スポーツ

【貴景勝、3度目の綱取り】ハードルを下げると「短命に終わる」の厳しい指摘 求められるのは“全勝優勝”か

期待を背負いながら短命横綱に終わった稀勢の里(時事通信フォト)

期待を背負いながら短命横綱に終わった稀勢の里(時事通信フォト)

 9月場所で優勝した大関・貴景勝が、11月場所で綱取りに挑む。稀勢の里(現・二所ノ関親方)以来となる日本出身横綱の誕生が期待されるが、大相撲を長く愛してきたファンや重鎮からは厳しい注文が飛んでいる。一方では相撲協会の思惑もあって……。【前後編の後編。前編から読む

 痛烈な批判の数々は、貴景勝を思ってのものでもあるはずだ。貴景勝が綱取りを果たせば、稀勢の里が2019年1月に引退して以来の日本出身横綱の誕生となる。しかし、「綱取り前後の稀勢の里が置かれた状況と重なることが、むしろ心配でならない」とするのは若手親方のひとりだ。

 2016年11月場所で稀勢の里は当時のモンゴル出身3横綱(白鵬、日馬富士、鶴竜)を破ったものの、優勝した鶴竜に星2つの差をつけられた12勝3敗での準優勝だった。ところが、翌2017年1月場所では“優勝すれば19年ぶりの日本出身横綱が誕生だ”と盛り上がり、番付発表前から前売り券が完売する大騒ぎに。本場所では2横綱の途中休場もあって稀勢の里が14勝1敗で優勝し、「2場所連続優勝に準ずる」という“甘い評価”で横綱昇進が決まった。

「しかし、モンゴル勢に狙い撃ちにされるようなかたちになり、稀勢の里は翌3月場所の日馬富士との一番で左肩を負傷。その場所こそ奇跡の優勝を果たすも、それ以降は休場ばかりになった。代名詞でもあった左からの強烈なおっつけは見られなくなり、人気は沸騰したのに短命に終わった。昇進のハードルを下げても、いいことはない」(前出・若手親方)

 平成以降、横綱に昇進した力士は、昇進直前2場所で26勝以上の勝ち星を挙げている。“ハードルが下げられた”といわれる稀勢の里でも「12勝+14勝=26勝」には到達していた。先場所が11勝での優勝となった貴景勝がその水準に達するには、15日間を「全勝」する以外にない。相撲取材歴70年の元NHKアナウンサー・杉山邦博氏は「今場所の貴景勝については、全勝優勝の場合に限って横綱昇進を議論されてもいいと思います」と話した。

「大関や横綱は、会社でいえば重役です。それが若者の初めての挑戦を受ける一番だというのに、姑息な手段で自らの地位を守っただけでなく、それにより番付を高めようなどというのは、大相撲のあるべき精神からはおよそ外れている。

 もちろん、貴景勝がケガを抱えるなどして何度もカド番に立たされながら、本場所に出場して大関の責任を果たしてきたことについては評価しています。先場所、優勝できたのもよかったと思いますが、昇進を議論するレベルの勝ち方ではありませんでした。1400年の歴史を受け継いできている大相撲の横綱になるというのは、“2場所連続優勝かそれに準ずる成績ならいい”といった、数字合わせのような話ではないと思います」

関連記事

トピックス

東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
ゴールラインを割りそうなボールに走り込む三笘薫(右手前)。ゴール後のビデオ判定は「三笘の1ミリ」と呼ばれる(時事通信フォト)
「三笘の1ミリ」「マラドーナの神の手ゴール」は“ビデオ判定の有無”が生んだ? それでもサッカー審判が「機械だけには任せられない」理由
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
問題となった「ほぼ裸」ポスターを貼る、モデルの桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン