夫がクーラーの設定温度を低くしたことが原因で体調不良に陥ったのは、都内在住のAさん(54才)。昨年夏の出来事を悔しそうに振り返る。

「春に定年退職した夫が、家で一日中クーラーをつけっぱなしにしていました。夫は極度の暑がりで、設定温度は20〜22℃。長袖のシャツを羽織ったり、靴下を履いたりしても、寒くて寒くてたまらない。買い物などの用事で時折外出していましたが、外と家との温度差で体温調節がうまくいかず、猛暑のなかで鳥肌が立ったり、キンキンに冷えた部屋にいるのに汗がにじんだりするようになりました。

 そのうちに片頭痛や肩こり、不眠にも悩まされるようになったため病院を受診したところ、自律神経失調症だと言われました。“クーラーの使いすぎ”という医師の言葉も夫に伝えましたが、夫は“更年期障害なんじゃないの?”と言って気に留めず、設定温度を下げてくれませんでした」

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
有働由美子と膳場貴子
【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン