芸能

《哀悼秘話》小澤征爾さん「30億円相続」の行方 病床で長男・征悦と長女の怒号が飛び交ったことも

小澤征爾

小澤征爾さんの30億円の行方は(左から長女・征良さん、征爾さん、妻・ベラさん、長男・征悦)

 世界的指揮者・小澤征爾さん(享年88)が2月6日に心不全で亡くなった。世界中に悲しみが広がる中、30億円をくだらないともいわれる征爾さんの遺産をめぐる家族の“不協和音”について『女性セブン』が報じている。

 征爾さんにとってこの十数年は病との壮絶な闘いの日々だった。

「2005年に白内障の手術を受け、2010年には食道がんが見つかり、治療に専念するために1年近く活動を休止しました。その後も2015年に腰の骨を折る大けがを負い、2018年には大動脈弁狭窄症の手術を受けるなど満身創痍。指揮台に立つことが困難な状態が続き、楽団員やファンも征爾さんの体調を心配していたのです」(音楽関係者)

 晩年、病院で過ごすことを嫌がり、自宅療養を続けていた征爾さんの身の回りをケアし、常に寄り添っていたのは同じ敷地内に住む長女・征良さんだった。

「2021年に征爾さんの恩師の名を冠した財団が設立されると評議員に名を連ね、音楽イベントの開催を目的とする財団の理事にも就任しています。

 オペラの演出を手伝っていた頃は“パパの面倒を見る優しい娘さん”という印象でしたが、いつしか征爾さんの代弁者として振る舞い、旧来のスタッフなしで自ら現場を仕切るようになりました」(小澤家の知人)

 生前の征爾さんは気さくな人柄で知られ、かつては誰でも楽屋に招き入れて雑談に応じることもあった。だが、征良さんが現場を仕切るようになってからは状況が一変。征爾さんの周りを取り巻きがガードし、評論家やファンが気軽に近づけるような雰囲気はなくなったという。

 さらに関係者を驚かせたのが、2021年に征良さが、エッセイストの内田也哉子さん(48才)との対談で語った家族との結びつきに関する“告白”だ。征良さんは財団の評議員になった年に発売された雑誌『クロワッサン』(2021年8月10日号)で《父が病気をしてから私の生活は激変し、父を守ることを人生のプライオリティの一番にすることにした》と表明。京都の霊媒師に聞いたという「魂のファミリーツリー」にまつわる話を披露した。

「2012年に結婚し、その後離婚した征良さんには、息子さんがいます。征良さんが対談で語ったところによれば、彼女と息子さんは征爾さんと同じ“魂の系列”でつながっていて、長男の征悦さんは征爾さんより母・ベラさんとのつながりの方が深いのだとか。息子さんと合わせて《3人で魂のチームメイト》と断言する口ぶりは、征爾さんの後継者は“自分しかいない”という強い意思表明と受け止められました」(前出・小澤家の知人)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン