国内

創価学会・池田大作氏の遺産はどうなるのか “時価4.6億円”の「小さな狭い家」とは別の“本当の家”問題も

池田大作氏の遺産に注目が集まる(時事通信フォト)

池田大作氏の遺産に注目が集まる(時事通信フォト)

 創価学会名誉会長だった池田大作氏(享年95)が遺したもの──。公称827万世帯組織を作り上げ、絶大なインパクトを残したことは間違いないが、残されたのは池田氏の「遺産」の行方と空席になった「ポジション」がどうなるのか、という難題だ。ノンフィクション作家・広野真嗣氏がレポートする。【前後編の前編】

 * * *

 写真には、創価学会名誉会長の池田大作氏とエプロン姿の妻・香峯子(かねこ)氏(91)の姿がある。元学会本部職員から提供された数葉の写真群に含まれていた。昭和のお茶の間の一枚だが、違和感を拭えないのは池田氏の背後にある3台もの壁掛け電話である。

 コードの弛緩具合からして、右側の1台が普段使いの機材だろうか。本部の隅々まで指示を飛ばすには1台では足りないということか? そんな疑問が次々と湧いた。香峯子氏が2005年に著した『香峯子抄』にこう記されている。

〈わが家のいちばん大事なことは朝夕の勤行です。主人がいるときは全員で(略)朝の七時には必ず集まってやりました。(3人の息子のうち)一人来なければ、ピッとベルを鳴らして「勤行ですよ」と声をかけました〉

〈小さな狭い家ですが、各部屋につけてあるインターホンで、「パパがお帰りよ」と声をかけます〉

 写真左の機材がその〈インターホン〉かもしれないが、ダイヤル付き電話がもう1台ある。写真提供者の元職員が語る。

「20年ほど前に組織活動を手伝うなかで手にした写真ですが、改めて見ると異様です。最高幹部の部屋や身の回りの世話をする第一庶務室への連絡用だったのでしょうか」

 昭和の団欒と巨大組織の頂点とが共存するこの自宅は学会タウン・信濃町(東京・新宿区)の一角に今も建つ。所有者の死で注目されるのは、残ったこうした遺産の行方だ。巨大教団の指導者として築き上げてきた財産は一体、どうなるのか。

 香峯子氏は〈小さな狭い家〉と書いたが、JR信濃町駅から徒歩5分、延べ床面積344平方メートルの一軒家をそう表現されると、ツッコミを入れたくなる。

 この土地建物を池田氏が教団から買ったのは1974年。古い木造家屋の資産価値を棚に上げても、463平方メートルの土地は、路線価を8割で割り戻して計算すると、その価値(時価の目安)は約4億6000万円にもなる。

 池田氏は宗教家であると同時に、学会を公称827万世帯の組織にまで育てた“起業家”の一面も併せ持つ。学会員という市場に向けて全150巻の『池田大作全集』や全30巻の『新・人間革命』といった著書を次々出版。印税収入を確保してきたとされる。そんな起業家の財産としてはどうか。

 2004年度分まで公表されていた高額納税者番付で見ると、池田氏の納税額は毎年1億円から2億円程度。所得税率を50%と仮定すれば毎年2億~5億円近い所得を得ていた計算になる。その所得水準からすれば、築50年以上の池田邸は〈小さな狭い家〉ということなのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン