芸能

『ブギウギ』撮影秘話 母親ツヤ役・水川あさみ、別れのシーンで号泣する趣里を前に涙こらえられず“台本無視”

趣里よりも水川の方が、古い関西弁に苦戦したという

趣里よりも水川の方が、古い関西弁に苦戦したという

 上下黒のゆったりとしたセットアップに映えるヒョウ柄のスニーカーが、彼女の“強さ”を際立たせていた。11月中旬の夜、都内で舞台『リムジン』の出演を終え、家路を急ぐ水川あさみ(40才)の姿があった。コロナ禍で延期され、3年越しにようやく上演が叶った舞台だった。

「水川さんが舞台に立つのはなんと8年ぶりになります。稽古の段階からずいぶん充実していたようで、“役の神経がつながっていく感覚は何事にも代え難い”と手応えを口にしていました」(舞台関係者)

 そんな水川が視聴者の涙を誘ったのが、NHK連続テレビ小説『ブギウギ』の11月23日放送回。趣里(33才)演じるヒロイン・スズ子の母で、水川が演じたツヤが亡くなるシーンだ。

「母と娘という設定ながら、趣里さんとの実年齢はわずか7才差。しかも、ツヤとスズ子は血がつながっていないんです。難しい役どころでしたが、水川さんの演技は終始、圧巻でした」(テレビ局関係者)

 ツヤとの別れを収録する際、趣里はリハーサルの段階から泣いていたという。

「台本上では、水川さんは、最後の最後までツヤらしく、気丈に明るく演じきる予定だったそうです。それでも、号泣する“娘”を前に、水川さんも涙をこらえることができなかった。結果として、台本を“無視”せざるを得なかったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 ある視聴者は早速「ツヤさんロス」に陥っているという。

「最期のシーンで、娘を励ますように優しく笑みをたたえ、静かに涙を流すツヤさんの姿を見て嗚咽が止まりませんでした。病床に伏している水川さんの肌の透明感が、儚さを加速させていて……」

 水川はかねて「自分の体は食べたものでできている」という意識を強く持っており、人一倍食生活に気を使ってきた。近年、特に夢中になっているのが「発酵食」。3年ほど前に、毎日習慣的に食べていたみそ汁に使うみそを造ってみたいと思ったことがきっかけだったという。

「最近ではみそにとどまらず、塩麹やしょうゆ麹、米ぬかも手作りし、ぬか床の手入れはすっかり習慣になっているとか。水川さんは普段から明るい性格のかたですが、発酵食の話には特に目がなく、話が盛り上がります(笑い)」(芸能関係者)

 発酵食への愛は止まらず、遠方での長期ロケの際には、あるグッズが必須だという。

「発酵玄米(※玄米と小豆、塩を一緒に炊いて、3日ほど発酵させた玄米のこと)を炊くために、『マイ炊飯器』を持ち込んでいるんです。重視しているのは発酵具合。保温機能を使うことで発酵して酵素が増えるそうで、場合によっては数日置きっぱなしにすることもあるそうですよ。撮影現場には、自分で握った発酵玄米のおにぎりを持ってきていることが多いです」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン