スポーツ

【マスコミ嫌いのスターを振り向かせた】大谷翔平の“女性番記者”がロス有力紙から突然解雇、何があったのか

晩さん会でスピーチする大谷翔平(時事通信フォト)

晩さん会でスピーチする大谷翔平(時事通信フォト)

「日本の皆さんが、毎日限りない情熱的な応援をしてくださることが、プレーの原動力になっています」──全米野球記者協会主催の晩さん会に出席した大谷翔平(29才)が、流暢な英語でそうスピーチすると、会場は大きな拍手に包まれた。昨シーズン、アジア人初のホームラン王に輝き、投手としても10勝を挙げ、自身2度目のMVPを獲得した大谷は、光沢ある黒のタキシードに蝶ネクタイというフォーマルな装いで登場。その佇まいはユニホーム姿と同じくらいキマッていた。

 昨年12月、6年間在籍したエンゼルスから、同じロサンゼルスを本拠地とするドジャースへと大谷は移籍した。

「現在、大谷選手はドジャースタジアムでトレーニングに励みながら、合間にCM撮影などをこなす忙しい日々を送っているそうです。昨年11月にMVPの受賞が決定して米国のテレビ番組にリモート出演した際は、顔まわりがだいぶふっくらした印象でしたが、先日の晩さん会のときは顔の肉が落ちて引き締まっていました」(在米ライター)

 ドジャースの開幕カードは、韓国・ソウルで3月20?21日に2試合が予定されている。

「対戦チームのサンディエゴ・パドレスに2人の韓国人選手が在籍しており、凱旋試合の意味合いが強かった。それが、ドジャースに大谷選手が加入したことでチケットは一気にプラチナ化。韓国で大争奪戦となり、1月26日の夜にネット上で発売されると、たったの8分で完売しました」(スポーツ紙記者)

 昨年9月に右肘を手術した大谷は今季、二刀流を封印して打者に専念する。そんな中、気になるニュースが報じられた。

 1月23日(日本時間24日)、カルフォルニア州で発行されている日刊紙「ロサンゼルス・タイムズ(LAタイムズ)」が、報道部門の115人を大量解雇したことを発表したのだ。同紙は142年の歴史を持つ全米屈指の有力紙で、メジャーリーグについては、地元・ロサンゼルスを本拠地とするドジャースとエンゼルスを中心に報道している。解雇されたうちの1人が、サラ・バレンズエラさんという女性記者だった。

 日本のような終身雇用の文化がないアメリカでは、企業側からの解雇や、従業員による自主退社が頻繁に行われる。サラさんの突然の解雇も“よくあること”なのだが、エンゼルスファンやメディア関係者の間では、衝撃をもって受け止められたようだ。

「彼女がLAタイムズで働き始めたのは2022年6月から。彼女の名前が野球ファンに広まったのは、エンゼルス担当となり、大谷選手にハマったからです。サラさんは着任当初から大谷選手に食い込もうと必死で、日本語も熱心に勉強していました。明るく前向きな性格と粘り強い取材姿勢によって大谷選手にも認知された異性記者として、同業者からの評価も高かった」(米メディア事情に詳しいジャーナリスト)

 サラさんは、退職後の1月26日(同27日)に米国の野球専門番組にゲスト出演し、次のように語っている。

「エンゼルス番になって最初に聞かされたルールは、“大谷選手は1対1のインタビューは受けないから、(単独で)彼に話しかけに行かないように”というものでした」

 記者泣かせでもあった大谷のニュースをファンに届けようと、サラさんは奮闘した。

「“話しかけるのは禁止”なのに、お構いなしに“ハーイ”とあいさつしに行く姿勢と、男性ばかりの記者の中で、彼女ならではの目線で物おじせずに質問するので、大谷選手の印象に残っていたと思います。

 サラさんは大谷選手の一挙手一投足に目を光らせ、彼に関する情報をSNSで頻繁に発信していました。たとえば、昨年2月に大谷選手が自身のインスタグラムで自主トレの映像を公開したときには、すぐにサラさんも反応してSNSでそのことを広め、大きな反響がありました。

 昨年9月には、チームの集合写真の撮影時、大谷選手のユニホームを着たチーム関係者が紛れ込むという“影武者”騒動をいち早く見抜きました。常に大谷選手の存在に気を配っていた証拠なんでしょう」(前出・ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
藤井聡太八冠の今後は
【八冠制覇から8か月】絶対王者・藤井聡太を倒すのは誰か 現在の将棋界は史上空前の層の厚さ“ライバルの本命”は伊藤匠七段
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン