国際情報

経由地の台湾で中国人家族が亡命申請、台湾当局は却下 台湾総統選直後のタイミングでの中台関係緊張を懸念したか

中国籍市民3人が台湾で亡命を求めたが…

中国籍市民3人が台湾で亡命を求めたが…

 マレーシアのクアラルンプール国際空港から台湾の桃園国際空港経由で中国・北京に向かうマレーシア航空機に搭乗していた中国籍市民3人が1月30日、桃園空港でトランジットの際、空港係員に「台湾に亡命したい」と求めたが、台湾当局は拒否し、出発地のマレーシアに送り返していたことが明らかになった。

 今回の3人への対応は台湾総統選直後ということもあり、台湾当局が中国とのトラブルを起こしたくないとの思惑が働いたとみられる。台湾各紙が報じた。

 台湾亡命を申し出たのは夫婦と息子の3人で、旅客機が桃園空港に到着すると、すぐ空港事務所で「われわれは中国政府から迫害を受けている。台湾に亡命したい」と申し出た。

 空港職員はすぐに出入国管理官に連絡。管理官は3人と面談し事情を聞いた後、携帯電話やパスポートなどを押収し、空港内の一室に隔離したという。

 その後、管理官は台湾で中国問題を担当する機関である大陸委員会と連絡したところ、3人から事前に「亡命したい」との連絡を受けていないことや、合法的な台湾での滞在ビザなどももっていないことから、航空機の出発地であるクアラルンプールに送り返すことを決めた。

 大陸委側は「こうした場合の対応は、世界のすべての国の空港で同じであり、合法的な入国許可がなければ、各国はこれらの乗客を入国させない。これは国際的な慣行だ」としている。

 しかし昨年9月に中国人の民主化指導者である陳思明氏が桃園空港にトランジットのため到着した際、空港係員に「第三国への亡命」を求めたケースでは、大陸委は陳氏を空港で2週間滞在させ、カナダへの政治亡命の手続きをとっており、今回の対応とは明らかに違っている。この違いについて、大陸委は「彼は政治的な迫害を受けており、すでに中国大陸を離れることを表明していた」と説明している。

 今回の場合、独立志向の強い民主進歩党の頼清徳氏が台湾総統選で勝利した直後のタイミングということも影響した可能性が高い。3人の亡命を受け入れれば、中国政府からの激しい反発が予想され、中台関係が一層悪化することは必至であり、中国とのトラブル回避で、中国に送り返すとの選択肢を選んだといえそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン