芸能

柴田理恵「裸足のまま放り出されたり、鳥小屋に閉じ込められたりしました(笑い)」それでも母親の介護を続ける理由

母親について語る柴田理恵(撮影/黒石あみ)

母親について語る柴田理恵さん(撮影/黒石あみ)

 6年前、富山県で一人暮らしをしていた母・須美子さん(94才)が突然の病に倒れて介護を要する状態になって以来、女優の柴田理恵さん(64才)は、離れた場所に暮らしたまま親の生活をサポートする介護、いわゆる「遠距離介護」を現在に至るまで続けている。

 自身の遠距離介護の体験談をまとめた『遠距離介護の幸せなカタチ─要介護の母を持つ私が専門家とたどり着いたみんなが笑顔になる方法』(祥伝社)を出版した柴田さんが語った、母との深い親子関係とは。

 * * *
 母は54才までの38年間、富山県で教員をやっていました。私の母世代にしては珍しく、仕事に生きる人でした。母が口酸っぱく言っていた「仕事には誠心誠意向き合いなさい。周りに迷惑をかけないように、人から可愛がられるように、慕われるようにしなさい」という姿勢は、私自身の仕事への向き合い方にもつながっています。

 教員という職業に就きながら、母は破天荒で、まるで台風のような人でした。苦手な食べ物は口を割って食べさせられたり、駄々をこねて泣いたら外に裸足のまま放り出されたり、鶏肉を食べなかったら鳥小屋に閉じ込められたり……この手の話はたくさんあります(笑い)。

 ただ、母のそういった厳しさの根底には愛情がありました。

 いまでも覚えている、忘れられないエピソードがあります。私、お世辞にも運動神経が良いとはいえないのですが、町内の運動会でリレーの選手に選ばれたことがあったんです。ただ、あとから、私より足の速い子に選手を譲ることになりまして。勝つためには、そのほうがいいと思ったから、自分から声をかけたんです。

 その日まで、母は、夕飯を食べた後にバトンの受け渡しの練習に毎日付き合ってくれていました。仕事で疲れていたと思うんですけれど、そんな素振りも一切見せず。リレーの選手を譲ることに迷いはなかったけれど、私のために頑張ってくれていた母に申し訳なくて、母の前で泣いてしまったんですね。

 母は「せっかく練習したのにね」と残念そうにつぶやくと、私をぎゅっと抱きしめて、こう言ったんです。「理恵がしたことは絶対に間違ってない。リレーの練習をしたのも、足の速い子に譲ったのも、全て間違ってない。理恵は良い子だ」って。

 すごく温かい母親だと思いませんか? 私はそのとき、「この人は私を絶対に守ってくれる、私の味方だ」と確信しました。その安心感があるから、どんなに母が破天荒でも、嫌いになることはなかったです。大人になってからは「面白い人だな」と思っています(笑い)。

娘の人生を犠牲にしたくない

 最近、親の子どもへの過干渉が社会問題にもなっていますが、私の家庭の場合はそんなことはなかったですね。母には、進路や就職に関して口を出されたことも、「勉強しろ」「良い大学に入れ」というようなことを言われたことも、一切ありません。

 そんな母でも、私が「役者になります」と打ち明けたときは、さすがに唖然としていました。「教師になるために大学に行きたい」と嘘をついて上京したもんだから、青天の霹靂だったのでしょう(笑い)。心配はされたものの、反対はされませんでした。私が「3年間は好きなことさせてください」と頼むと、「わかった」と。

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン