ライフ

《HPとMPが限界を迎えた》「食中毒マフィン」騒動の店主が口を開いた「ご迷惑をおかけして…」発表された回収率は0%、背景にキャパオーバー

(SNSより)

東京・目黒の焼き菓子店「Honey×Honey xoxo (ハニーハニーキス)」の店主とマフィン(SNSより)

 東京・目黒の焼き菓子店「Honey×Honey xoxo (ハニーハニーキス)」が販売したマフィンが、食品衛生法違反のおそれがあるなどとして「食品リコール」の回収対象になった。同店は、11月11・12日に東京ビッグサイトで開催されたアートイベント「デザインフェスタvol.58(以下、デザフェス)」に出店し、食品を販売していた。しかし、購入者から〈納豆のような匂いがして、糸が引く〉や〈食べて具合が悪くなった〉といった報告がSNS上で相次ぎ、〈食中毒マフィン〉と呼ばれ炎上する騒動となった。

 厚労省の公式ホームページは11月16日、「デザフェス」開催中の2日間で販売された「栗マフィン」など9種類のマフィン約3000個を回収対象とすることを発表。腹痛、嘔吐、下痢といった健康被害が発生しているとして、健康への危険性の程度を「CLASS I」と認定した。クラスには3段階あり、この「I」はボツリヌス毒素に汚染された容器包装詰食品、有毒魚(魚種不明フグ、シガテラ魚等)、有毒植物(スイセン、毒キノコ等)なども分類され、一番危険度の高いクラスとされている。

 同日、「Honey×Honey xoxo」のInstagramアカウントも更新された。〈この度は、当店製マフィンのことで大変ご迷惑をおかけしました、深くお詫びを申し上げます〉と謝罪するとともに、「発払い」で回収を進める理由について、〈11月15日早朝に私の名前を語った殺人予告文が複数の教育機関に送られていたため、警察へ相談に行きました。この状態で着払いにしてしまうと、いたずら等が増え、ご購入のお客様への返金対応に支障をきたしてしまうため、本来は着払いでお受けしなくてはいけないところ発払いでお願いしております〉と説明している。

手応えを感じていた店主

「Honey×Honey xoxo」は、2017年2月オープン。店のInstagramアカウントでは、〈防腐剤、添加物不使用で市販の焼き菓子の半分以下のお砂糖の量で作っており、離乳食完了期のお子様より安心してお召し上がりいただけます〉と“自然派”をアピールしている。店主であるA子さんの知人が語る。

「もともとはお客さんのリクエストで、マクロビ系のメニューを提供するようになったそうです。A子さんも手応えを感じたのか、野菜のクッキー、豆乳を使ったマフィン、米粉のワッフルといった自然派っぽいメニューがどんどん増えていきました。『アレルギー対応食アドバイザーと上級食育アドバイザーの資格を持っている』と話していたのを覚えています」(店主の知人)

 A子さんのワンオペで店を切り盛りしていたという。

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン