スポーツ

巨人・秋広優人の「遅刻癖」で開幕レギュラーに黄信号 阿部慎之助監督が叱る“本当の狙い”

昨年11月のNPBアワードなど、オフ期間に二度の“遅刻”をしていた巨人・秋広優人(時事通信フォト)

昨年11月のNPBアワードなど、オフ期間に二度の“遅刻”をしていた巨人・秋広優人(時事通信フォト)

「誰か特大の目覚まし時計でも買ってあげて!」──巨人の阿部慎之助・監督(44)にそう言わしめたのは、初のレギュラー定着に意気込む秋広優人(21)である。2月1日からの春季キャンプには1軍帯同が決まったものの、昨年11月のNPBアワードなど、オフ期間に二度の“遅刻”をしていたことが発覚し、阿部監督は「3軍にしようかと思った」「人としての成長を監視しときます」と言い放った。巨人の元コーチが語る。

「これはマズいですねぇ。紳士球団の巨人は、集合時間の30分前には集まる“ジャイアンツタイム”が慣例となっている。秋広のような若手は30分前にスタンバイし、監督やコーチも10分前には集まるのが普通ですよ」

 高卒3年目の昨季は自身最多の121試合に出場したが、打率.273、10本塁打、41打点と確固たるレギュラーには至らず。さらに今季は、メジャー通算178本塁打の大物新外国人、ルーグネッド・オドーア(29)が加入するため、秋広のレギュラーも当確ではないとみられている。巨人番記者は以下のように語る。

「オドーアは一塁、二塁、三塁も守れるという触れ込みですが、一塁は岡本和真(27)、三塁は坂本勇人(35)と固まっており、二塁も吉川尚輝(28)が有力なので、基本的にはライトで起用されそうです。

 オドーアの加入で残る外野2枠が大変なことになっている。阿部監督は秋広にはレフトを守らせるつもりだが、センターからコンバートの丸佳浩(34)や梶谷隆幸(35)との競争になる。センターはさらに熾烈で、2022年ドラ1の浅野翔吾(19)やドラ2の萩尾匡也(23)、そして昨年のドラ3・佐々木俊輔(24)に、楽天から現役ドラフトで加入して2年目のオコエ瑠偉(26)らが争うことになる」

 今季の秋広は自身初の開幕スタメンに向け、オフに中日に移籍した中田翔(34)と大分で合同練習を敢行。2人とも頭を坊主に刈り上げ、決意を見せていた。さらに秋広は1日10合の白米を食べる“食トレ”で、現在100kgある体重を110kgまで増量してパワーアップした。そうしたなかで飛び出したのが“遅刻報道”で、キャンプには目覚まし時計を3つ持参するという。

 前出の番記者は「阿部監督は早朝ランニングを日課にし、早起きはお手のもの。現役時代から遅刻と無縁の人だったので、秋広の“遅刻癖”がマイナス評価にならなければよいのですが……」と続ける。その懸念は現実のものとなってしまうのか──。スポーツ紙デスクはこんな見方をする。

「阿部監督には、遅刻の常習犯として知られた松井秀喜さん(49)を念頭に、メディアを通して秋広の“大物ぶり”をアピールする意図もあるのではないか。松井さんはプロ3年目、1995年のオールスターで飛行機に乗り遅れ、試合前の練習に間に合わなかったが、それでも試合でMVPをとる活躍を見せた。

 もっと言えば、王貞治さん(83)もよく寝坊したそうで、入団3年目のベロビーチキャンプで飛行機の時間に寝坊して長嶋茂雄(87)さんに起こされたとか、広島遠征の夜行列車で寝過ごしそうになったのを長嶋さんに助けられたといったエピソードが伝説になっている。豪快なエピソードは、いわば大物の証です。阿部監督の叱咤激励は、松井さんと同じ背番号『55』を背負う秋広への期待の裏返しだと思いますね」

 新監督流の“愛のムチ”なのか。秋広は姿勢と結果で示すしかない。

※週刊ポスト2024年2月9・16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン