国内

《4億円ロマンス詐欺》65人の男女を騙した“60歳主犯男”が告白した“極貧ガーナ生活”「所持金は25ドル。家賃を1年間滞納」

森川光被告は“報酬”を受け取っていたのか(イメージ)

森川光被告は“報酬”を受け取っていたのか(イメージ)

 ネット上で出会った相手に“愛の言葉”を囁き、大金を騙し取る「国際ロマンス詐欺」──。約3.9億円を騙し取った犯行グループの“主犯格”としてガーナの首都アクラで拘束され、昨年8月、日本へ強制送還されたのが、森川光被告(60)だ。詐欺罪などで起訴され、現在、大阪地裁で審理が続いている。現地にいるガーナ人も8人加担しており、ガーナ側の主犯格で“ブルー・コフィ”の異名を持つナナ・コフィ・ボアテイン(34)は米国へ逃亡中だ。森川被告が獄中で語った半生とは……。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏がレポートする。【前後編の後編。前編から読む

「ガーナで金融ビジネスをしないか」

 森川はかつて不動産業界で働き、東京都内の一等地に会社を構えていた。しかし、リーマンショックで会社を潰してしまう。路頭に迷っていた頃、知人に「ガーナで“金融ビジネス”をしないか」と持ち掛けられた。日本人の出資者を募り、2015年5月、ガーナの首都アクラへ飛んだ。51歳だった。森川が振り返る。

「最初は安ホテルに泊まりながら、出資者の支援金で暮らしていました。ビジネスは結局、詐欺みたいなもので、1700万円ぐらい注ぎ込み、すべて騙し取られました」

 何度聞いても胡散臭く感じられる“金融ビジネス”に飛びついた時点で、森川は詐欺師の世界に片足を突っ込んでいたのかもしれない。そんな時、もう一人の主犯格、コフィと出会う。

「泊まっていたホテルで受付をしていました。日本語で話しかけられ、仲良くなった。(26歳年下の)彼を息子のように可愛がっていましたね」

 そのコフィから、やがて「送金ビジネス」を持ちかけられる。日本からの送金を森川が用意した口座経由でコフィたちに流すと、10%の「手数料」が受け取れるのだという。

 これこそがロマンス詐欺との最初の接点だったのだろう。森川も最初こそ断わったが、ガーナの入国管理局とのトラブルをコフィに解決してもらった見返りとして引き受けることにした。森川は日本人の知人に声をかけ、コフィらに複数の銀行口座を提供した。

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン