スポーツ

《10年総額1014億円でドジャース入り》大谷翔平、急激にぽっちゃり? これまでのオフでも太りがち、愛犬と帰国して恒例のジム通いか

印象が変化した大谷翔平(写真/AFLO)

ドジャースと10年総額1014億円の大型契約が決まった(写真/AFLO)

 2023年シーズン日本人初のホームラン王と2度目のMVPを獲得し、名実ともにメジャーの顔になった大谷翔平(29才)。シーズン終了後に全球団との移籍交渉が可能なFA権を取得したことで、複数の球団が争奪戦を繰り広げていたが、ドジャースと10年総額7億ドル(約1014億円)の超大型契約を結ぶことで合意したことが明らかになった。

「一時は12月上旬にも交渉がまとまるとの報道もありましたが、大谷選手は候補チームのすべての本拠地に足を運び、施設見学や球団関係者らとの面談を経て決めたようです」(在米スポーツジャーナリスト)

 来季の活躍が期待されるが、ちょっとした心配事もある。MVP受賞が決まった11月16日(日本時間17日)、大谷はアメリカのテレビ番組にリモート出演。ソファの上で彼の横に座る愛くるしい愛犬の存在に注目が集まる一方で、大谷自身の変貌ぶりも話題となった。

「爽やかな笑顔で喜びの言葉を口にしていましたが、全体的に丸くなっているようでした。あご回りには肉がつき、顔はパンパン。シーズン中に比べて太っているのが明らかで、急激にぽっちゃりした印象でした。

 オフシーズンの大谷選手は、カロリーを気にせず、バランスだけを考えて好きなものを口にします。そのため、オフシーズンはどうしても太ってしまうのですが、いまは9月に受けた右肘手術のリハビリ中でもあります。まだハードなトレーニングができないことも影響して、例年より大きくなってしまったようです」(前出・在米スポーツジャーナリスト)

 大谷はシーズンが終了した11月には日本に戻り、都内で自主トレを重ねるのが慣例になっている。2023年は契約交渉で帰国が先延ばしになっているが、オフシーズンのルーティンを取り戻すべく、今後、緊急帰国するとみられている。その傍らには、相棒の姿もあるはずだ。

「愛犬も一緒に帰国するのではないでしょうか。アメリカから犬を連れて帰国するには、愛犬へのマイクロチップの埋め込みや狂犬病の予防接種、到着予定空港の動物検疫所に40日前までに事前届出を提出するなど、さまざまな手順が必要です。帰国に煩雑な手続きがあったとしても、愛犬をアメリカで留守番させることは考えにくい。いまの大谷選手にとって、それだけ大きな存在に見えます」(前出・在米スポーツジャーナリスト)

 大谷の愛犬はコーイケルホンディエという中型犬で、日本では年間150頭前後しか登録されない珍しい犬種。性格は大谷選手が小学1年生の頃から飼っていた、ゴールデンレトリバーに似ているという。

「大谷選手が現在の犬を飼い始めたのは、手術直後の10月頃といわれています。術後のリハビリに激痛が伴い、その痛みが2024年シーズンへの不安を増幅させていた時期でした。そんな大谷選手を癒して勇気づけたのが愛犬だったんです」(スポーツ紙記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン