大阪地裁

大阪地裁。森川被告には「懲役10年、罰金200万円」判決が下された

 量刑の理由については、次のように説明した。

「被害者らの恋愛感情につけこむ詐欺の犯行態様は卑劣というほかなく、被害者の中には2000万円を超える者もいて、数百万円から1000万円を超える者が複数いるなど、経済的被害が甚大であるのはもちろん、恋愛感情という心情を弄ばれた精神的被害も甚大で、詐欺被害の結果は相当に重大なものであると評価できる」

 一方で、森川が送金ビジネスに関与したことは「一連の詐欺事案の主犯とまでは言えない」と判断した。森川は当初から「主犯ではない」と主張していたが、それを裁判所が認めた形だ。

 判決文の朗読は事実認定の数が多く、裁判長が読み終わるまで約1時間半かかった。その間、森川はほとんど微動だにせず、椅子に座ってじっと聞いていた。

 公判の被告人質問で、ガーナでの在りし日を涙ながらに語った森川の姿が想起される。

「(ガーナで)やっぱり一番楽しかったっていうか、充実してたのは子供たちのことで、ストリートチルドレンに駄菓子を配ったりしてて、やっぱり、こっち(日本)に戻る時も子供たちに、必ず帰ってくるから元気でいろよと。自分は日本でこんだけ報道されて、生きていけないのは分かっているんですけど、やっぱガーナに帰って、最後は、年齢も年齢ですし、子供たちに囲まれて死ねればいいなと思っていますね。孤児院をやるか、その里親になるかって感じですかね」

 しかし、森川は昨年8月に逮捕されてから現在に至るまで、ガーナの友人や知人に手紙は送っていない。

 恵まれない子供たちに孤児院を設立──。詐欺師が描いた壮大な夢は、どこまでも虚しく聞こえた。判決文を聞いた今も、その思いは揺らいでいないのだろうか。静まり返った法廷で、手錠に腰縄を装着された森川は、弁護士と二言三言交わし、浮かない表情で退廷した。

(了)

◆水谷竹秀(みずたに・たけひで)/1975年、三重県生まれ。上智大学外国語学部卒。新聞記者、カメラマンを経てフリーに。2004~17年にフィリピンを中心に活動し、現在は拠点を日本に移す。2011年『日本を捨てた男たち』で開高健ノンフィクション賞を受賞。2022年3月下旬から5月上旬にはウクライナで戦地を取材した。近著に『ルポ 国際ロマンス詐欺』(小学館新書)がある。

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン