芸能

【元日テレアナ座談会】過酷な『24時間テレビ』の舞台裏 本番後の打ち上げの司会をやり、そのまま翌朝『ズームイン!!』

とにかく時間との闘いだったと『24時間テレビ』を振り返る松本志のぶアナ

とにかく時間との闘いだったと『24時間テレビ』を振り返る松本志のぶアナ

 1980~1990年代のテレビ黄金期を支えた日本テレビのレジェンドアナ3人(永井美奈子、松本志のぶ、馬場典子)が再会。それぞれが経験した『24時間テレビ』での仕事内容について語り合った。(司会・構成/放送作家・山田美保子)【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
──徳光和夫さんと一緒のお仕事といえば、みなさん、『24時間テレビ 愛は地球を救う』も担当されていましたよね?

馬場:私は総合司会はやっていなくてマラソン担当が多かったんですが、ゴール実況は徳光さんにバトンタッチしました。担当としては何か月も前からランナーの方と一緒に走っていました。皆さんの気持ちがわかるまで走れたどうかはわからないですけれど、自分が汗をかかないでマイクは向けられないし、向けてはいけないと思うので。富士山登山とか遠泳を担当するアナウンサーもみんな同じように汗をかいていたと思います。

松本:だから私が総合司会をしていたときの一つのテーマとして、現場に出ているアナウンサーの名前を必ず言うようにしていました。あとは、とにかくこの番組も時間との闘いでしたね。始まってすぐフロアディレクターが鬼の形相で「巻いてください」と(苦笑)。深夜から朝6時までは出番がないので一応ホテルをとってもらってはいるんですが、顔を洗ってシャワーを浴びて、横になろうとしても結局番組が気になって部屋のテレビを見てしまって。そのまま武道館に行ってメイクするという。

永井:終了後、武道館内のレストランで打ち上げがあるんですが、そこでの司会も私たちです。

馬場:1時間眠れたかどうかで翌朝『ズームイン!!』の中継に行っていました。当然ですが、翌日にはいつもの日常が待っているんですよね。

永井:いまは労働基準法が厳しいので、ちゃんと休ませてもらえるみたいですが、私たちのときはなかった。徳光さんもシフト的にはお休みの時間を確保してあるのですが、休まない! 必ずどこかのスタジオにいらして。バスの中で居眠りしている番組(テレビ朝日系『路線バスで寄り道の旅』)とは大違い(笑)。

松本:ただ『24時間テレビ』は非常に大きな番組で、ものすごい数のスタッフの皆さんがすべてを整えてくださっている。武道館担当になるとそれがよくわかるので背筋が伸びますね。いまは『24時間テレビ』の翌朝、『ZIP!』を3時間も担当するミトちゃん(水卜麻美アナ)を尊敬する立場です。

永井:アナウンサーって、あらゆる方向から撮られているので疲れていたり気を抜いていたりすると、それが表に出てしまうんです。でも彼女はそれがない。

第4回に続く第1回から読む

【プロフィール】
永井美奈子(ながい・みなこ)/1965年生まれ、東京都出身。1988年に日本テレビ入社。『マジカル頭脳パワー!!』2代目司会、『24時間テレビ』総合司会など多数の番組に出演。現在はフリーアナウンサーとして活動するほか、クラシック音楽のフェスティバル「音夏(おんなつ)」のプロデュース。成城大学非常勤講師、日テレ学院講師を務める。

松本志のぶ(まつもと・しのぶ)/1969年生まれ、静岡県出身。1992年に日本テレビ入社。『24時間テレビ』総合司会、『行列のできる法律相談所』、『ズームイン!!朝!』、五輪現地キャスターなどを担当。現在はフリーアナウンサーとして活躍するほか、クラッシックコンサートの司会、絵本の朗読劇にも出演。報知映画賞の選考委員、洗足学園音楽大学客員教授を務める。

馬場典子(ばば・のりこ)/1974年生まれ、東京都出身。1997年に日本テレビに入社。『ZIP!』『ザ!世界が仰天ニュース』、『キユーピー3分クッキング』など情報からバラエティまで数多くの番組を担当。現在はフリーアナウンサーとして活躍し、『あさイチ』(NHK)、『歌謡プレミアム』(BS日テレ)などに出演中。大阪芸術大学放送学科教授を務める。

※週刊ポスト2023年9月1日号

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン