芸能

女性アナ「朝の顔」No.1は日本テレビ・水卜麻美アナかTBS・田村真子アナか フジ、テレ朝にも逸材多数で戦線激化

2024年、朝の顔として君臨するのは水卜麻美アナ(左)か田村真子アナか(写真/ロケットパンチ)

2024年、朝の顔として君臨するのは水卜麻美アナ(左)か田村真子アナか(写真/ロケットパンチ)

 各局がエースアナを投入する朝の情報番組。この激戦区を制した者が局の顔、ひいてはテレビ界の顔になってきた。2024年に朝の顔として君臨するのは誰か。アナウンサーに詳しい放送作家の山田美保子氏とエッセイストの青木るえか氏が候補を挙げた。

山田:なんといっても『ZIP!』(日本テレビ系)の水卜麻美アナ(36)。もはやつけ入る隙がないですね。等身大で飾らず、アナウンス力も高い。安定感が抜群です。

青木:“ああ見えて、実は……”みたいなツッコミどころがまったくありません。人気があるのに調子に乗らないし、食リポの時はガーッと食べて、自分を綺麗に見せたいという気持ちもあまりないみたい(笑)。

山田:露出が増えると勘違いしてタレント化しちゃう女性アナも多いけど、水卜アナは地に足がついている。愛社精神に満ちているので、後輩たちを育てようという気持ちも強いんです。『ZIP!』で俳優の中村倫也との結婚を発表した時も、控えめにノロける姿が実に水卜アナらしかった。

青木:その水卜アナのライバル候補を挙げるなら、オリコンの「好きな女性アナランキング」(2023年12月発表)で4位に上昇した『ラヴィット!』(TBS系)の田村真子アナ(27)でしょうか(2022年は8位)。猛獣のような男性芸人たちと毎日一緒にやるのはキツイはずですが、接し方がすごく上手。

山田:たしかに! あんなに“濃い人”たちと絡んで、しっかり場を回すのは大変です。当初は報道志望だったけど、お父様(田村憲久・元厚労大臣)が政治家だから起用できなかったといわれていた。でも結果的に情報バラエティで花開きましたね。お嬢様ならではの育ちの良さが嫌味なく出ている。『ラヴィット!』ってファミリー層に人気で、それは田村アナのキャラも大きいと思う。

青木:田村アナも水卜アナ同様、隙がない印象です。「朝の顔」に必要なのは、声と喋り方とアナウンス技術、そしていい意味で“圧が強すぎない”ことだと思います。

山田:原稿読みはもちろん、朝の番組では機転をきかせたり、空気を読んでスタッフみたいな裏回しができることも大切。その点でいえば、水卜アナと田村アナが抜けています。でも、やっぱり格的には水卜アナが上かな。

青木:たしかに水卜アナは盤石。田村アナも『ラヴィット!』で修業を積んで、いずれ局を背負う看板アナになるでしょう。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン