国際情報

習近平氏の家族の個人情報をネットに公開し、懲役14年判決の男性 刑務所で暴行を受け精神に変調、母親は早期仮釈放を要求

男性の母親は弁護士を通じて、一刻も早く仮釈放するよう当局に求めているが…

男性の母親は弁護士を通じて、一刻も早く仮釈放するよう当局に求めているが…

 中国の最高指導者、習近平国家主席の家族などの個人情報をハッキングによって入手し、ネット上で公開したなどとして、懲役14年の刑を言い渡されたハッカーの男性が、刑務所内で暴行され、精神に変調をきたした疑いがあることが分かった。男性の母親は弁護士を通じて、一刻も早く仮釈放するよう当局に求めている。中国では習氏ら中国共産党や政府、軍の最高幹部の個人情報は国家機密扱いとなっている。米政府系報道機関「ボイス・オフ・アメリカ(VOA)」が報じた。

 この男性、牛騰宇氏(24)は2019年5月、習氏の長女とされる習明沢さんと習氏の姉の夫であるトウ家貴氏の個人情報をネット上で公開したが、この件で、広東省茂明市の警察本部は牛氏を含むハッカー集団24人を逮捕した。

 ハッカー集団の手口はまず、習氏の18桁の身分証番号を割り出し、その登録された住所などの情報から、明沢さんやトウ氏の個人情報を探っていったという。

 犯行当時20歳だった牛氏は警察の取り調べで、明沢さんらの情報をネット上に公開したことについて「面白半分でやった」などと供述したという。牛氏は裁判で、14年の懲役刑を言い渡された。牛氏はこの判決を不服として控訴したが、2年前の2審で懲役14年の刑が確定した。

 牛氏は現在、広東省肇慶市の四会刑務所で服役中だが、牛氏の母親が11月24日、河南省の警察署からオンラインで牛氏と面会したところ、彼は「お前なんか知らない。出て行け」と言ったり、「誰だ、おまえは」などと叫んだりなど、もはや母親のことを認識できない状態になっていたという。

 牛氏は2019年に逮捕されたあとの警察の取り調べでも、取り調べ官によってライターで火傷を負わされたほか、拷問用の「虎の椅子」と呼ばれる鉄の椅子に手足を縛りつけられたまま長時間、座らされるなどのさまざまな拷問を受けていたことが分かっている。さらに刑務所内でも暴行などを受けていたという。

 母親は「できるだけ早く医療仮釈放を申請し、必要であれば海外に送って治療を受けさせたい」などと語っているという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン