ライフ

「とじないカツ丼」なぜ急増したのか SNSでの“バズり飯”に賛否「分厚いだけ」「サラリーマンの小遣いでは行けない」

卵でとじないタイプのカツ丼が流行(とんかつ丸七提供)

卵でとじないタイプのカツ丼が流行(とんかつ丸七提供)

 定食屋から家庭の食卓まで、国民から広く愛されているカツ丼。カツ丼と言えば、トンカツをダシの利いた卵で包み込み、お米が盛られた丼にのせる料理をイメージするだろうが、近年、SNSを中心に「とじないカツ丼」というグルメが流行っている。

とじないカツ丼は、とろとろの卵の上に揚げたてのトンカツを乗せ、ソースなどで調味するという、一風変わったスタイルのカツ丼。トンカツがブロック肉ほど分厚いのも特徴であり、従来のカツ丼とは味もイメージも異なる。

 門前仲町に店舗を構える「とんかつ丸七」、渋谷神泉にある老舗「瑞兆」が、パイオニアとされ、2022年2月日本橋にオープンした「#カツ丼は人を幸せにする」をきっかけにSNSでバズり、人気に火が付いた。都内を中心に大阪、名古屋などの都市でも出店が続出し、“バズり飯”を求めて多くの消費者が店舗まで足を運んでいるそうだ。

 ブームの最中にあるとじないカツ丼店だが、なぜここまで店舗数を増やしているのだろうか。また厚切りのブロック肉を使用するうえで、食中毒の危険性はないのか、という疑問の声も少なくない。ブームの背景について、フードアナリスト・重盛高雄氏が解説した。

SNS映えで集客力はバッチリ

 とじないカツ丼は、外食気運が高まった近年の潮流に乗って、話題を集めることに成功したと重盛氏は考察する。

「アフターコロナで飲食業界は客足の回復が喫緊の課題となりました。そこで店舗に客を呼び込むべく、SNS映えを意識した派手なビジュアルの料理を提供する飲食店が増えてきたんです。とじないカツ丼は、分厚いトンカツの見た目のインパクトが抜群で、カツ丼なのに“とじない”という話題性もばっちり。X(旧Twitter)、InstagramなどSNSを経由して知った人が多く、一度食べようと多くの客が足を運んでいる印象です」(重盛氏、以下同)

 SNSを意識した名物グルメを打ち出すことにより、客の来店動機を作る、という戦略だ。SNSを眺めていると、「ネタを山盛りにした海鮮丼」「サシの入った和牛を炙った肉寿司」などなど、グッと印象に残りやすいグルメがほかにも散見される。

「シンプルな戦略ですが、SNS映えするグルメの集客力はピカイチ。とじないカツ丼店では若者から50代ぐらいまでと客層は幅広く、男女問わず多くの客が訪れています。既存のカツ丼でもない、ましてやソースカツ丼のようなものとも違う、『ちょうどよい塩梅』を模索し実現したグルメと言えるでしょう」

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン