芸能

《独自》『ニュースウオッチ9』の次期メインキャスターは「三雲孝江の美人娘」星麻琴アナに内定 “ポスト和久田”の本命へ

『ニュースウオッチ9』新年度キャスターに内定した星アナ(NHK公式HPより)

『ニュースウオッチ9』新年度キャスターに内定した星アナ(NHK日曜討論公式Xより)

 第2子妊娠中であることが明らかになったNHKのエース、和久田麻由子アナ(35)。これまで多くの“ポスト和久田”候補が取りざたされてきたが、ダークホースが躍り出た。星麻琴アナが新年度より『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに内定したことが、『NEWSポストセブン』の取材でわかった。

 月~金曜日の21時台に生放送しているNHKの看板ニュース番組『ニュースウオッチ9』では、今年度中に退職する見込みの青井実アナ(43)が1月に降板して以降、田中正良キャスター(56)と林田理沙アナ(34)の2人でメインを担当してきた。新年度となる4月より、その体制がリニューアルされるという。NHK関係者が明かす。

「林田アナは土曜日の『サタデーウオッチ9』に移り、星麻琴アナが『ニュースウオッチ9』を担当することが内定しました。星アナは同番組で現場リポーターを約3年間務めた経験があるほか、当時メインキャスターだった和久田アナの代役を担当したこともあり、視聴者にとっても馴染み深い存在と言えるでしょう」

 星アナは慶應義塾大学を卒業後、2014年4月にNHKに入局。岡山放送局、札幌放送局を経て、2019年3月から東京アナウンス室へ。ニュース番組に加えて、『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』や『神田伯山の これがわが社の黒歴史』のナレーションなど多彩な仕事をこなし、2022年4月から『日曜討論』の司会も担当している。

 また、現在は『ひるおび』と『情報7daysニュースキャスター』(どちらもTBS系)のコメンテーターを務めるフリーアナウンサー・三雲孝江(69)の娘としても有名だ。 

「安定感のあるアナウンスは局内でも高く評価されており、母親を笠に着るようなところのない気さくな人柄もウケがいい。さらにタレント活動の経験があってルックスも申し分なしと、三拍子そろった存在です。

 三雲アナの古巣であるTBSの採用試験も受けたものの、“親子での入社はなし”という会社の考え方で不採用になったそうです」(前出・NHK関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン