芸能

《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も

元内閣情報調査室トップが日テレに(時事通信フォト)

『24時間テレビ』募金着服問題が騒動に(時事通信フォト)

 日本テレビ系列のテレビ局「日本海テレビ」元幹部社員が、チャリティー番組『24時間テレビ』の売上金や寄付金を着服していた問題。騒動は収束せず、ネットを中心に怒りの声が大きく広がっている。これだけ怒りが広がる“問題の核心”について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 28日、日本テレビ系列の日本海テレビは、元経営戦略局長が売上金など計1118万2575円を着服し、懲戒解雇処分にしたことを発表しました。

 騒動を大きくしているのは、その中に『24時間テレビ』の寄付金264万6020円が含まれていたこと。しかも2014年から2020年の7年連続とコロナ禍の2年をはさんで今年の計8回にわたる着服でした。

 元局長は全額返還する意向のようですが、13年連続で同番組の総合司会を務める羽鳥慎一さんは『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で「ありえません」と断罪。さらに「何なんだこの人は」「単なる着服では済まされない」「怒りを感じております」などと、いつになく厳しい姿勢を見せました。

 羽鳥慎一さんら関係者も、世間の人々も、なぜこれほど怒っているのか。「鳥取のいちテレビ局員が着服しただけ」の話に見えますが、それ以上に怒りが募ってしまう5つの理由をあげていきます。

募金をめぐる甘さ、杜撰さ、闇深さ

 1つ目の理由は、“人のお金や善意を預かること”に対する認識の甘さ。多くの人々から預かった募金の着服は、自社のお金の以上に大切に扱い、着服は絶対に防がなければいけないものであり、それを許してしまった責任は重いものがあります。

 しかも罪深いのは着服されたのが、「愛は地球を救う」というコンセプトに対して寄せられた善意に基づくお金であること。「善意を踏みにじる」という行為は、単に『24時間テレビ』の問題だけでなく、募金や寄付そのものに対する疑いが出るなどの悪影響が不安視されます。

実際、ネット上には、「コンビニやスーパーの募金箱や街頭募金も本当に寄付されているのかなと思った」「現金持ち寄りによる募金活動はこの先成立しない」「クラウドファンディングの中にもあやしいものがある」などの声があがっていました。

 2つ目の理由は、募金管理の杜撰さ。元局長は募金終了後、本社内の金庫で保管していたお金の一部を自らの銀行口座に入れていました。しかも「金額の計算は保管する際ではなく、金融機関に預けるときに行う」「金庫の鍵は元局長が使える状態だった」という穴だらけの管理方法を長年続けていたことが人々の怒りを買っています。

 近年は企業活動の透明性や可視化が当然のように求められる時代になりました。「募金額もネット上で即時公表したほうがいい」という声もあがっているだけに、時代錯誤な管理方法が怒りにつながったのかもしれません。

 3つ目の理由は、発覚の経緯と闇の深さ。今年同局への税務調査があることを知った元局長が発覚を恐れて11月初めに自ら申告し、社内調査の過程で募金の着服も明らかになったそうです。

「元局長が自らの罪を反省したのではなく、保身から申告したこと」は言語道断ですが、注目すべきは「もし会社の売上金を着服せず、募金だけの着服だったら、今なお発覚しなかった可能性が高い」こと。前述した管理方法では正確な募金額を調べるのが難しいだけに、「発覚していない募金の着服があるかもしれない」という闇を感じさせられます。

1人の罪で終わらせることへの疑問

 4つ目の理由は、今回の問題を“ローカル局のいち局員の罪”だけで終わらせようとしていること。2014年以前は着服がなかったのか。認識が甘く管理が杜撰なのは日本海テレビだけなのか。

 前述したように、現金を持ち寄ることの多い『24時間テレビ』の募金は、局の売上金などよりも着服が発覚しづらいだけに、「日本海テレビはもっとさかのぼって調査すべき」「日本テレビ系列全体で調査したほうがいい」などの声があがっています。

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン