芸能

沢田研二、ツアー千秋楽前日の動揺 ザ・タイガース瞳みのるが緊急入院、メンバーと交わした約束は「ドクターストップ」

瞳みのるの入院にも沈痛していた沢田研二

『ザ・タイガース』のメンバー・瞳みのるが入院、沢田研二はライブの千秋楽に招待していたという

 いつの時代もファンを魅了し続けてきた沢田研二(75才)。1月12日から31日にかけては、沢田にとって恒例の正月ライブ「沢田研二 正月LIVE 2024『甲辰 静かなる岩』」が開催されたが、ファンにとってはショックなシーンがあった。

「歌詞や歌い出しの間違いが多かったように思います。自分も含め、観客の多くは往年のファンですから、ちょっとした間違いでもすぐに気づいてしまう。正直、これまでもミスはゼロではなかったけどね……。今回は多かったから、見ているこちらがハラハラしちゃったよ」(70代男性のファン)

 かねてより「80までライブをやる」と言ってきた沢田だが、MCでは視力や聴力が低下していることも告白。音程が外れて「ボロボロやったね」とつぶやく場面もあったが、沢田が弱気になったのは年齢のせいだけではなさそうだ。千秋楽の前日、彼の動揺を誘う大きな“事件”が起きていたのだ。

「『ザ・タイガース』のメンバーである瞳みのるさん(77才)が緊急入院していたのです。最近、瞳さんは食欲がなく、咳が止まらず歩くのもやっとという状態が続いていたそうです。そこで、近所の病院を受診したところ、大きな病院を紹介され、即入院。肺炎との診断を受け、しばらく療養に専念することになったのです。瞳さんは、2月3日に行われた自身がボーカルを務めるバンドのライブにも参加することができなくなってしまいました」(音楽関係者)

 盟友の緊急入院が沢田の心に影を落としたことは想像に難くない。1966年に沢田をボーカルとしてスカウトしたその人こそ、瞳だったのだ。

「ザ・タイガースの原型は、瞳さん、森本太郎さん(77才)、岸部一徳さん(77才)、加橋かつみさん(76才)の4人で結成していた『サリーとプレイボーイズ』でした。瞳さんは沢田さんに『日本一になれる』と声をかけたのだそうです。沢田さんが加わり、翌67年にザ・タイガースとしてデビューすると、ヒット曲を連発。瞳さんの“予言”どおり、日本中を熱狂させるスターバンドとして歌謡界に名をはせたのです」(レコード会社関係者)

 1971年にザ・タイガースが解散すると、瞳は芸能界を引退。大学に入学し勉学の道へ進む。以来、37年間、メンバーとは絶縁状態にあった。

「瞳さんを除くメンバーで再結成したことはありましたが、教師として高校の教壇に立っていた瞳さんが芸能界に戻ってくることはありませんでした。流れが変わったのは、2008年。当時のマネジャーの尽力によって瞳さんとメンバーとの再会が実現したんです。そこに至るまでには、沢田さんと岸部さんが作詞し、森本さんが作曲した『Long Good-By』の存在もあったそうです。

 これは、瞳さんに呼びかける曲です。そして2013年、ついにオリジナルメンバーでザ・タイガースが復活してからは、瞳さんも舞台に上がるようになりました」(前出・レコード会社関係者)

 沢田は昨年6月のバースデーライブにもスペシャルゲストとして瞳と森本、岸部を招き、これは「タイガースの“再結成”」と大きな話題を呼んだ。今回の正月ライブの後には、メンバーたちとある約束もしていたという。

「沢田さんは千秋楽に岸部さんと森本さん、そして瞳さんをライブに招待しており、終了後、皆で食事をする約束をしていたそうです。瞳さんはとても楽しみにしていたそうですが、入院中とあって、もちろんドクターストップ。残念ながら参加は叶いませんでした」(別の音楽関係者)

※女性セブン2024年2月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン