国内

【住職練炭殺人】逮捕のメモリアルディレクター女が事件当日の朝にSNS投稿した「優雅な寺カフェ朝飯」

青木淳子容疑者(鵠祥堂HPより、現在は削除済、画像は一部加工しています)

青木淳子容疑者(鵠祥堂HPより、現在は削除済、画像は一部加工しています)

 霊園・墓地を開発する株式会社「鵠祥堂」代表取締役の齋藤竜太容疑者(50)と役員の青木淳子容疑者(63)が今年7月、足立区の寺院の地下納骨堂内で練炭を燃やし、住職の男性(当時70)を一酸化炭素中毒で死亡させたとして、10月7日に逮捕された。

「鵠祥堂は寺院近くの霊園の開発に関わり、その販売などに関する契約を2020年3月に締結していました。その後、墓石の販売対象を仏教に限定したかった寺院の住職と、他の宗教にも拡大しようとした鵠祥堂で意見が対立し、トラブルに発展したということです。

 事件は、7月22日深夜11時頃、齋藤容疑者と青木容疑者が寺に不法侵入。火がついた練炭28個を地下納骨堂に持ち込んだ。翌朝、納骨堂に入った住職は、そのまま意識を失い死亡しました。寺院敷地内の焼却炉にはガソリンの入ったペットボトルが数十本入れられており、ふたりは強い殺意を持って犯行に及んだとみられている」(全国紙社会部記者)

「鵠祥堂」は2013年に創業。画期的とされるステンドグラスを使った墓石を扱い、業界では「第一人者」とされていた。代表取締役である齋藤容疑者の自宅が会社の住所となっているが、周辺は閑静な住宅街で、近隣住民によると齋藤容疑者は「無口で動物好きな人」として知られていたという。

「齋藤さんは以前、『まめちゃん』というとても可愛い犬を飼っていて、散歩の時間になると皆がまめちゃんを撫でていました。齋藤さんはまめちゃんにリードもつけず散歩をしていた。近隣の住民と特に会話を交わすことはないのですが、まめちゃんに対しては『撫でてもらえてよかったね』と語りかけていました。まめちゃんが死んでしまってからはうさぎを飼っていたようでした」(近隣住民)

 自宅には鵠祥堂の社員が集まることもあったという。

「家の前の駐車スペースで男女社員5~6人が集まって、バーベキューをしていた。いい匂いが前の通りに充満していましたよ。おうちには若くてお綺麗な奥様がいて、お子様はいらっしゃらないと思います」(別の近隣住民)

 同社役員の青木淳子容疑者は、東京都練馬区に在住。同社では「メモリアルディレクター」として公式サイトでも顔を出していた(現在は削除)。住職を殺害した7月22日の朝、青木容疑者は自身のSNSで、優雅な朝食の写真を上げていた。

「中央区にある築地本願寺のカフェで優雅に食事したことを、絵文字付きで投稿していた。このカフェの朝食は全て手作りで、1か月前でも予約がとれない盛況ぶり。青木容疑者は2200円のコースを注文していましたが、平日でも行列ができるほど有名なお店なんです。

 鵠祥堂は築地本願寺とも商談をすることがあり、このカフェには青木容疑者も齋藤容疑者も度々訪れていたそうです。とはいえ、犯行当日の朝に写真を投稿するとは……」(寺院関係者)

 警察は二人の容疑者と住職とのトラブルの詳細について、捜査を進めている。

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン